「ランタスXR」がインスリン デグルデクとの直接比較試験で主要目的を達成

 サノフィは、「Toujeo」(インスリン グラルギン300単位/mL)とインスリン デグルデクの有効性と安全性を評価する初の無作為化直接比較試験の結果を発表した。Toujeoは、インスリン デグルデクとの初の大規模直接比較試験(BRIGHT試験1)において主要目的を達成した。

 「Toujeo」は日本では、「ランタスXR」のブランド名で製造販売されている。

 BRIGHT試験には、経口糖尿病薬のみ、または経口糖尿病薬とGLP-1受容体作動薬の併用でHbA1cの低下が得られなかった2型糖尿病の成人患者929例が参加。同試験は、Toujeoの血糖値(HbA1c)低下効果がインスリン デグルデクと同等か否かを検討することを主要目的として実施されている。

 副次目的は、有害事象を経験した患者の割合、試験中に低血糖イベントを経験した患者の数および低血糖イベントの発現率。副次的評価項目として、救済治療を必要とした患者の割合、安全性、糖尿病治療満足度質問表(DTSQ)とHypoglycemic Attitudes and Behavior Scale(HABS)を用いて患者が評価するアウトカムを検討している。

 「Toujeoは、糖尿病患者において優れた血糖降下作用を示すだけでなく低血糖リスクが少ないことが、いくつかの試験で報告されている。有効性のみならず低血糖をはじめとする安全性をインスリン デグルデグと比較した初の比較臨床データは、医師が治療方針を決定する際に役立つと信じている」と同社では述べている。同試験の詳細な結果は、2018年に発表される予定。
[Terahata]

関連ニュース

2018年08月01日
糖尿病治療に「IoT」を活用 スマホで治療を改善 【参加者を募集中】
2018年08月01日
2016年度の特定健診の実施率は51.4% 特定保健指導は18.8%で伸び悩み
2018年07月31日
「10月8日は、糖をはかる日」今年は"写真"を募集します!2018年コンテスト作品募集開始!!
2018年07月31日
「10月8日は、糖をはかる日」講演会2018 参加者募集開始!!
2018年07月30日
東京糖尿病療養指導士(東京CDE)  2018年度講習会申込受付中
2018年07月27日
「トラゼンタ」が成人2型糖尿病患者で長期的な心血管安全性を示す 「CARMELINA」試験の主要評価項目を達成
2018年07月27日
「過食性障害」(BED)患者を対象とした第3相試験で良好な結果 ドパミン・ノルエピネフリン再取り込み阻害剤「dasotraline」
2018年07月27日
グリコアルブミン測定試薬「ルシカ GA-L」を米国でも販売 旭化成ファーマ
2018年07月24日
【全国生活習慣病予防月間2019】「少酒」川柳を募集中!(賞金5万円)~ 都道府県対抗「少酒47」選手権! ~
2018年07月19日
低用量アスピリンでがん抑制の可能性 65歳未満の糖尿病患者で 奈良県立医科大学などが「JPAD2」研究を実施

関連コンテンツ

糖尿病情報スクランブル 新着記事

編集部注:
  • 海外での研究を扱ったニュース記事には、国内での承認内容とは異なる薬剤の成績が含まれています。
  • 2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で表わすようになりました。過去の記事は、この変更に未対応の部分があります。ご留意ください。
ページのトップへ戻る トップページへ ▶