心のそこにあるモチベーション 連載「インスリンとの歩き方」

1型糖尿病患者の遠藤伸司さんによる連載「インスリンとの歩き方」では、第27回「心のそこにあるモチベーション」を公開しました。連載「インスリンとの歩き方」へ ▶

連載「インスリンとの歩き方」

 執筆者の遠藤さんは、中学生の頃に1型糖尿病を発症。以来、約30年間の療養生活の中で、留学や進学、就職、そして転職、プライベートまで幅広い経験を積み、なにかと無理をすることもあったようです。

 連載では、そんな遠藤さんの半生を、糖尿病と上手につきあうためのコツやノウハウを中心に、実体験のエピソードを交えて語っていただきます。1型糖尿病患者さんをはじめ、2型糖尿病患者さん、糖尿病医療に携わる方々は、ぜひご一読ください。

インスリンとの歩き方/執筆者プロフィールへ ▶

第27回 心のそこにあるモチベーション(本文より)

 入社6年目の9月、僕は夢にまで見た優秀社員のバッチを、ついに手に入れることができた。2002と書かれた金のバッチと社員証をスーツのフラワーホールに通すと、バッチは輝き、誰からも注目されているという自負心を満たしてくれた。

 しかし、ゆっくりと勝利を噛みしめている時間はなかった。僕には更なる試練が待ち構えていた。もっと難しい、もう一つの目標があった。それは僕が販売しているドイツの自動車メーカーの賞であり、その年の1月から12月までの販売台数を競うものだった。

 僕は、心の底では、ずっーと、こういった賞にこだわっていた気がする。

 もちろん自動車の営業をしていれば、誰もが憧れる優秀社員賞であり、世界的に有名な自動車メーカーの賞ではある。メーカーの賞を取れば、FIFAワールドカップに匹敵するほどの素晴らしいトロフィーが授与され、車を生産しているドイツへの招待旅行もある。インセンティブと呼ばれる報奨金もかなりの額にのぼる。しかし、そのようなお金や報奨旅行が目当てで賞が欲しいのか・・・。

 僕は、ひとり、自問自答する。
 お金がもらえるのは有難い。
 ドイツに行って自分が売っている車の生産工場も見てみたい。
 けれど、それは、ほんの少しモチベーションを上げてくれるだけだ。
 僕はそんなことのために、賞を取りたいわけではないのだ。

 まるで運動会で、なぜ一着を取りたいかを、分析するかのように、僕は煩悶を続ける。

 では一体、何のために、この試練に耐えるのだ?
 決して、トロフィーや旅行やお金のためなんかじゃない。
 この賞をくれるというなら、只働きでもいいくらいだった。

続きはこちら...
第27回 心のそこにあるモチベーション ▶

[dm-rg.net]

関連ニュース

2019年01月07日
糖尿病リソースガイド 2018年に読まれた記事ランキング・ベスト25
2018年12月27日
「腎機能が低下した患者」に誤った量の薬を提供 医療機能評価機構が注意喚起
2018年12月27日
心のそこにあるモチベーション 連載「インスリンとの歩き方」
2018年12月14日
「1型糖尿病研究基金」第13回研究費助成の公募を開始 日本IDDMネットワーク
2018年12月06日
アラート機能付きのリアルタイムCGM「ガーディアン コネクト システム」の提供を開始 高血糖や低血糖に対する回避行動を促す
2018年11月30日
免疫チェックポイント阻害薬による1型糖尿病発症 日本内分泌学会がガイドラインを発表 日本糖尿病学会が協力
2018年11月15日
世界糖尿病デー 「リリー インスリン50年賞」 インスリン治療を続けて50年
2018年10月23日
コンタクトレンズを装着するだけで血糖値を持続的にモニタリング 無線給電が不要の世界最小センサーを開発 名古屋大学
2018年10月19日
日本の1型糖尿病の患者数は10~14万人 支援とケアが必要 厚労省研究班
2018年10月17日
リリーの新規の超速効型インスリン「URLi」 1型・2型糖尿病の第3相臨床試験で有効性に関する主要評価項目を達成 食後血糖値の改善効果も

関連コンテンツ

編集部注:
  • 海外での研究を扱ったニュース記事には、国内での承認内容とは異なる薬剤の成績が含まれています。
  • 2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で表わすようになりました。過去の記事は、この変更に未対応の部分があります。ご留意ください。
ページのトップへ戻る トップページへ ▶