第1部 医薬品・医療機器・検査機器・試薬

作用別一覧 持効型溶解インスリン

便利なインスリン製剤早見表

プレフィルド/キット製剤

製品名
製造販売元
製品写真
有効成分量/容量
有効成分 新薬価旧薬価
(円)
形状・作用時間ほか
用法および用量
用法・用量に関する使用上の注意
備考 添付文書
トレシーバ注フレックスタッチ
ノボ ノルディスク ファーマ(株)
トレシーバ注フレックスタッチ 300単位/3mL インスリン デグルデク 新薬価2619旧薬価2546
注射剤の形状
無色澄明の液
作用発現時間
該当なし(定常状態)
※定常状態において作用が持続するため
最大作用時間
明らかなピークなし
作用持続時間
>42時間
※コーカシアンと日本人の1型糖尿病患者における薬物動態プロファイルに基づいて外挿
使用期限
30カ月

通常、成人では、初期は 1 日 1 回 4~20 単位を皮下注射する。注射時刻 は毎日一定とする。投与量は患者の症状及び検査所見に応じて適宜 増減する。他のインスリン製剤を併用することがあるが、他のインス リン製剤の投与量を含めた維持量は、通常 1 日 4~80 単位である。但 し、必要により上記用量を超えて使用することがある。

使用上の注意
( 1 ) 適用にあたっては、本剤の作用持続時間や患者の病状に留意 し、患者の病状が本剤の製剤的特徴に適する場合に投与する こと。
( 2 ) 毎日一定の時刻に投与させること(添付文書「 2. 重要な基本的注意」の 項( 2 )参照)。
( 3 ) 糖尿病性昏睡、急性感染症、手術等緊急の場合は、本剤のみで 処置することは適当でなく、速効型インスリン製剤を使用す ること。
( 4 ) 中間型又は持効型インスリン製剤から本剤に変更する場合 は、以下を参考に本剤の投与を開始し、その後の患者の状態 に応じて用量を増減するなど、本剤の作用特性(添付文書【薬物動態】の 項参照)を考慮の上慎重に行うこと。

1 ) Basal インスリン製剤を用いた治療、 Basal-Bolus 療法による治 療及び混合製剤による治療から本剤に切り替える場合、目安 として、前治療で使用していた Basal インスリンと同じ単位 数から投与を開始し、その後調整すること。
2 ) Basal-Bolus 療法による治療において、 1 日 2 回投与の Basal イ ンスリン製剤から本剤に切り替える場合、患者の状態に応じ て用量を決定すること。それぞれの患者の血糖コントロール に基づき減量が必要な場合もある。

( 5 ) インスリン以外の他の糖尿病用薬から本剤に切り替える場合 又はインスリン以外の他の糖尿病用薬と併用する場合は、低 用量から開始するなど、本剤の作用特性(添付文書【薬物動態】の項参 照)を考慮の上慎重に行うこと。
( 6 ) 本剤の投与開始時及びその後数週間は血糖コントロールのモ ニタリングを十分に行うこと。
併用する超速効型、速効型インスリン又は他の糖尿病用薬の 用量や投与スケジュールの調整が必要となることがある。
詳細は添付文書を参照。
医療従事者問い合わせ先:ノボ ノルディスク ファーマ(株)ノボケア相談室
〒100-0005 東京都千代田区丸の内2-1-1
フリーダイヤル:0120-180363(平日9~18時)
PDFファイル
レベミル注フレックスペン
ノボ ノルディスク ファーマ(株)
レベミル注フレックスペン 300単位/3mL インスリンデテミル 新薬価2601旧薬価2529
注射剤の形状
無色澄明の液
作用発現時間
約1時間
最大作用時間
3~14時間
作用持続時間
約24時間 
使用期限
30カ月

