インスリン製剤・インクレチン関連薬・SGLT2阻害薬 早見表2016を公開

糖尿病リソースガイドは18日、「インスリン製剤・インクレチン関連薬・SGLT2阻害薬 早見表2016 PDF版」を公開しました。このPDFは無料でダウンロードできるほか、19日から京都市で行われる第59回日本糖尿病学会年次学術集会では、パンフレット版を無料で配布する予定です。
PDF版のダウンロードはこちら

インスリン製剤早見表 表紙

 当サイトの「インスリン製剤早見表」は、2010年に公開をスタートしました。毎年、関連学会やイベント等で配布するほか、当サイト上でPDF版を公開しています。累計ダウンロード数は20万回以上と糖尿病医療に携わるたくさんの方々にご活用いただいています。

第59回日本糖尿病学会年次学術集会で無料配布

 5月19日から21日まで京都市で開催される第59回日本糖尿病学会年次学術集会(JDS 2016)では、パンフレット版を無料配布します。会場各所に設けられたテイクフリーコーナーに設置し、在庫が無くなり次第終了となりますので、お早めにお立ち寄りください。なお、JDS 2016に参加できない方は、PDF版をダウンロードしてご利用ください。

インスリン製剤・インクレチン関連薬・SGLT2阻害薬 早見表 2016年版
PDF版のダウンロードはこちら ▶

[dm-rg.net]

関連ニュース

2020年03月05日
高齢糖尿病患者などで血糖コントロールが厳格過ぎる 低血糖リスクが高い可能性
2020年02月27日
SGLT2阻害薬の心血管保護効果は背景因子に関わらず有意
2020年02月20日
膵島抗体スクリーニングで小児1型糖尿病リスクを評価可能
2020年02月13日
NAFLD併発2型糖尿病患者の医療費が今後20年で6兆円――米国の推計
2020年02月06日
高齢1型糖尿病患者では重症低血糖が認知機能低下のリスク
2020年01月30日
isCGMで成人1型糖尿病患者の低血糖や欠勤が有意に減少
2020年01月23日
SGLT2阻害薬で痛風発症率が低下
2020年01月16日
歯周病の治療で糖尿病の合併症が減り、費用対効果がアップ
2020年01月09日
高齢2型糖尿病患者の低血糖リスクを3項目で評価
2019年12月25日
男性は運動により空腹時GLP-1が低下し糖負荷後の応答が改善

関連コンテンツ

編集部注:
  • 海外での研究を扱ったニュース記事には、国内での承認内容とは異なる薬剤の成績が含まれています。
  • 2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で表わすようになりました。過去の記事は、この変更に未対応の部分があります。ご留意ください。
ページのトップへ戻る トップページへ ▶