特別寄稿「被災した糖尿病患者さんへ」 インスリンとの歩き方

熊本県や大分県で発生した一連の地震災害により、避難を余儀なくされている糖尿病患者さんに向けて、連載「インスリンとの歩き方」の執筆者であり、自身も1型糖尿病である遠藤伸司さんからメッセージをお寄せいただきました。本来の連載ストーリーとは別の「特別寄稿」としてご紹介いたします。
特別寄稿「被災した糖尿病患者さんへ」 ▶

特別寄稿「被災した糖尿病患者さんへ」(本文より)
特別寄稿「被災した糖尿病患者さんへ」 インスリンとの歩き方

 熊本県、大分県の地震で被災した方へ、心よりお見舞い申し上げます。

 いまだ、余震が続いているなか、いろいろなご不安があることと思います。
 インスリンや飲み薬はありますか。
 血糖測定器やチップ、センサーはありますか。
 そもそも、水や食料はありますか。

 健康で体力のある方でも、被災して家にも帰れないというのは、とても大変なお辛い状況だと思います。しかし、高齢でお体が不自由だったり、持病をお持ちの方は、薬が手に入らなかったりして、さらに不安がつのるのではないかと心配しています。

 僕は、被災した経験も、体が不自由だということもないのですが、ただ30年近く1型糖尿病と付き合ってきたので、その経験が少しでもお役に立てばと願い、この一文を書いています。

 まずは周囲の人へ、ご自分の状況をきちんと伝えることが大切です。こういうときは、隠したいとか遠慮するという気持ちは、一旦、横に置きましょう。

 「自分は糖尿病で、インスリンや薬が必要であること」などと、率直に伝えたほうがいいと思います。できるだけ、多くの方から、早く援助を受けられるように......です。

 インスリンや飲み薬、血糖測定器のチップやセンサーがない場合には、病院や医療機関へ相談することがもちろんベストです。また、飲んでいる薬やインスリンの名前がわかれば、「お薬の手帳」が手元になくても、医師の方に素早く対処していただく助けになるかもしれません。

 ただ、インスリンや飲み薬が充分に手に入らないとき、また、いままでのような生活が出来ない場合、なにか出来ることがないか......それを糖尿病患者という立場で考えてみました。

続きはこちら...
特別寄稿「被災した糖尿病患者さんへ」 ▶

インスリンとの歩き方/執筆者プロフィールへ ▶

[dm-rg.net]

関連ニュース

2020年07月09日
インスリンやメトホルミンにGLP-1受容体作動薬を追加 HbA1cが低下
2020年07月02日
GLP-1受容体作動薬の週1回投与単回使用製剤「オゼンピック皮下注SD」を発売 効能・効果は2型糖尿病
2020年07月02日
COVID-19発症1型糖尿病患者はDKAに要注意
2020年06月25日
ストレスが閉経後の2型糖尿病女性の冠動脈イベントを増やす
2020年06月18日
糖尿病患者のCOVID-19による重症化や死亡にBMIが関連
2020年06月11日
【新型コロナウイルス】血糖コントロールが良好なら糖尿病患者の重症化リスクは低い
2020年06月03日
脳卒中後の認知機能の低下に糖尿病が関与
2020年05月29日
さらに見やすく!新薬価も反映『インスリン製剤早見表2020-2021』
2020年05月28日
インスリン使用がCOVID-19患者の予後不良に関連か
2020年05月21日
糖尿病前症では骨密度は高いが骨折リスクも高い

関連コンテンツ

編集部注:
  • 海外での研究を扱ったニュース記事には、国内での承認内容とは異なる薬剤の成績が含まれています。
  • 2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で表わすようになりました。過去の記事は、この変更に未対応の部分があります。ご留意ください。
ページのトップへ戻る トップページへ ▶