通常、成人では、初期は1日1回4~20単位を皮下注射する。注射時刻は夕食前又は就寝前のいずれでもよいが、毎日一定とする。他のインスリン製剤との併用において、投与回数を1日2回にする場合は朝食前及び夕食前、又は朝食前及び就寝前に投与する。投与量は患者の症状及び検査所見に応じて適宜増減する。なお、他のインスリン製剤の投与量を含めた維持量は、通常1日4~80単位である。但し、必要により上記用量を超えて使用することがある。

使用上の注意
1.適用にあたっては本剤の作用時間、1mLあたりのインスリン含有単位と患者の病状に留意し、その製剤的特徴に適する場合に投与すること。2.糖尿病性昏睡、急性感染症、手術等緊急の場合は、本剤のみで処置することは適当でなく、速効型インスリン製剤を使用すること。3.中間型又は持効型インスリン製剤から本剤に変更する場合は、以下を参考に本剤の投与を開始し、その後の患者の状態に応じて用量を増減するなど、本剤の作用特性(添付文書参照)を考慮の上慎重に行うこと。小児への投与にあたっても同様とすること。(1)国内の臨床試験では、中間型インスリン製剤から本剤に変更する際、前治療の70%用量より開始したが、試験終了時の用量は前治療と同様であった(添付文書参照)。(2)他の持効型インスリン製剤から本剤へ切り替えた国内での使用経験はない。(3)投与回数及び投与時期は、原則として前治療と同じ用法で切り替えること。(4)本剤への変更により本剤及び併用している超速効型又は速効型インスリン製剤の用量の調整が必要になることがある。用量の調整には、初回の投与から数週間あるいは数ヵ月間必要になることがある。4.経口血糖降下剤から本剤に変更する場合及び経口血糖降下剤と併用する場合。(1)投与にあたっては低用量から開始するなど、本剤の作用特性(添付文書参照)を考慮の上慎重に行うこと。(2)経口血糖降下剤と併用する場合は、経口血糖降下剤の投与量及び投与スケジュールの調整が必要となることがある。
詳細は添付文書を参照。
医療従事者問い合わせ先:ノボ ノルディスク ファーマ(株)ノボケア相談室
〒100-0005 東京都千代田区丸の内2-1-1
フリーダイヤル:0120-180363(平日9~18時)
PDFファイル
レベミル注イノレット
ノボ ノルディスク ファーマ(株)
レベミル注イノレット 300単位/3mL インスリンデテミル 新薬価2401旧薬価2334
注射剤の形状
無色澄明の液
作用発現時間
約1時間
最大作用時間
3~14時間
作用持続時間
約24時間 
使用期限
30カ月

通常、成人では、初期は1日1回4~20単位を皮下注射する。注射時刻は夕食前又は就寝前のいずれでもよいが、毎日一定とする。他のインスリン製剤との併用において、投与回数を1日2回にする場合は朝食前及び夕食前、又は朝食前及び就寝前に投与する。投与量は患者の症状及び検査所見に応じて適宜増減する。なお、他のインスリン製剤の投与量を含めた維持量は、通常1日4~80単位である。但し、必要により上記用量を超えて使用することがある。

