糖尿病合併症 最前線「糖尿病重症下肢虚血への集学的アプローチ」

糖尿病情報スクランブル「糖尿病合併症 最前線」を更新しました。

インタビュー
「糖尿病重症下肢虚血への集学的アプローチ」

平野敬典 先生(済生会横浜市東部病院フットケア外来循環器 内科医長)

重症下肢虚血に至る患者の大半は糖尿病であるという事実が
より広く認知されるべき

──重症下肢虚血の基礎疾患として、糖尿病はどの程度、影響しているのでしょうか?

平野先生 我々の施設も含めて国内11 施設が参加し、膝下動脈病変による重症下肢虚血(CLI)例、約1,000 肢に対する血管内治療(EVT)の予後を追跡したJBEAT 研究では、その7 割が糖尿病を有していました。また、我々のフットケア外来に紹介されてくる患者さんの9 割近くが糖尿病の方です。実際のところ日常診療において「CLI のほとんどは糖尿病である」というのが実感です。これは我々だけでなく、CLI 治療に携わる医師の共通認識ではないでしょうか。

 糖尿病患者数の増加が続いていますから、今後はさらに糖尿病CLIの増加に拍車がかかると考えられます。しかし、CLI 患者の大半が糖尿病であるという事実が糖尿病領域でどの程度認識されているのか疑問です。PADに関する世界的なガイドラインであるTASC Ⅱには、潰瘍のあるすべての糖尿病患者はCLI を疑い精査すべきと書かれており、この推奨は我々のようなCLIの臨床にいる医師の感覚と一致しています。初めから結論を言うようですが、糖尿病が増えている今、糖尿病を診ておられる先生方に、血管を積極的に診ていただくことがCLI治療のスタートになると思います。続きはこちら ▶

糖尿病合併症 最前線とは?

「糖尿病合併症 最前線」は、腎症、網膜症、神経障害など、急増する糖尿病合併症について、 最新の話題を交えた各分野の専門家たちによる解説、インタビューなどを掲載しています。

糖尿病合併症 最前線 目次 ▶

[dm-rg.net]

関連ニュース

2019年02月19日
アルコールががんや生活習慣病を引き起こす「少酒の勧め」 全国生活習慣病予防月間2019 公開講演会 レポート
2019年02月19日
日本腎臓学会と日本糖尿病学会の専門医間の紹介基準を作成 両学会の連携を強化
2019年02月15日
AIで糖尿病の経口血糖降下薬の処方を最適化 どの薬が最適かをAIが提示 札幌医科大学ら
2019年02月15日
高血圧症治療剤のアムバロ配合錠「ファイザー」の自主回収(クラスI)を開始 発がんリスクが
2019年02月15日
肥満を制御する酵素を発見 L-PGDSが肥満やインスリン抵抗性を進展 東大
2019年02月15日
脂肪細胞のインスリンシグナルを調節し、2型糖尿病やメタボの発症を予防する新規分子を発見
2019年02月14日
糖尿病患者の仕事と治療の両立を支援 スマホのオンラインサービスを利用 中部ろうさい病院と共同で実施
2019年02月14日
1型糖尿病患者の多くはHbA1c目標値に達していない 米調査
2019年02月08日
糖尿病治療薬の薬剤料 2017年度は4,271億円に増加 SGLT-2阻害薬、GLP-1受容体作動薬の処方が増える
2019年02月08日
日本人集団の2型糖尿病に関わる新たな遺伝子領域を発見 日本人20万人規模のゲノムワイド解析を実施 東大、理研など

関連コンテンツ

編集部注:
  • 海外での研究を扱ったニュース記事には、国内での承認内容とは異なる薬剤の成績が含まれています。
  • 2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で表わすようになりました。過去の記事は、この変更に未対応の部分があります。ご留意ください。
ページのトップへ戻る トップページへ ▶