乳酸菌がショ糖摂取後の血糖値の上昇を抑制 ヒト臨床試験で活性を確認

 帝京大学医真菌研究センターの研究グループは、ショ糖摂取後の血糖値の上昇を抑制する乳酸菌を発見し、ヒト臨床試験でショ糖摂取後の血糖値の上昇を抑制する活性があることを確認した。
ヒト腸管のグルコース取り込みを阻害する乳酸菌としてはじめて
 食品中に添加される主要な甘味料のひとつであるショ糖は、腸管内でα-グリコシダーゼによりグルコースとフルクトースに分解され、それらが腸管から吸収され、血糖値の上昇を導く。

 α-グリコシダーゼの阻害効果やグルコースの腸管吸収阻害効果を有する物質を含む食品は、ショ糖の過剰な摂食による食後血糖の上昇を抑制すると考えられる。

 そこで、帝京大学医真菌研究センターの関水和久教授らの研究グループは、カイコを用いたショ糖摂取後の血糖値の上昇を抑制する物質の評価系を用いて、ゲノム創薬研究所と共同で、機能性乳酸菌の探索を行った。

 その結果、ショ糖摂取後の血糖値の上昇を抑制する活性の高い乳酸菌として腸球菌「YM0831」株を発見した。

 腸球菌「YM0831」株は、グルコースの摂食後のカイコの体液中のグルコース濃度の上昇に対しても抑制効果を示した。

 さらに、ヒトの腸管由来の培養細胞であるCaco-2細胞のグルコース取り込みを阻害することも確認。ヒトの腸管細胞のグルコース取り込みを阻害する乳酸菌の発見ははじめてだ。

 研究グループはファルマシュプールと共同で、ヒト臨床試験でも、「YM0831」株にショ糖摂取後の血糖値の上昇を抑制する活性があることも確認。

 さらに、腸球菌「YM0831」株を用いて製造されたヨーグルトもヒト臨床試験でショ糖摂取後の血糖値の上昇を抑制する活性があり、食品開発に有用であることを明らかにした。

 摂取後に血糖値を上昇させるショ糖の過剰摂取による血糖値の上昇を抑制する食品を開発することは、2型糖尿病に対策するために重要だ。

 現在、帝京大学とゲノム創薬研究所とが共同で、経済産業省戦略的基盤技術高度化・連携支援事業の助成を受けながら、実用化を目指した研究開発試験を実施しているという。

 研究成果は、「Communications Biology」に掲載された。

帝京大学医真菌研究センター
Enterococcus faecalis YM0831 suppresses sucrose-induced hyperglycemia in a silkworm model and in humans(Communications Biology 2019年5月2日)
[Terahata]

関連ニュース

2019年06月19日
アセンシアが「血糖管理ソリューション(IDMS)」を開発中 2型糖尿病患者のHbA1C値を減少
2019年06月19日
「トルリシティ」が幅広い2型糖尿病患者の主要心血管イベントを有意に減少 REWIND試験
2019年06月19日
世界初の経口GLP-1受容体作動薬「セマグルチド」 MACEのリスクを増大させないことを確認
2019年06月19日
日本初のインスリンとGLP-1受容体作動薬の配合剤「ゾルトファイ配合注 フレックスタッチ」が承認取得
2019年06月19日
速効型インスリン分泌促進薬/食後過血糖改善薬配合剤「グルベス配合OD錠」発売
2019年06月13日
免疫チェックポイント阻害薬投与後に1型糖尿病を発症する原因を解明
2019年06月13日
2型糖尿病はNAFLD患者の肝線維化進展のリスク因子か
2019年06月12日
米国糖尿病学会が新ガイドラインを発表 糖尿病腎症の推奨を更新 SGLT2阻害薬を評価
2019年06月06日
メトホルミンの添付文書改訂へ 禁忌の「腎機能障害」はeGFR30未満に 厚労省・安全対策調査会
2019年06月06日
大腿骨近位部骨折で2型糖尿病患者の全死亡リスク増 日本人患者の大規模コホート研究を解析

関連コンテンツ

編集部注:
  • 海外での研究を扱ったニュース記事には、国内での承認内容とは異なる薬剤の成績が含まれています。
  • 2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で表わすようになりました。過去の記事は、この変更に未対応の部分があります。ご留意ください。
ページのトップへ戻る トップページへ ▶