使用上の注意
1.適用にあたっては本剤の作用時間、1mLあたりのインスリン含有単位と患者の病状に留意し、その製剤的特徴に適する場合に投与すること。2.糖尿病性昏睡、急性感染症、手術等緊急の場合は、本剤のみで処置することは適当でなく、速効型インスリン製剤を使用すること。3.中間型又は持効型インスリン製剤から本剤に変更する場合は、以下を参考に本剤の投与を開始し、その後の患者の状態に応じて用量を増減するなど、本剤の作用特性(添付文書参照)を考慮の上慎重に行うこと。小児への投与にあたっても同様とすること。(1)国内の臨床試験では、中間型インスリン製剤から本剤に変更する際、前治療の70%用量より開始したが、試験終了時の用量は前治療と同様であった(添付文書参照)。(2)他の持効型インスリン製剤から本剤へ切り替えた国内での使用経験はない。(3)投与回数及び投与時期は、原則として前治療と同じ用法で切り替えること。(4)本剤への変更により本剤及び併用している超速効型又は速効型インスリン製剤の用量の調整が必要になることがある。用量の調整には、初回の投与から数週間あるいは数ヵ月間必要になることがある。4.経口血糖降下剤から本剤に変更する場合及び経口血糖降下剤と併用する場合。(1)投与にあたっては低用量から開始するなど、本剤の作用特性(添付文書参照)を考慮の上慎重に行うこと。(2)経口血糖降下剤と併用する場合は、経口血糖降下剤の投与量及び投与スケジュールの調整が必要となることがある。
詳細は添付文書を参照。
医療従事者問い合わせ先:ノボ ノルディスク ファーマ(株)ノボケア相談室
〒100-0005 東京都千代田区丸の内2-1-1
フリーダイヤル:0120-180363(平日9~18時)
PDFファイル
ランタス注ソロスター
サノフィ(株)
ランタス注ソロスター 300単位/3mL インスリングラルギン 新薬価2525旧薬価2455
注射剤の形状
無色澄明の液
作用発現時間
1~2時間
最大作用時間
明らかなピークなし
作用持続時間
約24時間 
使用期限
3年

通常、成人では、初期は1日1回4~20単位を皮下注射するが、ときに他のインスリン製剤を併用することがある。注射時刻は朝食前又は就寝前のいずれでもよいが、毎日一定とする。投与量は、患者の症状及び検査所見に応じて増減する。なお、その他のインスリン製剤の投与量を含めた維持量は、通常1日4~80 単位である。ただし、必要により上記用量を超えて使用することがある。

使用上の注意
1.適用にあたっては本剤の作用時間、1mLあたりのインスリン含有単位と患者の病状に留意し、その製剤的特徴に適する場合に投与すること。2.糖尿病性昏睡、急性感染症、手術等緊急の場合は、本剤のみで処置することは適当でなく、速効型インスリン製剤を使用すること。3.中間型又は持続型インスリン製剤から本剤に変更する場合:(1)以下を参考に本剤の投与を開始し、その後の患者の状態に応じて用量を増減するなど、本剤の作用特性[添付文書参照]を考慮の上慎重に行うこと。1)1日1回投与の中間型又は持続型インスリン製剤から本剤に変更する場合、通常初期用量は、中間型又は持続型インスリン製剤の1日投与量と同単位を目安として投与を開始する。2)1日2回投与の中間型インスリン製剤から本剤への切り替えに関しては、国内では使用経験がない。[添付文書参照](2)中間型インスリン製剤から本剤への切り替え直後に低血糖があらわれたので[添付文書参照]、中間型又は持続型インスリン製剤から本剤に変更する場合、併用している速効型インスリン製剤、超速効型インスリンアナログ製剤又は経口血糖降下剤の投与量及び投与スケジュールの調整が必要となることがあるので注意すること。4.経口血糖降下剤から本剤に変更する場合:投与にあたっては低用量から開始するなど、本剤の作用特性[添付文書参照]を考慮の上慎重に行うこと。5.ヒトインスリンに対する獲得抗体を有し、高用量のインスリンを必要としている患者では、他のインスリン製剤から本剤に変更することによって、本剤の需要量が急激に変化することがあるので、経過を観察しながら慎重に投与すること。
詳細は添付文書を参照。
医療従事者問い合わせ先:サノフィ(株)コールセンターくすり相談室
〒163-1488 東京都新宿区西新宿三丁目20番2号
フリーダイヤル:0120-109-905
FAX:(03)6301-3010
PDFファイル

カートリッジ製剤

製品名
製造販売元
製品写真
有効成分量/容量
有効成分 新薬価旧薬価
(円)
形状・作用時間ほか
用法および用量
用法・用量に関する使用上の注意
備考 添付文書
トレシーバ注ペンフィル
ノボ ノルディスク ファーマ(株)
トレシーバ注ペンフィル 300単位/3mL インスリン デグルデク 新薬価1847旧薬価1796
注射剤の形状
無色澄明の液
作用発現時間
該当なし(定常状態)
※定常状態において作用が持続するため
最大作用時間
明らかなピークなし
作用持続時間
>42時間
※コーカシアンと日本人の1型糖尿病患者における薬物動態プロファイルに基づいて外挿
使用期限
30カ月

