乳酸菌がショ糖摂取後の血糖値の上昇を抑制 ヒト臨床試験で活性を確認

 帝京大学医真菌研究センターの研究グループは、ショ糖摂取後の血糖値の上昇を抑制する乳酸菌を発見し、ヒト臨床試験でショ糖摂取後の血糖値の上昇を抑制する活性があることを確認した。
ヒト腸管のグルコース取り込みを阻害する乳酸菌としてはじめて
 食品中に添加される主要な甘味料のひとつであるショ糖は、腸管内でα-グリコシダーゼによりグルコースとフルクトースに分解され、それらが腸管から吸収され、血糖値の上昇を導く。

 α-グリコシダーゼの阻害効果やグルコースの腸管吸収阻害効果を有する物質を含む食品は、ショ糖の過剰な摂食による食後血糖の上昇を抑制すると考えられる。

 そこで、帝京大学医真菌研究センターの関水和久教授らの研究グループは、カイコを用いたショ糖摂取後の血糖値の上昇を抑制する物質の評価系を用いて、ゲノム創薬研究所と共同で、機能性乳酸菌の探索を行った。

 その結果、ショ糖摂取後の血糖値の上昇を抑制する活性の高い乳酸菌として腸球菌「YM0831」株を発見した。

 腸球菌「YM0831」株は、グルコースの摂食後のカイコの体液中のグルコース濃度の上昇に対しても抑制効果を示した。

 さらに、ヒトの腸管由来の培養細胞であるCaco-2細胞のグルコース取り込みを阻害することも確認。ヒトの腸管細胞のグルコース取り込みを阻害する乳酸菌の発見ははじめてだ。

 研究グループはファルマシュプールと共同で、ヒト臨床試験でも、「YM0831」株にショ糖摂取後の血糖値の上昇を抑制する活性があることも確認。

 さらに、腸球菌「YM0831」株を用いて製造されたヨーグルトもヒト臨床試験でショ糖摂取後の血糖値の上昇を抑制する活性があり、食品開発に有用であることを明らかにした。

 摂取後に血糖値を上昇させるショ糖の過剰摂取による血糖値の上昇を抑制する食品を開発することは、2型糖尿病に対策するために重要だ。

 現在、帝京大学とゲノム創薬研究所とが共同で、経済産業省戦略的基盤技術高度化・連携支援事業の助成を受けながら、実用化を目指した研究開発試験を実施しているという。

 研究成果は、「Communications Biology」に掲載された。

帝京大学医真菌研究センター
Enterococcus faecalis YM0831 suppresses sucrose-induced hyperglycemia in a silkworm model and in humans(Communications Biology 2019年5月2日)
[Terahata]

関連ニュース

2019年08月08日
DPP-4阻害薬「スイニー」にLDLコレステロール低下作用 スタチン服用中のハイリスク2型糖尿病患者で
2019年08月08日
FDAが初の経鼻グルカゴン製剤を承認 重症低血糖治療の新たな選択肢
2019年08月02日
糖尿病合併症の検査の実施率に全国で格差 糖尿病腎症の検査の実施率は最高31.6%、最低10.8% 国立国際医療研究センター
2019年08月02日
糖尿病性腎症の予後因子としてタンパク尿の重要性を解明 腎生検にもとづく長期・大規模コホート研究「糖尿病性腎症レジストリー」
2019年08月01日
「SGLT2阻害薬」はケトアシドーシスに注意 「患者への説明も含めた十分な対策が必要」と呼びかけ 日本糖尿病学会
2019年08月01日
血糖自己測定(SMBG)の再評価が始まっている SMBGは糖尿病の管理を向上させる有用なツール
2019年08月01日
SGLT2阻害薬使用で血糖値が正常でも糖尿病性ケトアシドーシスを発症
2019年07月30日
2017年度の生活習慣病の医療費 糖尿病が第1位に レセプト3億8,000万件を分析
2019年07月26日
医師からの共感を経験した2型糖尿病患者の臨床転帰が改善 英研究
2019年07月26日
経口セマグルチドを日本で2型糖尿病治療薬として承認申請 GLP-1アナログの錠剤

関連コンテンツ

編集部注:
  • 海外での研究を扱ったニュース記事には、国内での承認内容とは異なる薬剤の成績が含まれています。
  • 2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で表わすようになりました。過去の記事は、この変更に未対応の部分があります。ご留意ください。
ページのトップへ戻る トップページへ ▶