新規インスリン「Faster-acting insulin aspart」が1型・2型糖尿病の食後血糖コントロールを改善

 新しい第3a相試験の結果、新規の超速効型インスリン アスパルト製剤(faster-acting insulinaspart)は、「ノボラピッド®注」(インスリン アスパルト)と比較して、1型糖尿病患者においてHbA1cを有意に低下させ、2型糖尿病患者において同程度にHbA1cを低下させ、1型および2型糖尿病患者ともに、食後血糖(PPG)コントロールを改善させることが示された。
この「faster-acting insulin aspart」と「ノボラピッド®注」を比較したTreat to Target試験である「onset 1」「onset 2」の結果は、第76回米国糖尿病学会年次学術集会(ADA2016)で発表された。
 「Faster-acting insulin aspart」は、ノボ ノルディスクが開発中のボーラスインスリン。インスリン アスパルト(ノボラピッド®注)の新しい製剤で、初期の吸収速度を高め、かつ血糖降下作用の発現をさらに早めるため、2つの添加剤(ビタミンとアミノ酸)が添加されている。成人1型と2型糖尿病患者における食後の血糖コントロールを改善すると期待されている。ノボ ノルディスクは米国と欧州で承認申請中で、日本での開発段階は第3相。
1型糖尿病患者では有意にHbA1cを低下、2型糖尿病では非劣性
 成人1型糖尿病患者を対象とした「onset 1」において、無作為割り付け26週後、「faster-acting insulin aspart」の食前投与は、「ノボラピッド®注」と比較して、HbA1cを有意に低下させた(-0.15、95%CI -0.23~-0.07)。

 また、「faster-acting insulin aspart」を食事開始後20分に投与した時も、食前に「ノボラピッド®注」を投与した時と比較して、同程度のHbA1c低下作用を示した(0.04、95%CI -0.04~0.12)。

 「Onset 1」ではまた、「ノボラピッド®注」と比較して、有意な食後2時間血糖増加量の改善が示された(-0.67mmol/L、95%CI -1.29~-0.04mmol/L)。セカンダリーエンドポイントである食後1時間血糖増加量も改善された(-1.18mmol/L、95%CI -1.65~-0.71)。

 成人2型糖尿病患者を対象とした「onset 2」では、HbA1cの低下作用において、「faster-acting insulin aspart」は「ノボラピッド®注」に対して非劣性を示した(-0.02mmol/L、95%CI -0.15~0.10mmol/L)。

 「onset 2」では、有意な食後2時間血糖増加量の改善を確認することができなかった(-0.36mmol/L、95%CI -0.81~0.08mmol/L)。しかし、セカンダリーエンドポイントである食後1時間血糖増加量は、「faster-acting insulin aspart」で統計学的に有意な改善が示された(-0.59mmol/L、95%CI -1.09~-0.09)。

 「Onset 1」と「onset 2」において、「faster-acting insulin aspart」でもっともよくみられた有害事象は低血糖だった。しかし、1型および2型糖尿病患者において、「ノボラピッド®注」と比較して、重大あるいは確定低血糖の発現頻度に有意差は認められなかった。
食後血糖コントロールの改善が治療の課題
 Onsetプログラムは、1型および2型糖尿病患者2,100人以上が参加した4つの試験からなるfaster-acting insulin aspartの第3相臨床プログラム。

 「Onset 1試験」は、1,143人が参加した(無作為割り付け)、「faster-acting insulin aspart」(食前あるいは食事開始後20分投与)を「ノボラピッド®注」(食前投与)と比較した、26週+26週、無作為割り付け、一部二重盲検、Basal-Bolus療法、Treat to Target試験。

 両群とも、成人1型糖尿病患者を対象にベーサルインスリンとの併用下で行われた。最初の26週の試験のデータのみ、今回の学会で発表された。プライマリーエンドポイントは、「ノボラピッド®注」と比較したベースラインからのHbA1cの変化量で、セカンダリーエンドポイントは「ノボラピッド®注」と比較した食後2時間血糖増加量のベースラインからの変化量だった。

 「Onset 2試験」は、689人が参加した(無作為割り付け)、「faster-acting insulin aspart」を「ノボラピッド®注」と比較した、26週、無作為割り付け、二重盲検、Basal-Bolus療法、Treat to Target試験。両群とも、成人2型糖尿病患者を対象に、ベーサルインスリンとメトフォルミンの併用下で食前投与した。プライマリーエンドポイントは、「ノボラピッド®注」と比較したベースラインからのHbA1cの変化量で、セカンダリーエンドポイントは「ノボラピッド®注」と比較した食後2時間血糖増加量のベースラインからの変化量だった。

 「1型あるいは2型糖尿病患者の多くは、食事時の急峻な血糖値の上昇(グルコーススパイク)を頻繁に経験し、その結果、食後高血糖に至ることが分かっている。onset 1と2の両試験から、faster-acting insulin aspartがHbA1cと食後血糖コントロールの改善を示したことに期待が持てる」と、「Onset 1」と「onset 2」の治験医師であるブルース ボード氏(エモリー大学臨床准教授)はコメントしている。

第76回米国糖尿病学会(ADA2016)
[Terahata]

関連ニュース

2017年06月12日
インスリン抵抗性に起因する2型糖尿病などの新規治療薬開発を目指した共同研究を開始 神戸大とベーリンガー
2017年06月07日
高尿酸血症が腎臓の機能障害の原因に 少しの異常でも腎臓に悪影響
2017年06月05日
糖尿病治療に貢献するビジネスプランを募集するコンテストを開始 糖尿病領域の医療課題を解決
2017年06月02日
日本の糖尿病足潰瘍の発症率は欧米の10分の1 日本初の大規模調査
2017年06月02日
膵β細胞の時差ぼけが糖尿病を引き起こす 生体リズムと糖尿病の関係性とメカニズムを解明
2017年06月02日
リゾリン脂質がGLP-1の分泌を促進 新たな糖尿病治療法の開発につながる成果
2017年05月31日
自己血糖測定器「グルテストアイ」発売 見やすさと使いやすさを追求
2017年05月31日
「ランタスXR」の観察研究「X-STAR Study」の中間解析結果を発表
2017年05月31日
「ビデュリオン」は心血管(CV)イベントのリスクを上げない EXSCEL試験
2017年05月31日
DPP-4阻害薬と選択的SGLT2阻害薬の配合剤 承認申請

関連コンテンツ

糖尿病情報スクランブル 新着記事

編集部注:
  • 海外での研究を扱ったニュース記事には、国内での承認内容とは異なる薬剤の成績が含まれています。
  • 2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で表わすようになりました。過去の記事は、この変更に未対応の部分があります。ご留意ください。
ページのトップへ戻る トップページへ ▶