通常、成人では、初期は 1 日 1 回 4~20 単位を専用のインスリンペン型 注入器を用いて皮下注射する。注射時刻は毎日一定とする。投与量は 患者の症状及び検査所見に応じて適宜増減する。他のインスリン製剤 を併用することがあるが、他のインスリン製剤の投与量を含めた維持 量は、通常 1 日 4~80 単位である。但し、必要により上記用量を超えて 使用することがある。

使用上の注意
( 1 ) 適用にあたっては、本剤の作用持続時間や患者の病状に留意 し、患者の病状が本剤の製剤的特徴に適する場合に投与する こと。
( 2 ) 毎日一定の時刻に投与させること(添付文書「 2. 重要な基本的注意」の 項( 2 )参照)。
( 3 ) 糖尿病性昏睡、急性感染症、手術等緊急の場合は、本剤のみで 処置することは適当でなく、速効型インスリン製剤を使用す ること。
( 4 ) 中間型又は持効型インスリン製剤から本剤に変更する場合 は、以下を参考に本剤の投与を開始し、その後の患者の状態 に応じて用量を増減するなど、本剤の作用特性(添付文書【薬物動態】の 項参照)を考慮の上慎重に行うこと。

1 ) Basal インスリン製剤を用いた治療、 Basal-Bolus 療法による治 療及び混合製剤による治療から本剤に切り替える場合、目安 として、前治療で使用していた Basal インスリンと同じ単位数 から投与を開始し、その後調整すること。
2 ) Basal-Bolus 療法による治療において、 1 日 2 回投与の Basal イ ンスリン製剤から本剤に切り替える場合、患者の状態に応じ て用量を決定すること。それぞれの患者の血糖コントロール に基づき減量が必要な場合もある。

( 5 ) インスリン以外の他の糖尿病用薬から本剤に切り替える場合 又はインスリン以外の他の糖尿病用薬と併用する場合は、低 用量から開始するなど、本剤の作用特性(添付文書【薬物動態】の項参 照)を考慮の上慎重に行うこと。
( 6 ) 本剤の投与開始時及びその後数週間は血糖コントロールのモ ニタリングを十分に行うこと。
併用する超速効型、速効型インスリン又は他の糖尿病用薬の 用量や投与スケジュールの調整が必要となることがある。
詳細は添付文書を参照。
医療従事者問い合わせ先:ノボ ノルディスク ファーマ(株)ノボケア相談室
〒100-0005 東京都千代田区丸の内2-1-1
フリーダイヤル:0120-180363(平日9~18時)
PDFファイル
レベミル注ペンフィル
ノボ ノルディスク ファーマ(株)
レベミル注ペンフィル 300単位/3mL インスリンデテミル 新薬価1859旧薬価1807
注射剤の形状
無色澄明の液
作用発現時間
約1.0時間
最大作用時間
3~14時間
作用持続時間
約24時間 
使用期限
30カ月

通常、成人では、初期は1日1回4~20単位を皮下注射する。注射時刻は夕食前又は就寝前のいずれでもよいが、毎日一定とする。他のインスリン製剤との併用において、投与回数を1日2回にする場合は朝食前及び夕食前、又は朝食前及び就寝前に投与する。投与量は患者の症状及び検査所見に応じて適宜増減する。なお、他のインスリン製剤の投与量を含めた維持量は、通常1日4~80単位である。但し、必要により上記用量を超えて使用することがある。

