「FreeStyle リブレ」の添付文書が改訂 4歳以上、妊娠中の女性、透析患者にも対象拡大 学会周知

 グルコースモニタシステム「FreeStyle リブレ」の添付文書の改訂について、日本小児内分泌学会はこのほど同学会ホームページで紹介した。
 「FreeStyle リブレ」は、6歳以上に制限されていた適用対象が4歳以上となり、また妊娠中の女性と人工透析を受けている患者にも使用できるようになった。
 日本小児内分泌学会によると、グルコースモニタシステム「FreeStyle リブレ」の添付文書が改訂され、適用対象については、これまで「禁忌・禁止」適用対象(患者)の項に、妊娠中の女性、人工透析を受けている患者、または6歳未満の患者についての記載があったが、改訂後はこれらの記載が「禁忌・禁止」適用対象(患者)の項から削除された。

 また、「使用上の注意」の「重要な基本的注意」の項に、妊娠中の女性、人工透析を受けている患者に加えて、4歳以上の患者に対して使用できることが示された。さらに、「測定結果に基づく臨床診断は、臨床症状や他の検査結果と合わせて医師が総合的に判断してください(診断の際には総合的な判断が必要なため)」との注意事項も追記された。

添付文書(FreeStyle リブレ)
添付文書(FreeStyle リブレ(センサー))

日本小児内分泌学会
[Terahata]

関連ニュース

2018年08月31日
「グルコース応答性インスリン」の開発を促進 グルコース結合分子プラットフォーム技術を使用
2018年08月31日
肥満症治療剤「BELVIQ」 大規模心血管疾患アウトカム試験の結果を公表
2018年08月31日
SGLT2阻害薬「フォシーガ」の心不全に関する国際開発プログラム
2018年08月31日
「FreeStyle リブレ」の添付文書が改訂 4歳以上、妊娠中の女性、透析患者にも対象拡大 学会周知
2018年08月24日
チアゾリジン薬が免疫細胞を抑制し炎症から保護 マクロファージの損傷を抑えることが判明
2018年08月24日
「急性腎障害」(AKI)を防止するキャンペーンを開始 NSAIDsなど3剤併用によってリスクが上昇 滋賀医科大学病院
2018年08月21日
「データヘルス改革」第2期の工程表を公表 2020年度に本格稼働 厚労省
2018年08月09日
肥満者は複合的な健康リスクを抱えている 血糖リスクは高齢になるほど上昇 健保連が健康保険加入者を対象に調査
2018年08月09日
PCSK9阻害剤「レパーサ皮下注」 スタチン不耐性患者を対象に一変申請 レパーサ単剤での使用も
2018年08月07日
第78回米国糖尿病学会ダイジェスト(2) 180日連続して血糖を測定する新型CGMシステムが登場

関連コンテンツ

糖尿病情報スクランブル 新着記事

編集部注:
  • 海外での研究を扱ったニュース記事には、国内での承認内容とは異なる薬剤の成績が含まれています。
  • 2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で表わすようになりました。過去の記事は、この変更に未対応の部分があります。ご留意ください。
ページのトップへ戻る トップページへ ▶