糖尿病と遺伝 患者さんからの質問に的確にこたえるために『糖尿病診療マスター』 [糖尿病の本]

糖尿病診療マスター2017年7月発行号(Vol.15 No.7) -主な内容-

特集 糖尿病と遺伝 患者さんからの質問に的確にこたえるために

I.総論
糖尿病と遺伝-患者さんからの質問に答えるために必要な基礎知識
II.各論
・糖尿病は遺伝するのか:1型糖尿病
・糖尿病は遺伝するのか:2型糖尿病の遺伝子検査で何がわかるか
・単一遺伝子異常による糖尿病
・【コラム】内分泌代謝分野における遺伝子治療の現状と課題
・ゲノム修飾(エピゲノム)と糖尿病
・DTC(direct-to-consumer)検査としての遺伝子検査
・遺伝カウンセリングの現状と課題


●2003年より発行 医学書院
 出版社ホームページ→トップ糖尿病診療マスター

fujisan.co.jpへ

[dm-rg.net]

糖尿病情報スクランブル 新着記事

編集部注:
  • 海外での研究を扱ったニュース記事には、国内での承認内容とは異なる薬剤の成績が含まれています。
  • 2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で表わすようになりました。過去の記事は、この変更に未対応の部分があります。ご留意ください。
ページのトップへ戻る トップページへ ▶