腎障害における「線維化」の正の側面を発見 初期には腎臓を修復する可能性を示唆 京都大

 慢性腎臓病が進行すると腎臓の「線維化」が認められるため、従来は「線維化」が腎機能を低下させると考えられていたが、それとは逆に腎臓を修復している可能性があるという研究を、京都大学が発表した。
初期の線維化には腎臓を修復する役割がある
 研究は、京都大学大学院医学研究科腎臓内科学の柳田素子教授、中村仁博士課程学生(現アステラス製薬)らの研究グループによるもので、詳細は「Kidney International」オンライン版に掲載された。

 研究グループはこれまで「尿細管」が障害されると、周囲の「線維芽細胞」の性質が変わって線維化が起きることを見出している。

 このことから、尿細管障害が線維化を誘導することに、これまでみつかっていない「合目的性」があるのではないかと考え、今回の研究を着想した。

 研究では、線維芽細胞と尿細管細胞のクロストーク(相互干渉)に注目し、線維芽細胞のタンパク合成を任意の時点で停止させるマウスを作成し、研究を行った。

 これにより、健康な腎臓で線維芽細胞のタンパク合成を停止させると尿細管の障害と増殖が起きる一方、障害された腎臓で線維芽細胞のタンパク合成を停止させると、尿細管の障害が悪化し、修復ができなくなることを確かめた。

 このことから、線維芽細胞からは尿細管の修復を促進し、健康な状態を維持する物質が出ていると考え、その物質を探索するため、線維芽細胞のタンパク合成を停止させた腎臓で変化している遺伝子を調べた。

 その結果、レチノイン酸関連のシグナルが低下していることを発見した。実際に、レチノイン酸合成酵素は健康な尿細管に発現しているが、尿細管障害とともにその発現が失われ、代わりに性質変化した線維芽細胞が非常に強いレチノイン酸合成能を獲得することを見出した。
 レチノイン酸は尿細管の増殖を促進して修復させる作用を持つことも分かった。さらにヒト腎臓病組織を調べると、進行した腎臓病では、線維芽細胞がレチノイン酸合成酵素を発現していることも判明。

 これらから、障害尿細管が線維芽細胞の性質変化を誘導することには、尿細管を修復するレチノイン酸の合成酵素を獲得させるという「合目的性」があること、線維化に尿細管を修復するという「正の側面」がある可能性が示唆された。

 現在、線維化が腎臓病の悪化因子として考えられ「線維化治療薬」が開発されているが、今回の研究は「線維化治療薬」の問題点を示唆するとともに、尿細管を修復する重要性を示したものだ。

 「少なくとも初期の線維化には腎臓を修復する役割があることが明らかになったことは、線維化治療薬の適応や使用時期に関する検討の必要性を示すものであり、尿細管を修復する薬剤開発の重要性を示すものでもある。レチノイン酸が強い尿細管修復力を持つという知見は、今後、尿細管修復薬を開発する上でも有用と考えられる」と、研究者は述べている。

京都大学大学院医学研究科腎臓内科学
Myofibroblasts acquire retinoic acid-producing ability during fibroblast-to-myofibroblast transition in kidney disease(Kidney International 2019年1月17日)
[Terahata]

関連ニュース

2019年02月15日
AIで糖尿病の経口血糖降下薬の処方を最適化 どの薬が最適かをAIが提示 札幌医科大学ら
2019年02月15日
高血圧症治療剤のアムバロ配合錠「ファイザー」の自主回収(クラスI)を開始 ファイザー
2019年02月15日
肥満を制御する酵素を発見 L-PGDSが肥満やインスリン抵抗性を進展 東大
2019年02月15日
脂肪細胞のインスリンシグナルを調節し、2型糖尿病やメタボの発症を予防する新規分子を発見
2019年02月14日
糖尿病患者の仕事と治療の両立を支援 スマホのオンラインサービスを利用 中部ろうさい病院と共同で実施
2019年02月14日
1型糖尿病患者の多くはHbA1c目標値に達していない 米調査
2019年02月08日
糖尿病治療薬の薬剤料 2017年度は4,271億円に増加 SGLT-2阻害薬、GLP-1受容体作動薬の処方が増える
2019年02月08日
日本人集団の2型糖尿病に関わる新たな遺伝子領域を発見 日本人20万人規模のゲノムワイド解析を実施 東大、理研など
2019年02月08日
後期高齢者の6割が3疾患以上の慢性疾患を併存 75歳以上の後期高齢者約131万人分のレセプト情報を分析
2019年02月08日
「HbA1c」を直接に酸化できる酵素を創製 シンプルで短時間の測定が可能に

関連コンテンツ

編集部注:
  • 海外での研究を扱ったニュース記事には、国内での承認内容とは異なる薬剤の成績が含まれています。
  • 2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で表わすようになりました。過去の記事は、この変更に未対応の部分があります。ご留意ください。
ページのトップへ戻る トップページへ ▶