経口セマグルチドが心血管系に対する安全性を示す 心血管死・全死亡は減少

 ノボ ノルディスクは、開発中の1日1回服用のGLP-1アナログである経口セマグルチドについて、グローバル第3相臨床試験プログラムである「PIONEER 6」の主な結果を発表した。
経口セマグルチドの有効性・安全性プロファイルを確立
 「PIONEER 6」は、心血管イベントリスクの高い2型糖尿病患者3,183名を対象に、標準治療に経口セマグルチド14mgまたはプラセボを追加投与した時の、心血管系に対する安全性を評価する無作為割り付け、二重盲検、プラセボ対照比較試験として実施された。

 同試験では、主要な心血管イベント(MACE)の発現について、経口セマグルチドのプラセボに対する非劣性が示され、主要目的を達成した。主要評価項目として設定した心血管死、非致死性心筋梗塞または非致死性脳卒中の最初の発現に関するMACE複合アウトカムについて、プラセボに対する経口セマグルチドのハザード比(HR)は0.79で、有意差は認められなかった。

 この結果は、中央値16ヵ月の追跡期間中に発現したのべ137件のMACEにもとづいている。経口セマグルチドで示されたMACEの結果は、有意な心血管死の51%減少(HR 0.49、p=0.03)によるもので、非致死性心筋梗塞(HR 1.18、有意差なし)または非致死性脳卒中(HR 0.74、有意差なし)については、両投与群間で広範かつ同様に発現していた。また、あらゆる理由による死亡については経口セマグルチド群で49%の有意な減少が認められた(HR 0.51、p=0.008)。

 HbA1c、体重および血圧などの副次的評価項目の改善については、経口セマグルチドのPIONEERプログラム全体を通じて報告された結果と同様だった。さらに、PIONEER 6で示された経口セマグルチドの安全性プロファイルは、これまでのPIONEER臨床試験で示された安全性プロファイルと同様だった。

 同社は、すでに実施していた「オゼンピック」(週1回皮下投与のセマグルチド)の追加の大規模な心血管アウトカム試験(CVOT)である「SUSTAIN 6」の臨床データに加えて、経口セマグルチドのCVOTである「PIONEER 6」の臨床データを用いることで、「オゼンピック」の心血管系の適応を取得可能か評価しているところで、今後もFDAと協議を継続するとしている。
[Terahata]

関連ニュース

2018年12月05日
経口のGLP-1受容体作動薬「セマグルチド」 日本人2型糖尿病患者対象の第3相試験 HbA1cおよび体重減少は従来のGLP-1より優れている
2018年12月05日
経口セマグルチドが心血管系に対する安全性を示す 心血管死・全死亡は減少
2018年11月16日
GLP-1受容体作動薬「トルリシティ」がMACE発現率を低下 心血管疾患の既往歴がない患者が69% 「REWIND」試験
2018年10月23日
コンタクトレンズを装着するだけで血糖値を持続的にモニタリング 無線給電が不要の世界最小センサーを開発 名古屋大学
2018年10月04日
「10月8日は、糖をはかる日」講演会 「これからの糖尿病コントロール」【講演会レポート】
2018年09月28日
経口投与のGLP-1受容体作動薬「OWL833」に関するライセンスを締結 中外製薬とイーライリリー
2018年06月29日
週1回投与のGLP-1アナログ製剤「オゼンピック」 BMIが25以上の成人2型糖尿病患者で大きな体重減少効果
2018年03月26日
週1回投与のGLP-1アナログ「セマグルチド」 2型糖尿病治療薬として承認
2018年03月20日
腎臓専門医への「紹介基準」を公表 日本糖尿病学会・日本腎臓学会
2018年03月20日
糖尿病専門医への「紹介基準」を作成 日本糖尿病学会

関連コンテンツ

編集部注:
  • 海外での研究を扱ったニュース記事には、国内での承認内容とは異なる薬剤の成績が含まれています。
  • 2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で表わすようになりました。過去の記事は、この変更に未対応の部分があります。ご留意ください。
ページのトップへ戻る トップページへ ▶