【新型コロナ】抗菌技術「Hydro Ag+」を活用した環境清拭材が新型コロナウイルスの感染を抑制 富士フイルム

 富士フイルムは、同社独自の抗菌技術により除菌効果が長く持続する環境清拭材「Hydro Ag+アルコールクロス/スプレー(80%)」を用いた、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)に対する効果を確認した評価試験で、99%以上のウイルスを不活化したという結果を得たと発表した。
1日2回の清拭を継続すれば20日後に99%以上のウイルス不活化を期待できる
 「Hydro Ag+ アルコールクロス/スプレー(80%)」は、独自の抗菌技術「Hydro Ag+(ハイドロ エージープラス)」により、銀系抗菌剤と室温で硬化する超親水ポリマーがアルコール溶液中に安定的に分散されている環境清拭材。

 同製品を使用すると、対象物がアルコール除菌されるとともに、対象物の表面に銀系抗菌剤を含む超親水コーティング層が形成され、アルコールが蒸発した後も除菌効果が持続する。

 今回の評価試験は、帯広畜産大学との共同研究の一環で実施したもので、実験室内の条件下で行われた。同製品の液剤を、それぞれ20回・40回・60回塗布した3種類の試験フィルムを用意し、塗布20日経過後に以下の評価を実施した。

 試験フィルムの液剤を塗布した面に新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)液を滴下し、その上に無加工のフィルムを被せて密着させ、室温で24時間静置。その後、SARS-CoV-2液を回収し、感染力をもつウイルス量の指標であるウイルス力価を算出。

 ウイルス力価(ウイルス感染価)は、試料中に含まれる感染力をもつウイルス量のこと。対象群と比較した際のウイルス不活化率を示している。

 その結果、液剤を40回および60回塗布した試験フィルムは、塗布20日後に99%以上のウイルス不活化が認められた。また、液剤を20回塗布した試験フィルムでも、塗布20日後に86%以上のウイルス不活化が認められた。

 この結果から、たとえば、同製品で1日2回の清拭を継続すれば、対象物の表面に銀系抗菌剤を含む超親水コーティング層が日々塗り重ねられ、10日後には86%以上のウイルス不活化効果が出始め、20日後には99%以上のウイルスを不活化することが期待できるという。

 同社は、「Hydro Ag+アルコールクロス/スプレー(80%)は、医療や介護の現場、一般家庭での環境清拭用途として活用でき、これを用いた環境清拭を継続的に実施することで、SARS-CoV-2の感染抑制の効果を期待できます」としている。

アルコールスプレー・シート Hydro Ag+ Ag+のチカラで持続除菌(富士フイルム)
[Terahata]

関連ニュース

2020年11月20日
糖尿病治療薬「インクレチン関連薬」が血糖値を改善させるメカニズムを解明 膵臓β細胞のシグナル変換が作用を決める 神戸大学
2020年11月20日
歯周病菌が骨格筋の代謝異常を引き起こす 糖尿病やサルコペニアの悪化にも寄与 東京医科歯科大
2020年11月20日
【新型コロナ】SARS-CoV-2のスパイクタンパク質をブロックして感染を阻止 高い中和活性のあるタンパク質製剤の開発へ 大阪大学など
2020年11月19日
【新型コロナ】COVID-19は短期間の変異で感染力がアップ 現在流行中のD614Gウイルスは感染効率がより高い 東大医科学研究所
2020年11月19日
【新型コロナ】抗菌技術「Hydro Ag+」を活用した環境清拭材が新型コロナウイルスの感染を抑制 富士フイルム
2020年11月18日
寄生虫が1型糖尿病の発症を抑える仕組みを解明 腸内菌が分泌する糖がT細胞を誘導 自己免疫疾患の予防・治療に新たな光
2020年11月18日
患者が亡くなる前の医療や療養についての全国調査結果 「医療には満足しているが、つらい気持ちや負担感も大きい」 がん研究センター
2020年11月18日
新型コロナとA/B型インフルエンザのウイルスを同時に検出する検査薬が保険適用 インフルエンザ流行期に備えて ロシュ
2020年11月13日
左室駆出率が低下した心不全患者でSGLT2阻害薬「ジャディアンス」が慢性腎臓病の有無を問わず心および腎アウトカムを改善
2020年11月13日
【新型コロナ】感染対策の意識を高めるのは「自己決定」 周囲の視線を気にし過ぎると社会的混乱に 日本人の「恐怖感」を調査

関連コンテンツ

編集部注:
  • 海外での研究を扱ったニュース記事には、国内での承認内容とは異なる薬剤の成績が含まれています。
  • 2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で表わすようになりました。過去の記事は、この変更に未対応の部分があります。ご留意ください。
ページのトップへ戻る トップページへ ▶