「フェロトーシス」が脂肪肝からNASHへの引き金に 阻害すると肝炎をほぼ完全に抑制

 国立国際医療研究センター研究所はマウスを用いた研究から、「フェロトーシス」と呼ばれる特殊な細胞死が、脂肪肝からNASH発症への引き金を引いていることを明らかにした。
NASH発症の直接の引き金となる細胞死を解明
 国立国際医療研究センター研究所は、これまで鉄依存的、過酸化脂質依存的な細胞死として報告されていた「フェロトーシス」が、脂肪肝内でもっとも早く起きる細胞死であることを突き止めた。また、「フェロトーシス」を阻害することで肝炎の発症をほぼ完全に抑制できることも確認した。

 非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)は、メタボリックシンドロームの肝臓の表現型のひとつと考えられており、日本では約200万人が罹患していると推定されている。脂肪肝の中でどのような細胞死が起こり、NASH発症への引き金を引いているのかについては不明の点が多い。

 炎症の原因となりうる細胞死の研究分野では、近年、細胞が自ら死のプログラムを実行することで死に至る「計画的細胞死」と呼ばれる現象が明らかにされており、さまざまな疾患の発症や病態形成における計画的細胞死の役割や意義が注目されている。

 脂肪肝からのNASH発症では、脂肪の異常蓄積による肝細胞死の関与が指摘されているが、どのような細胞死が原因となっているのかについては不明だった。そこで研究グループは、脂肪肝からNASHが発症する過程で、どのような細胞死が起きているのかを詳細に調べた。
脂肪肝からNASHを発症する起点に「フェロトーシス」が関与
 まず、細胞死の様式はアポトーシスとネクローシス(壊死)に大別されるため、肝臓内でどちらの細胞死が起きているのかを簡便に調べる方法を確立した。

 この方法を用いて、コリン欠乏エチオニン添加食餌によるNASHモデルマウスの肝臓を調べたところ、NASH発症後にはアポトーシスとネクローシスの両方の細胞死が混在した状態にあることが分かった。

 そこで、どちらの細胞死が先に起きているのかを食餌投与後から時間を追って調べたところ、ネクローシスが先行して起きることで肝炎を発症していることが明らかになった。
 さらに詳細に、どのような様式のネクローシスがNASH発症の引き金となっているのかを調べるため、特定の細胞死のみを阻害するような遺伝子改変マウスや阻害剤を用いて検討した。

 その結果、ネクロプトーシスと呼ばれる計画的細胞死を阻害しても、肝細胞死は抑制できずに肝炎を発症したが、「フェロトーシス」と呼ばれる計画的細胞死を阻害した場合、肝細胞死は抑制されるとともに、その後の炎症もほぼ完全に抑制された。

 これまでに線維化や発癌といったNASH発症後の病態の進展には、ネクロプトーシスやアポトーシスといった計画的細胞死が関与するという報告はあったが、NASH発症の直接の引き金となる細胞死については不明だった。
「フェロトーシス」を標的としたNASHの予防法や治療法を開発
 今回の研究は、脂肪肝からNASHを発症する起点に「フェロトーシス」という細胞死が関与することを、モデルマウスを用いた実験系で初めて明示し、「フェロトーシス」の実行分子がNASHの予防や治療のための標的となりうることを示すものだ。

 今回の結果から、NASH発症における「フェロトーシス」の関与およびその阻害による予防効果が明らかになった。研究グループは今後、他のモデルマウスでの検証や、病態進展における「フェロトーシス」の役割や阻害効果についても検討していくとしている。

 「フェロトーシス」の実行に関わる細胞内のプログラムを解読し、その関連分子が明らかになれば、それらを標的としたこれまでにないNASHの予防法や治療法の開発につながることが期待される。

 研究は、国立国際医療研究センター研究所・細胞組織再生医学研究部の鶴崎慎也研究員、田中稔室長らを中心とする研究グループによるもの。研究成果は「Cell Death & Disease」オンライン版に掲載された。

国立国際医療研究センター研究所 細胞組織再生医学研究部
Hepatic ferroptosis plays a potential role as the trigger for initiating inflammation in nonalcoholic steatohepatitis(Cell Death & Disease 2019年6月18日)
[Terahata]

関連ニュース

2019年08月08日
DPP-4阻害薬「スイニー」にLDLコレステロール低下作用 スタチン服用中のハイリスク2型糖尿病患者で
2019年08月08日
FDAが初の経鼻グルカゴン製剤を承認 重症低血糖治療の新たな選択肢
2019年08月02日
糖尿病合併症の検査の実施率に全国で格差 糖尿病腎症の検査の実施率は最高31.6%、最低10.8% 国立国際医療研究センター
2019年08月02日
糖尿病性腎症の予後因子としてタンパク尿の重要性を解明 腎生検にもとづく長期・大規模コホート研究「糖尿病性腎症レジストリー」
2019年08月01日
「SGLT2阻害薬」はケトアシドーシスに注意 「患者への説明も含めた十分な対策が必要」と呼びかけ 日本糖尿病学会
2019年08月01日
血糖自己測定(SMBG)の再評価が始まっている SMBGは糖尿病の管理を向上させる有用なツール
2019年08月01日
SGLT2阻害薬使用で血糖値が正常でも糖尿病性ケトアシドーシスを発症
2019年07月30日
2017年度の生活習慣病の医療費 糖尿病が第1位に レセプト3億8,000万件を分析
2019年07月26日
医師からの共感を経験した2型糖尿病患者の臨床転帰が改善 英研究
2019年07月26日
経口セマグルチドを日本で2型糖尿病治療薬として承認申請 GLP-1アナログの錠剤

関連コンテンツ

編集部注:
  • 海外での研究を扱ったニュース記事には、国内での承認内容とは異なる薬剤の成績が含まれています。
  • 2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で表わすようになりました。過去の記事は、この変更に未対応の部分があります。ご留意ください。
ページのトップへ戻る トップページへ ▶