使用上の注意
1.適用にあたっては本剤の作用時間、1mLあたりのインスリン含有単位と患者の病状に留意し、その製剤的特徴に適する場合に投与すること。2.糖尿病性昏睡、急性感染症、手術等緊急の場合は、本剤のみで処置することは適当でなく、速効型インスリン製剤を使用すること。3.中間型又は持効型インスリン製剤から本剤に変更する場合は、以下を参考に本剤の投与を開始し、その後の患者の状態に応じて用量を増減するなど、本剤の作用特性(添付文書参照)を考慮の上慎重に行うこと。小児への投与にあたっても同様とすること。(1)国内の臨床試験では、中間型インスリン製剤から本剤に変更する際、前治療の70%用量より開始したが、試験終了時の用量は前治療と同様であった(添付文書参照)。(2)他の持効型インスリン製剤から本剤へ切り替えた国内での使用経験はない。(3)投与回数及び投与時期は、原則として前治療と同じ用法で切り替えること。(4)本剤への変更により本剤及び併用している超速効型又は速効型インスリン製剤の用量の調整が必要になることがある。用量の調整には、初回の投与から数週間あるいは数ヵ月間必要になることがある。4.経口血糖降下剤から本剤に変更する場合及び経口血糖降下剤と併用する場合。(1)投与にあたっては低用量から開始するなど、本剤の作用特性(添付文書参照)を考慮の上慎重に行うこと。(2)経口血糖降下剤と併用する場合は、経口血糖降下剤の投与量及び投与スケジュールの調整が必要となることがある。
詳細は添付文書を参照。
医療従事者問い合わせ先:ノボ ノルディスク ファーマ(株)ノボケア相談室
〒100-0005 東京都千代田区丸の内2-1-1
フリーダイヤル:0120-180363(平日9~18時)
PDFファイル
ランタス注カート
サノフィ(株)
ランタス注カート 300単位/3mL インスリングラルギン 新薬価1834旧薬価1783
注射剤の形状
無色澄明の液
作用発現時間
1~2時間
最大作用時間
明らかなピークなし
作用持続時間
約24時間 
使用期限

通常、成人では、初期は1日1回4~20単位をペン型注入器を用いて皮下注射するが、ときに他のインスリン製剤を併用することがある。注射時刻は朝食前又は就寝前のいずれでもよいが、毎日一定とする。投与量は、患者の症状及び検査所見に応じて増減する。なお、その他のインスリン製剤の投与量を含めた維持量は、通常1日4~80単位である。ただし、必要により上記用量を超えて使用することがある。

使用上の注意
1.適用にあたっては本剤の作用時間、1mLあたりのインスリン含有単位と患者の病状に留意し、その製剤的特徴に適する場合に投与すること。2.糖尿病性昏睡、急性感染症、手術等緊急の場合は、本剤のみで処置することは適当でなく、速効型インスリン製剤を使用すること。3.中間型又は持続型インスリン製剤から本剤に変更する場合:(1)以下を参考に本剤の投与を開始し、その後の患者の状態に応じて用量を増減するなど、本剤の作用特性[添付文書参照]を考慮の上慎重に行うこと。1)1日1回投与の中間型又は持続型インスリン製剤から本剤に変更する場合、通常初期用量は、中間型又は持続型インスリン製剤の1日投与量と同単位を目安として投与を開始する。2)1日2回投与の中間型インスリン製剤から本剤への切り替えに関しては、国内では使用経験がない。[添付文書参照](2)中間型インスリン製剤から本剤への切り替え直後に低血糖があらわれたので[添付文書参照]、中間型又は持続型インスリン製剤から本剤に変更する場合、併用している速効型インスリン製剤、超速効型インスリンアナログ製剤又は経口血糖降下剤の投与量及び投与スケジュールの調整が必要となることがあるので注意すること。4.経口血糖降下剤から本剤に変更する場合:投与にあたっては低用量から開始するなど、本剤の作用特性[添付文書参照]を考慮の上慎重に行うこと。5.ヒトインスリンに対する獲得抗体を有し、高用量のインスリンを必要としている患者では、他のインスリン製剤から本剤に変更することによって、本剤の需要量が急激に変化することがあるので、経過を観察しながら慎重に投与すること。
詳細は添付文書を参照。
医療従事者問い合わせ先:サノフィ(株)コールセンターくすり相談室
〒163-1488 東京都新宿区西新宿三丁目20番2号
フリーダイヤル:0120-109-905
FAX:(03)6301-3010
PDFファイル

