【重要なお知らせ】「インクレチンとSU薬の適正使用について」

  日本糖尿病協会の「インクレチンとSU薬の適正使用に関する委員会」は、DPP-4阻害薬「シタグリプチン」とスルホニル尿素(SU)薬との併用について勧告を促した。同委員会は、今後も症例蓄積および解析結果により委員会を開催し、その結果を踏まえてRecommendationの追加修正を適宜行っていく。

関係学会等からの医薬品の適正使用に関するお知らせ(PMDA)
「インスリン製剤からGLP-1受容体作動薬への切り替えに伴う糖尿病ケトアシドーシスの発現、および、シタグリプチンリン酸塩などのDPP-4阻害剤とスルホニルウレア製剤の併用に関する使用上の注意の改訂に関する「インクレチン(GLP-1受容体作動薬とDPP-4阻害薬)の適正使用に関する委員会」からの注意喚起について」(日本糖尿病学会)

[dm-rg.net]

関連ニュース

2019年02月19日
アルコールががんや生活習慣病を引き起こす「少酒の勧め」 全国生活習慣病予防月間2019 公開講演会 レポート
2019年02月19日
日本腎臓学会と日本糖尿病学会の専門医間の紹介基準を作成 両学会の連携を強化
2019年02月15日
AIで糖尿病の経口血糖降下薬の処方を最適化 どの薬が最適かをAIが提示 札幌医科大学ら
2019年02月15日
高血圧症治療剤のアムバロ配合錠「ファイザー」の自主回収(クラスI)を開始 発がんリスクが
2019年02月15日
肥満を制御する酵素を発見 L-PGDSが肥満やインスリン抵抗性を進展 東大
2019年02月15日
脂肪細胞のインスリンシグナルを調節し、2型糖尿病やメタボの発症を予防する新規分子を発見
2019年02月14日
糖尿病患者の仕事と治療の両立を支援 スマホのオンラインサービスを利用 中部ろうさい病院と共同で実施
2019年02月08日
糖尿病治療薬の薬剤料 2017年度は4,271億円に増加 SGLT-2阻害薬、GLP-1受容体作動薬の処方が増える
2019年02月08日
日本人集団の2型糖尿病に関わる新たな遺伝子領域を発見 日本人20万人規模のゲノムワイド解析を実施 東大、理研など
2019年02月08日
後期高齢者の6割が3疾患以上の慢性疾患を併存 75歳以上の後期高齢者約131万人分のレセプト情報を分析

関連コンテンツ

編集部注:
  • 海外での研究を扱ったニュース記事には、国内での承認内容とは異なる薬剤の成績が含まれています。
  • 2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で表わすようになりました。過去の記事は、この変更に未対応の部分があります。ご留意ください。
ページのトップへ戻る トップページへ ▶