糖尿病治療薬の特徴と服薬指導のポイント

第35回 高齢者糖尿病診療の特徴と注意点(9)
〈GLP-1受容体作動薬-2〉

加藤光敏 先生(加藤内科クリニック院長)

筆者について

初出:医療スタッフのための『糖尿病情報BOX&Net.』No. 61(2019年7月1日号)

 前回は高齢者のGLP-1受容体作動薬(以下、GLP- 1R)の特徴とその使い分けまでふれました。今回は高齢者への適応と注意点を具体的に記載します。

高齢者に対するGLP-1Rを使用しているケースは

 高齢者でGLP-1Rを使用した当院例は①高齢でも食行動が活発な肥満例②インスリンでは低血糖の対処が不安③インスリンアレルギー④認知症などで家族か介護スタッフの助けで週一回注射するケースです。④は重要な導入理由となりつつあります。

高齢者GLP-1R導入の注意点

 デイリー製剤(文献1)のリラグルチド(ビクトーザⓇ)は導入時漸増していくので嘔気、嘔吐はとても少ないと言えます。現在日本で使用できる週1回製剤はデュラグルチド(トルリシティⓇ)(文献2)と持続性エキセナチド注射剤 (ビデュリオンⓇ)ですが、後者は高齢者には不向きと考えます。セマグルチド(オゼンピックⓇ)は製造承認されたものの、現在保険収載されていません。デュラグルチドは注入量の調節が利かず、最大10日効果が持続するので、嘔気、食思不振、胃部不快感が長く続く可能性があり、導入時にはその可能性を本人・家族に話しておくことが大切です。発売時の国内第Ⅲ相臨床試験513例をみると、胃腸障害等の副作用は65歳~75歳未満は2.3%ですが、75歳以上では9.1%と増加していました。

高齢者導入後の注意点とまとめ

 高齢者にGLP-1R導入後、目立たないが体重が減り続ける症例を経験します。体重変化を流れで把握し、可能なら体組成計にて骨格筋量の減少が無いかSGLT2阻害薬使用時(文献3)と同様に注意します。次に薬価ですが1日17単位注射として、インスリンデグルデク(トレシーバⓇ)は3,968円/4週、インスリンアスパルト(グラルギンリリーⓇ)は2,352円/4週です。これに対しリラグルチド(0.9mg/日)14,343円/4週、デュラグルチド13,848円/4週です。話しておかないと薬剤費が跳ね上がり驚かれます。1割負担でも大変な高齢者も多くいます。「低血糖が来なくて良い薬だよ」とだけ言っていられません。なおDPP-4阻害薬との併用は原則認められないことにも注意が必要です。

参考文献

  • 1) 加藤光敏:GLP-1受容体作動薬(2)BOX&net.No.50, 2017
  • 2) 田牧千裕ほか:日薬理誌 146 : 215-24, 2015
  • 3) Kato M, Kato N. Diabetol Int.8(3) : 275-285, 2017

※記事内容、プロフィール等は発行当時のものです。ご留意ください。

糖尿病治療薬の特徴と服薬指導のポイント 目次

2019年10月18日
肝臓のインスリン感受性を制御する脂質を発見 肝臓のインスリン作用にセラミドの脂肪酸鎖長が関与
2019年10月18日
肥満になると甘いものの嗜好が高まる 空腹時に味覚を調節する神経ネットワークを発見 生理研
2019年10月17日
成人1型糖尿病患者の血糖管理は考えられているほど良くない?
2019年10月16日
「身体的フレイルの簡易チェックシート」を作成 地域在住高齢者のフレイル予防事業に活用 九州大
2019年10月11日
慶應義塾大学とアストラゼネカが循環器・腎・代謝疾患領域におけるリアルワールドエビデンスの創出を目指す共同研究を開始
2019年10月10日
DPP-4阻害薬による炎症性腸疾患の増加は確認されず
2019年10月04日
DPP-4阻害薬「エクア」とメトホルミンの早期併用療法 早期併用がメトホルミン単剤より優れる
2019年10月04日
遺伝性の脂質異常症「家族性高コレステロール血症」 若いうちからLDL-Cが上昇
2019年10月03日
台風などの災害後は高齢患者の死亡リスクが上昇 影響は長期に及ぶ
2019年10月02日
2型糖尿病治療薬「ゾルトファイ配合注」発売 はじめての持効型溶解インスリンとGLP-1アナログの配合注射液