経口セマグルチドが心血管系に対する安全性を示す 心血管死・全死亡は減少

 ノボ ノルディスクは、開発中の1日1回服用のGLP-1アナログである経口セマグルチドについて、グローバル第3相臨床試験プログラムである「PIONEER 6」の主な結果を発表した。
経口セマグルチドの有効性・安全性プロファイルを確立
 「PIONEER 6」は、心血管イベントリスクの高い2型糖尿病患者3,183名を対象に、標準治療に経口セマグルチド14mgまたはプラセボを追加投与した時の、心血管系に対する安全性を評価する無作為割り付け、二重盲検、プラセボ対照比較試験として実施された。

 同試験では、主要な心血管イベント(MACE)の発現について、経口セマグルチドのプラセボに対する非劣性が示され、主要目的を達成した。主要評価項目として設定した心血管死、非致死性心筋梗塞または非致死性脳卒中の最初の発現に関するMACE複合アウトカムについて、プラセボに対する経口セマグルチドのハザード比(HR)は0.79で、有意差は認められなかった。

 この結果は、中央値16ヵ月の追跡期間中に発現したのべ137件のMACEにもとづいている。経口セマグルチドで示されたMACEの結果は、有意な心血管死の51%減少(HR 0.49、p=0.03)によるもので、非致死性心筋梗塞(HR 1.18、有意差なし)または非致死性脳卒中(HR 0.74、有意差なし)については、両投与群間で広範かつ同様に発現していた。また、あらゆる理由による死亡については経口セマグルチド群で49%の有意な減少が認められた(HR 0.51、p=0.008)。

 HbA1c、体重および血圧などの副次的評価項目の改善については、経口セマグルチドのPIONEERプログラム全体を通じて報告された結果と同様だった。さらに、PIONEER 6で示された経口セマグルチドの安全性プロファイルは、これまでのPIONEER臨床試験で示された安全性プロファイルと同様だった。

 同社は、すでに実施していた「オゼンピック」(週1回皮下投与のセマグルチド)の追加の大規模な心血管アウトカム試験(CVOT)である「SUSTAIN 6」の臨床データに加えて、経口セマグルチドのCVOTである「PIONEER 6」の臨床データを用いることで、「オゼンピック」の心血管系の適応を取得可能か評価しているところで、今後もFDAと協議を継続するとしている。
[Terahata]

関連ニュース

2019年08月08日
DPP-4阻害薬「スイニー」にLDLコレステロール低下作用 スタチン服用中のハイリスク2型糖尿病患者で
2019年08月02日
糖尿病合併症の検査の実施率に全国で格差 糖尿病腎症の検査の実施率は最高31.6%、最低10.8% 国立国際医療研究センター
2019年08月02日
糖尿病性腎症の予後因子としてタンパク尿の重要性を解明 腎生検にもとづく長期・大規模コホート研究「糖尿病性腎症レジストリー」
2019年08月01日
「SGLT2阻害薬」はケトアシドーシスに注意 「患者への説明も含めた十分な対策が必要」と呼びかけ 日本糖尿病学会
2019年08月01日
血糖自己測定(SMBG)の再評価が始まっている SMBGは糖尿病の管理を向上させる有用なツール
2019年07月30日
2017年度の生活習慣病の医療費 糖尿病が第1位に レセプト3億8,000万件を分析
2019年07月26日
経口セマグルチドを日本で2型糖尿病治療薬として承認申請 GLP-1アナログの錠剤
2019年07月26日
キャピラリー電気泳動法を用いた独自技術で測定するグリコヘモグロビン分析装置「ザ ラボ 001(The Lab 001)」を発売 アークレイ
2019年07月23日
産官学連携で糖尿病性腎症に対策 AIでリスク要因を分析し保健事業に発展 大分県
2019年07月22日
フォシーガが1型糖尿病への適応拡大 「正常血糖ケトアシドーシスには注意が必要」 患者・医療従事者向けの指導箋の活用を呼びかけ

関連コンテンツ

編集部注:
  • 海外での研究を扱ったニュース記事には、国内での承認内容とは異なる薬剤の成績が含まれています。
  • 2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で表わすようになりました。過去の記事は、この変更に未対応の部分があります。ご留意ください。
ページのトップへ戻る トップページへ ▶