私の糖尿病50年 糖尿病医療の歩み

2. 診断基準がないのに診断していた

後藤由夫 先生(東北大学名誉教授、東北厚生年金病院名誉院長)

「私の糖尿病50年 糖尿病医療の歩み」は、2003年1月~2009年8月まで糖尿病ネットワークで
全64回にわたり連載し、ご好評いただいたものを再度ご紹介しています。

筆者について

1. 尿検査は医師の仕事

 糖尿病の診断基準は1955年頃まではなかった。内科診断学書にも症状と尿糖検査法のことしか書かかれていなかった。当時の内科外来では、新患患者さんには看護婦が身長、体重、脈拍数と体温を測り、新入医局員が血圧を測った。すべての患者さんにガラスのコップに尿をとらせ、新入医局員が尿を試験管にとって、ズルホサルチル酸試薬を滴下してたんぱくの有無、ニーランデル反応で糖の有無をみた。ニーランデル反応では尿糖の濃度に応じて褐色、黒色と変わり、トロンメル試験では硫酸銅の青色が黄色、褐色となり、ベネデクト試薬では図のように変色した。糖の検査ではいずれもアルコールランプやブンゼン燈で加熱して反応させてたが、試薬によって加熱する場所にコツがあった。

Benedict試験

2. 三多一少、顔貌やズボンの白点

 大学病院を訪れる糖尿病患者さんは、他院で尿糖を指摘されて来院した方が多く、また症状を聞いても多飲、多尿、多食、体重減少など中国の医師たちの造語した高血糖の三多一少の症状のある人が大部分で、問診だけで診断のつくような症例であった。

 中には顔をみるだけで糖尿病とわかる方もいた。長年高血糖のままでいると、多尿で水分が失われて皮膚が乾燥してカサカサになり、皮膚紅潮rubeosisのために頬が赤くmonkey faceになっているからである。1日の尿糖排泄量は50gを越えるものが多く、ときには200g以上の例もあった。尿糖含量が多い場合には、黒いズボンや靴についた尿の飛沫が乾燥するとぶどう糖が析出して白点となる。それをみるだけで糖尿病とわかった。

 敗戦後の食糧不足でやせている人ばかりであったが、食糧不足が緩和されると2型糖尿病患者さんも少しずつ増えてきたが、当時としてはやはり太っている方であった。

3. 村の診断屋さん

 現在はトイレが水洗式であるが、1970年以前は水洗トイレが少なく、大都会でも汲み取り式のものが普通であった。屎尿の貯槽は汲み取り屋(汚穢屋:おわいや)さんにより汲み取られ、肥料にされたので腸管内寄生虫が蔓延していたわけである。

 終戦後進駐してきたアメリカの兵士たちは、強烈な臭気を発散する肥し桶には驚いて、honey bucketsとニックネームをつけて逃げていたようである。写真は苦竹キャンプの兵士がキャンプの正門前を通っていく肥し桶(こやしおけ)を積んだ牛車を撮ったものである。現在は家が立ち並んで田圃はなくなっている。


米陸軍落下傘部隊のR. Lynn Johnson氏が
1947年撮影(グラフせんだいNo.83、2000年より)

 さて、その汲み取り屋さんたちは、「お宅には糖尿の人がいるよ」と教えてくれる診断屋さんでもあったのである。糖の多い尿はドロッとして特有の臭気があり黴が浮いていたりしてわかるという。1961-62年に新患の糖尿病の方々に聞いたときも汲み取り屋さんに指摘された方がなお1%あった。

 このように重症の人ばかりだったので、ぶどう糖負荷試験は高血糖を確かめるために行われただけであり、稀に腎性糖尿の鑑別に役立つこともあった。

(2014年02月05日)

※記事内容、プロフィール等は発行当時のものです。ご留意ください。

2016年06月13日
SGLT2阻害薬で握力が向上 高齢者のサルコペニア対策に効果?
2016年06月10日
第76回米国糖尿病学会(ADA2016)開催間近 注目のセッションは?
2016年06月10日
足病診療の実態報告 診療科により診断・治療法・予後が異なる可能性
2016年06月09日
関節リウマチ患者の糖質コルチコイド服用で糖尿病リスクが1.48倍に [HealthDay News]
2016年06月02日
インスリン、IGF-1両受容体欠損に伴う脂肪組織の変化 [HealthDay News]
2016年06月01日
日本食で健康長寿を延ばせる 日本から世界へ「スローカロリー」を発信
2016年06月01日
糖尿病の人でも加入できる より少額の定期保険 糖尿病保険ミニ
2016年06月01日
営業成績と社会人2年目の苦悩 インスリンとの歩き方
2016年05月31日
SAP導入で生活が激変! 1型糖尿病患者さんの手記を公開
2016年05月30日
新制度「下肢救済加算」をわかりやすく解説 フットケア情報ファイル