糖尿病治療薬の特徴と服薬指導のポイント

第35回 高齢者糖尿病診療の特徴と注意点(9)
〈GLP-1受容体作動薬-2〉

加藤光敏 先生(加藤内科クリニック院長)

筆者について

初出:医療スタッフのための『糖尿病情報BOX&Net.』No. 61(2019年7月1日号)

 前回は高齢者のGLP-1受容体作動薬(以下、GLP- 1R)の特徴とその使い分けまでふれました。今回は高齢者への適応と注意点を具体的に記載します。

高齢者に対するGLP-1Rを使用しているケースは

 高齢者でGLP-1Rを使用した当院例は①高齢でも食行動が活発な肥満例②インスリンでは低血糖の対処が不安③インスリンアレルギー④認知症などで家族か介護スタッフの助けで週一回注射するケースです。④は重要な導入理由となりつつあります。

高齢者GLP-1R導入の注意点

 デイリー製剤(文献1)のリラグルチド(ビクトーザⓇ)は導入時漸増していくので嘔気、嘔吐はとても少ないと言えます。現在日本で使用できる週1回製剤はデュラグルチド(トルリシティⓇ)(文献2)と持続性エキセナチド注射剤 (ビデュリオンⓇ)ですが、後者は高齢者には不向きと考えます。セマグルチド(オゼンピックⓇ)は製造承認されたものの、現在保険収載されていません。デュラグルチドは注入量の調節が利かず、最大10日効果が持続するので、嘔気、食思不振、胃部不快感が長く続く可能性があり、導入時にはその可能性を本人・家族に話しておくことが大切です。発売時の国内第Ⅲ相臨床試験513例をみると、胃腸障害等の副作用は65歳~75歳未満は2.3%ですが、75歳以上では9.1%と増加していました。

高齢者導入後の注意点とまとめ

 高齢者にGLP-1R導入後、目立たないが体重が減り続ける症例を経験します。体重変化を流れで把握し、可能なら体組成計にて骨格筋量の減少が無いかSGLT2阻害薬使用時(文献3)と同様に注意します。次に薬価ですが1日17単位注射として、インスリンデグルデク(トレシーバⓇ)は3,968円/4週、インスリンアスパルト(グラルギンリリーⓇ)は2,352円/4週です。これに対しリラグルチド(0.9mg/日)14,343円/4週、デュラグルチド13,848円/4週です。話しておかないと薬剤費が跳ね上がり驚かれます。1割負担でも大変な高齢者も多くいます。「低血糖が来なくて良い薬だよ」とだけ言っていられません。なおDPP-4阻害薬との併用は原則認められないことにも注意が必要です。

参考文献

  • 1) 加藤光敏:GLP-1受容体作動薬(2)BOX&net.No.50, 2017
  • 2) 田牧千裕ほか:日薬理誌 146 : 215-24, 2015
  • 3) Kato M, Kato N. Diabetol Int.8(3) : 275-285, 2017

※記事内容、プロフィール等は発行当時のものです。ご留意ください。

糖尿病治療薬の特徴と服薬指導のポイント 目次

2020年09月25日
【新型コロナ】6月時点での神奈川県内65医療機関のSARS-CoV-2抗体陽性率は2.4% 神奈川県内科医学会
2020年09月24日
週1回投与のインスリンアナログ「insulin icodec」の第2相試験の結果 2型糖尿病患者に有効で忍容性も良好 EASD2020で発表
2020年09月24日
救急・集中治療領域におけるバイオマーカーの有用性と今後の展望
2020年09月24日
握力は糖尿病発症リスクの独立した予測因子 簡便で低コストな臨床ツールに
2020年09月24日
【新型コロナ】COVID-19では高齢、慢性腎臓病に加え、高尿酸血症・痛風が死亡のリスクに 首都圏345症例の解析により解明
2020年09月24日
【新型コロナ】「アビガン錠」が新型コロナウイルス感染症患者を対象とした国内第3相試験で主要評価項目を達成
2020年09月17日
2型糖尿病治療薬「メトホルミン」の後発薬を自主回収(クラスI) 管理指標を超えた発がん性物質を検出
2020年09月17日
ジャディアンスが心不全などによる入院リスクを25%減少 2型糖尿病合併の有無を問わない左室駆出率が低下した心不全患者が対象のP3試験
2020年09月17日
重症低血糖を経験した2型糖尿病患者は転倒リスクが2倍以上に ARIC研究
2020年09月17日
【新型コロナ】製薬9社がワクチン開発では安全性を最優先すると共同声明 アストラゼネカのワクチン候補の治験は一時停止
糖尿病プラクティス