バイアル製剤

製品名
製造販売元
製品写真
有効成分量/容量
有効成分 新薬価旧薬価
(円)
形状・作用時間ほか
用法および用量
用法・用量に関する使用上の注意
備考 添付文書
ランタス注100単位/mL
サノフィ(株)
ランタス注100単位/mL 1000単位/10mL インスリングラルギン 新薬価447旧薬価435(100単位/1mL)
注射剤の形状
無色澄明の液
作用発現時間
1~2時間
最大作用時間
明らかなピークなし
作用持続時間
約24時間
使用期限
2年

通常、成人では、初期は1日1回4~20単位を皮下注射するが、ときに他のインスリン製剤を併用することがある。注射時刻は朝食前又は就寝前のいずれでもよいが、毎日一定とする。投与量は、患者の症状及び検査所見に応じて増減する。なお、その他のインスリン製剤の投与量を含めた維持量は、通常1日4~80 単位である。ただし、必要により上記用量を超えて使用することがある。

使用上の注意
1.適用にあたっては本剤の作用時間、1mLあたりのインスリン含有単位と患者の病状に留意し、その製剤的特徴に適する場合に投与すること。2.糖尿病性昏睡、急性感染症、手術等緊急の場合は、本剤のみで処置することは適当でなく、速効型インスリン製剤を使用すること。3.中間型又は持続型インスリン製剤から本剤に変更する場合:(1)以下を参考に本剤の投与を開始し、その後の患者の状態に応じて用量を増減するなど、本剤の作用特性[添付文書参照]を考慮の上慎重に行うこと。1)1日1回投与の中間型又は持続型インスリン製剤から本剤に変更する場合、通常初期用量は、中間型又は持続型インスリン製剤の1日投与量と同単位を目安として投与を開始する。2)1日2回投与の中間型インスリン製剤から本剤への切り替えに関しては、国内では使用経験がない。[添付文書参照](2)中間型インスリン製剤から本剤への切り替え直後に低血糖があらわれたので[添付文書参照]、中間型又は持続型インスリン製剤から本剤に変更する場合、併用している速効型インスリン製剤、超速効型インスリンアナログ製剤又は経口血糖降下剤の投与量及び投与スケジュールの調整が必要となることがあるので注意すること。4.経口血糖降下剤から本剤に変更する場合:投与にあたっては低用量から開始するなど、本剤の作用特性[添付文書参照]を考慮の上慎重に行うこと。5.ヒトインスリンに対する獲得抗体を有し、高用量のインスリンを必要としている患者では、他のインスリン製剤から本剤に変更することによって、本剤の需要量が急激に変化することがあるので、経過を観察しながら慎重に投与すること。
詳細は添付文書を参照。
医療従事者問い合わせ先:サノフィ(株)コールセンターくすり相談室
〒163-1488 東京都新宿区西新宿三丁目20番2号
フリーダイヤル:0120-109-905
FAX:(03)6301-3010
PDFファイル
 開発中の薬剤―新薬情報―

 経口薬
  スルホニル尿素薬
  速効型インスリン分泌促進薬
  α-グルコシダーゼ阻害薬
  ビグアナイド薬
  チアゾリジン薬
  DPP-4阻害薬
  SGLT2阻害薬NEW
  • 薬剤一覧表(準備中)
  配合薬

 注射薬
  インスリン製剤
  インスリン製剤早見表
  GLP-1受容体作動薬

 医療機器・検査機器
  インスリン注入器
  インスリンポンプ
  血糖測定器・ランセット
  CGM:持続血糖測定器
  尿試験紙・尿糖計
  臨床検査機器・試薬
 基礎研究分野

メールマガジン登録無料