アラート機能付きのリアルタイムCGM「ガーディアン コネクト システム」の提供を開始 高血糖や低血糖に対する回避行動を促す

日本メドトロニック
 日本メドトロニックは、インスリン治療を受けている糖尿病患者がグルコース値を容易に把握できる持続グルコースモニタリング(CGM)システム「ガーディアン™ コネクト システム」を発売した。
 血糖自己測定だけでは高血糖と低血糖を見逃すおそれがあるが、同システムにはグルコースの変化をモニタリングし、高血糖や低血糖を予測したときにアラートで知らせるなど、高血糖や低血糖を回避する行動を促す機能が搭載されている。
アラート機能付きのリアルタイムCGM
モバイル機器上でグルコース変動をリアルタイムに確認
 日本メドトロニックは、モバイル機器にデータを送ることで、インスリン治療中の糖尿病患者が行う血糖コントロールをサポートする持続グルコースモニタリング(CGM)システム「ガーディアン™ コネクト システム」の販売を12月3日に開始した。

 「ガーディアン™ コネクト システム」は、5分ごとに皮下間質液中のグルコース濃度を測定し(1日最大288回)、そのデータをモバイル機器に送信するトランスミッタ(小型の測定器)を含む。

 CGMシステムは血糖変動を連続的に取得するシステム。小型のセンサを腹部などの皮下に挿入し、センサが間質液中のグルコース濃度を測定する。測定値は、モバイル機器へ5分ごと送信される。

 同システムでは、ふだん使っているスマートフォンなどのモバイル機器上で、リアルタイムにグルコース変動を確認することができ、日々の糖尿病管理の改善につながると期待される。

 また、センサグルコース値が、事前に設定した上・下限値に達した場合、もしくは上・下限値に達すると予測された場合に、アラートが通知される。この予測アラート通知機能により、高血糖や低血糖になる可能性がある場合に、いち早く知り、早めの対応をできるようになると期待される。

 グルコース値は、患者1人ひとりに適した上・下限値を設定できるので、高血糖や低血糖に対する回避行動を促すサポートになる。
SMSによるアラート通知が可能に
CGMシステムとしては日本ではじめて
 「ガーディアン™ コネクト システム」には、CGMシステムとして日本ではじめて、SMSテキストメッセージによるアラートを通知する機能も搭載された。糖尿病患者の家族や医療従事者も、インターネットに接続されているモバイル機器を通じて、同品を装着している糖尿病患者の高グルコースおよび低グルコースのアラート通知を受け取ることができる。

 さらに、同システムから「CareLink™(ケアリンク)」糖尿病管理ソフトウェアへ定期的にデータをアップロードする機能があり、インスリン治療を受ける糖尿病患者と医療従事者のデータの共有にともなう負担を軽減する。

 なお、「ガーディアン コネクトアプリ」は、現状ではiOSデバイス用に提供されており、Android対応のアプリは開発中で、今後提供される予定だ(2018年12月現在)。

 「インスリン治療においては、医師によって指導された通りに注射していた場合でも、さまざまな要因によって、予期せぬ低血糖が起こり得るものです。低血糖の予兆を早期に知る手段と、正しい知識にもとづいた対応策を取ることによって、糖尿病患者自身が低血糖から身を守ることが可能となります」と、聖マリアンナ医科大学病院代謝・内分泌内科の田中逸氏は指摘する。

 「特に運転中や就寝中など、直ちに対処できない状態にある糖尿病患者は、血糖変動を自らリアルタイムに確認する手段は限られていました。この度登場したガーディアンコネクトは、グルコースの変化をモニタリングし、低値や高値を予測した場合には、警報でお知らせする機能があります。患者さんご自身が、眠っている時間帯も含めて、リアルタイムに高血糖や低血糖を知る手段が増えることになります」と、田中氏は述べている。

日本メドトロニック
  ガーディアンコネクト(日本メドトロニック・医療従事者向け)
[Terahata]

関連ニュース

2018年12月13日
iPS細胞をさまざまな眼の細胞へ選択的に誘導することに成功 大阪大とロート製薬
2018年12月13日
肥満を抑制する新たな遺伝子「Ly75」を同定 発現量が高くなると白色脂肪組織重量が減少
2018年12月13日
2型糖尿病治療のインスリン使用量が世界的に増加 2030年までに20%以上増加と予測
2018年12月06日
アラート機能付きのリアルタイムCGM「ガーディアン コネクト システム」の提供を開始 高血糖や低血糖に対する回避行動を促す
2018年12月06日
高血糖による血管炎症が引き起こされる分子メカニズムと糖尿病性血管合併症の制御につながる新規標的因子を発見 兵庫医大
2018年12月06日
SGLT2阻害薬はGLP-1受容体作動薬に比べ下肢切断とDKAのリスクを上昇
2018年12月05日
経口のGLP-1受容体作動薬「セマグルチド」 日本人2型糖尿病患者対象の第3相試験 HbA1cおよび体重減少は従来のGLP-1より優れている
2018年12月04日
糖尿病ネットワークがベトナムに進出 アジアの糖尿病医療を底上げ
2018年11月30日
免疫チェックポイント阻害薬による1型糖尿病発症 日本内分泌学会がガイドラインを発表 日本糖尿病学会が協力
2018年11月30日
米国糖尿病学会(ADA)と米国心臓学会(AHA)が共同で心血管疾患の予防キャンペーンを開始

関連コンテンツ

編集部注:
  • 海外での研究を扱ったニュース記事には、国内での承認内容とは異なる薬剤の成績が含まれています。
  • 2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で表わすようになりました。過去の記事は、この変更に未対応の部分があります。ご留意ください。
ページのトップへ戻る トップページへ ▶