第1部 医薬品・医療機器・検査機器・試薬

インスリンポンプ 製品情報

2019年07月18日
最新号を公開
オピニオンリーダーによる糖尿病ガイダンス「神経障害」
糖尿病治療薬の特徴と服薬指導のポイント「GLP-1受容体作動薬」
2019年07月18日
心不全合併2型糖尿病の管理に個別化ケアプランを推奨 米国心臓協会と米国心不全学会
2019年07月17日
日本腎臓病協会と田辺三菱製薬が共同事業を開始 慢性腎臓病に関する「カナグリフロジン」の基礎研究を公募
2019年07月17日
SGLT2阻害薬「フォシーガ」 欧州医薬品評価委員会が心血管アウトカムデータに対して肯定的見解
2019年07月12日
慢性腎臓病(CKD)治療に大きなギャップ 糖尿病と高血圧の治療が不十分、スタチン使用も限定的
2019年07月11日
骨粗鬆症患者への骨吸収抑制薬投与が、骨からのリン放出を軽減し、腎機能を改善させる 大阪市大
2019年07月11日
糖尿病性腎症の進行を再生医療で防ぐ 骨髄「間葉系幹細胞」で治療 札幌医科大などが2021年度の治験を目指す
2019年07月11日
スタチン療法で糖尿病の新規発症リスクが上昇か
2019年07月11日
微量の血液で糖尿病や感染症のスクリーニングに役立つ検査機器 POCTでトップクラスの測定精度
2019年07月05日
基礎インスリンとGLP-1受容体作動薬の配合剤「iGlarLixi」の第3相試験 インスリングラルギンとリキシセナチドを1単位:1µg配合

患者さん指導・説明用動画 (糖尿病3分間ラーニング より)

糖尿病3分間ラーニングは、糖尿病患者さんがマスターしておきたい糖尿病の知識を、
テーマ別に約3分にまとめた新しいタイプの糖尿病学習用動画です。

製品名
販売元
製品写真
サイズ・重量
発売年
測定項目
測定・記録期間
測定範囲
原理等
電源
対応センサー
センサー有効期限
備考
ミニメド 640G システム
日本メドトロニック(株)
ミニメド 640G システム
サイズ・重量
サイズ:5.33×9.60×2.44cm(ポンプ)、3.5×2.8×0.9cm(トランスミッタ)

重量:約95.7g(ポンプ)、4.8g(トランスミッタ)
発売年
2018年3月
測定項目
皮下間質液中のグルコース濃度を連続測定・記録(センサグルコース値に換算)。
測定・記録期間
センサ測定は最長6日間(CGMデータをインスリンポンプへ送信)、データはポンプで最長90日間を記録
測定範囲
40~400mg/dL
原理等
620Gシステムの原理に加え、持続的にモニタリングしたグルコース値が下限値に達する、または近づくと予測されると自動的にインスリン注入を中断し、グルコース値の回復が確認されるとインスリン注入を再開する。
電源
ポンプ 単3乾電池1個、トランスミッタ 充電式(充電器:単4乾電池1個)
対応センサー
Enliteセンサ
センサー有効期限
滅菌後6ヶ月
お問い合わせ:日本メドトロニック株式会社
TEL:0120-56-32-56
ミニメド 620G システム
日本メドトロニック(株)
ミニメド 620G システム
サイズ・重量
サイズ:5.33×9.60×2.44cm(ポンプ)、3.5×2.8×0.9cm(トランスミッタ)

重量:約95.7g(ポンプ)、4.8g(トランスミッタ)
測定項目
皮下間質液中のグルコース濃度を連続測定・記録(センサグルコース値に換算)。
測定範囲
40〜400mg/dL
電源
単3乾電池1個、充電器:単4乾電池1個
お問い合わせ:日本メドトロニック株式会社
TEL:0120-56-32-56
パラダイムインスリンポンプ722
日本メドトロニック(株)
パラダイムインスリンポンプ722
サイズ・重量
W94×H20×D52 (mm)
質量:約 108 g (電池を含む)
電源
アルカリ単4電池×1
一時基礎レート:30分ごとに24時間まで、インスリン単位またはパーセンテージ設定が可能。
お問い合わせ:日本メドトロニック(株)ダイアビーティス事業部
〒105-0021 東京都港区東新橋2丁目14番1号コモディオ汐留
電話:03-6430-2019
パラダイムインスリンポンプ712
日本メドトロニック(株)
パラダイムインスリンポンプ712
サイズ・重量
94×20×52mm、
約103g(電池含む)
電源
アルカリ単4電池×1
一時基礎レート:30分ごとに24時間まで、インスリン単位またはパーセンテージ設定が可能。
お問い合わせ:日本メドトロニック(株)ダイアビーティス事業部
〒105-0021 東京都港区東新橋2丁目14番1号コモディオ汐留
電話:03-6430-2019
トップ シリンジポンプ TOP-8200
株式会社トップ
No image
サイズ・重量
外形寸法:85(幅)×58.5(高さ)×23.7(奥行き)mm

質量:約98g(電池を含む)
電源
使用乾電池:単4型アルカリ乾電池 LR03×1本
製造販売業者 株式会社トップ(添付文書の請求先)  TEL 03-3882-3101

インスリンポンプ情報ファイル

「インスリンポンプ療法」(CSII)は、携帯型インスリン注入ポンプを用いて、インスリンを皮下に持続的に注入する治療法です。従来のインスリン療法で血糖コントロールが難しかったり、血糖コントロールをよりよくしたい場合、あるいは生活の自由度を高めたい場合などに有効と考えられています。米国をはじめ、諸外国では、糖尿病のインスリン療法の選択肢の1つとして広く認知されていますが、日本においては、まだ認知度は低く、普及率も低いのが現状です。「インスリンポンプ情報ファイル」では、インスリンポンプ療法に関する国内外の情報を集め、ご紹介いたします。

一般社団法人日本糖尿病・生活習慣病ヒューマンデータ学会

 経口薬
  スルホニル尿素薬
  速効型インスリン分泌促進薬
  α-グルコシダーゼ阻害薬
  ビグアナイド薬
  チアゾリジン薬
  DPP-4阻害薬 情報ファイル
  SGLT2阻害薬 情報ファイル
  配合薬

 注射薬
  インスリン製剤
  インスリン製剤早見表
  GLP-1受容体作動薬 情報ファイル

 医療機器・検査機器
  インスリン注入器
  インスリンポンプ
  血糖測定器・ランセット
  CGM:持続血糖測定器
  FGM:Flash Glucose Monitoring
  臨床検査機器・試薬
 基礎研究分野

メールマガジン登録無料