「ランタスXR」がインスリン デグルデクとの直接比較試験で主要目的を達成

 サノフィは、「Toujeo」(インスリン グラルギン300単位/mL)とインスリン デグルデクの有効性と安全性を評価する初の無作為化直接比較試験の結果を発表した。Toujeoは、インスリン デグルデクとの初の大規模直接比較試験(BRIGHT試験1)において主要目的を達成した。

 「Toujeo」は日本では、「ランタスXR」のブランド名で製造販売されている。

 BRIGHT試験には、経口糖尿病薬のみ、または経口糖尿病薬とGLP-1受容体作動薬の併用でHbA1cの低下が得られなかった2型糖尿病の成人患者929例が参加。同試験は、Toujeoの血糖値(HbA1c)低下効果がインスリン デグルデクと同等か否かを検討することを主要目的として実施されている。

 副次目的は、有害事象を経験した患者の割合、試験中に低血糖イベントを経験した患者の数および低血糖イベントの発現率。副次的評価項目として、救済治療を必要とした患者の割合、安全性、糖尿病治療満足度質問表(DTSQ)とHypoglycemic Attitudes and Behavior Scale(HABS)を用いて患者が評価するアウトカムを検討している。

 「Toujeoは、糖尿病患者において優れた血糖降下作用を示すだけでなく低血糖リスクが少ないことが、いくつかの試験で報告されている。有効性のみならず低血糖をはじめとする安全性をインスリン デグルデグと比較した初の比較臨床データは、医師が治療方針を決定する際に役立つと信じている」と同社では述べている。同試験の詳細な結果は、2018年に発表される予定。
[Terahata]

関連ニュース

2017年12月22日
「ペンニードル® プラス 32G 4mm」への切り替え呼びかけ ノボ ノルディスク ファーマ
2017年12月22日
インスリンの働きを高める脳から骨格筋までの経路を解明 糖尿病の新たな治療法に
2017年12月15日
医療機関向け血糖測定器「メディセーフフィットプロII」を発売 テルモ
2017年12月13日
「糖尿病のクリスマスプレゼント」実施中 豪華商品と現金が当たります
2017年12月11日
DPP-4阻害薬による非炎症型「水疱性類天疱瘡」の86%が特定のHLA遺伝子を保有 糖尿病治療薬によるリスク因子を調査
2017年12月11日
【連載】糖尿病デバイス革命「予測低血糖自動注入停止型インスリンポンプ 『MiniMed 640G』」を公開
2017年12月08日
「ランタスXR」がインスリン デグルデクとの直接比較試験で主要目的を達成
2017年12月08日
トレシーバに切り替えることで低血糖の発現率が67%低下 投与量の増加も抑制
2017年12月08日
週1回投与のGLP-1受容体作動薬「セマグルチド」が米国で承認
2017年11月28日
「BD マイクロファインプラス 32G × 6mm ペン型注入器用注射針」発売 マイクロファインプラスは4種類に 日本BD

関連コンテンツ

糖尿病情報スクランブル 新着記事

編集部注:
  • 海外での研究を扱ったニュース記事には、国内での承認内容とは異なる薬剤の成績が含まれています。
  • 2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で表わすようになりました。過去の記事は、この変更に未対応の部分があります。ご留意ください。
ページのトップへ戻る トップページへ ▶