糖尿病の根治療法として幹細胞治療への取り組みを強化 ES細胞株の開発にも着手 ノボ ノルディスク

 ノボ ノルディスクは、幹細胞治療への取り組みを強化することを発表した。カリフォルニア大学サンフランシスコ校(UCSF)との独占的協力を結び、ヒト胚性幹(ES)細胞株の開発に着手する。1型糖尿病に対する重点的な取り組みを、他の重篤な慢性疾患に拡大することも発表した。
多機能性幹細胞をβ細胞へ分化 非臨床での検証の段階に
 ノボ ノルディスクは、UCSFとの契約条項にもとづき、医薬品製造管理および品質管理基準(GMP)に準拠したヒトES細胞(hESC)株の作製を可能にする技術、ならびに将来的な再生医療治療に向けて、同細胞株の開発を進める権利を獲得した。5月初旬、両組織はUCSFに新たなGMP研究所を完成させ、幹細胞治療の開発における新たな品質基準を規定すると期待される細胞株を導出する。

 ノボ ノルディスクは20年にわたり、多機能性幹細胞をβ細胞へ分化させることに焦点を当てた研究に取り組んでおり、非臨床での検証を行う段階に達している。また、コーネル大学とも協力し、患者に移植したβ細胞を免疫系による攻撃から保護するカプセル封入デバイスの開発も進めている。最初の臨床試験は数年内に開始できると見込みだ。

 幹細胞治療分野は急速に成長しており、多くの疾患に対する新たな治療法を生み出す可能性がある。同社では、UCSFとの協力を通じたGMPグレードに準拠した幹細胞株の開発により、糖尿病だけでなくその他の重篤な慢性疾患にも重点的に取り組むことが可能になるとしている。

 「糖尿病の根治療法を発見することは目的のひとつで、幹細胞研究の進展と、安定しかつ高品質な細胞株の利用は、1型糖尿病患者さんの治療に対する希望を高めている。UCSFとの協力を通じ、他の重篤な慢性疾患治療を対象とする幹細胞治療の開発に向けた現在の、そして今後のパートナーシップが加速すると期待している」と、ノボ ノルディスク社のマッズ クロスゴー トムセン氏は述べている。

 また、Biolamina社(スウェーデンのバイオテクノロジー企業)とルンド大学とのパートナーシップを通じ、パーキンソン病を対象とする幹細胞治療の開発に向けた事業を開始した。

 さらに、Biolamina社とDUKE National University Singapore Medical Schoolとのパートナーシップでは、慢性心不全と加齢黄斑変性に焦点を当てた研究も実施している。

Novo Nordisk
[Terahata]

関連ニュース

2019年01月09日
「高齢者肥満症診療ガイドライン2018」を公開 認知症やADL低下の観点を付加 日本老年医学会
2019年01月09日
「サーキットトレーニング」が効果的な運動法に 2型糖尿病発症率を最大で40%低下 国立健康・栄養研究所とカーブスジャパンが共同研究
2019年01月07日
糖尿病リソースガイド 2018年に読まれた記事ランキング・ベスト25
2018年12月28日
「劇症1型糖尿病」に関与する遺伝子を全ゲノム解析で世界ではじめて特定 日本糖尿病学会1型糖尿病委員会がオールジャパン体制で実施
2018年12月28日
「糖尿病リスク予測ツール」を公開 3年後の糖尿病発症リスクを予測
2018年12月27日
糖尿病の自己管理をアドバイスするアプリが低血糖・高血糖のリスクを低減 アセンシアの血糖自己測定システム用アプリ「CONTOUR DIABETES」
2018年12月27日
「腎機能が低下した患者」に誤った量の薬を提供 医療機能評価機構が注意喚起
2018年12月27日
若年1型糖尿病患者のQOLに影響する因子とは?
2018年12月25日
SGLT2阻害薬「スーグラ錠」 日本で1型糖尿病に適応拡大
2018年12月25日
高体重が慢性腎不全(CKD)患者の短期予後の予測因子に 糖尿病では肥満のメリットは減弱 2万6,000人を調査

関連コンテンツ

編集部注:
  • 海外での研究を扱ったニュース記事には、国内での承認内容とは異なる薬剤の成績が含まれています。
  • 2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で表わすようになりました。過去の記事は、この変更に未対応の部分があります。ご留意ください。
ページのトップへ戻る トップページへ ▶