アンケート「糖尿病の治療とはげましの言葉」 糖尿病患者のモチベーションははげましを受けると向上する

 糖尿病ネットワークでは「糖尿病の治療とはげましの言葉」についてアンケートを実施しました。

 糖尿病の治療は継続しておこなっていくことが重要ですが、そのモチベーションはどのように維持していますか?何か悩んでいるとき、周囲の人からはげましてもらった経験がある方は少なくないと思いますが、糖尿病の治療においてはどうでしょうか?

 ご家族、ご友人、主治医の先生・・・周囲の人からの「はげましの言葉」についてどのように感じるか、今回、患者さんにお話を伺いました。
はげましの言葉は糖尿病治療に対してプラスの気持ちに
 周囲からのはげましの言葉についてお聞きしたところ、6割の方が「糖尿病治療継続のサポートになる」と感じていました。半数以上の患者さんでは、はげましの言葉が糖尿病治療に対してプラスの気持ちにはたらいているようです。
Q 糖尿病治療を継続するにあたって、周囲からのはげましの言葉はサポートになると感じますか?
アンケート結果の全ては下記ページでご覧ください。

TOPICS

✔ はげましの言葉は糖尿病治療に対してプラスの気持ちに

「何についてのはげましが一番嬉しいか」"血糖自己測定・血糖管理"が最も多い!

「はげましの言葉は誰からもらう?「医師」「家族」「看護師」が多い結果に

はげまされる頻度はどれくらい?理想は?

アンケート「糖尿病の治療とはげましの言葉」

 これまで糖尿病患者さんや医療スタッフ向けに実施してきたアンケート結果を一挙にご紹介しています。

<アンケート「糖尿病の治療とはげましの言葉」の概要>
実施時期:2019年10月
対象:糖尿病患者さん
回答者数:427名
共催:糖尿病ネットワーク・LifeScan Japan株式会社
[Terahata]

関連ニュース

2020年03月26日
糖代謝異常者の循環器病の診療 日本循環器学会と日本糖尿病学会が合同でステートメントを公表
2020年03月26日
新規の超速効型インスリン「ルムジェブ注」承認取得 既存の超速効型インスリンよりも吸収が速い 食後投与も可能
2020年03月26日
重症低血糖の救急処置ができるグルカゴン点鼻粉末剤「バクスミー」承認取得 低血糖に簡便に対処できるはじめての点鼻剤
2020年03月26日
ジョスリン糖尿病センターなどへの留学生を募集 糖尿病・糖尿病合併症・糖尿病と全身疾患・歯科疾患に関する研究を支援 サンスター財団
2020年03月26日
2型糖尿病治療薬の配合剤「ソリクア配合注」承認取得 「ランタス」とGLP-1受容体作動薬「リキスミア」の配合剤
2020年03月26日
超速効型インスリン製剤の日本初のバイオ後続品 インスリン リスプロBS注HU「サノフィ」承認取得
2020年03月19日
アンケート「糖尿病の治療とはげましの言葉」 糖尿病患者のモチベーションははげましを受けると向上する
2020年03月19日
日本糖尿病協会が「防災リーフレット」を公開 糖尿病連携手帳にコンパクトに挟み込める 災害時に生き残るためにやっておくべきことを解説
2020年03月19日
新型コロナウイルスの感染を阻止する薬剤を同定 急性膵炎治療薬「ナファモスタット」がウイルスの侵入過程を効率的に阻止 東京大学医科学研究所
2020年03月19日
【消費者庁が注意喚起】 新型コロナウイルス予防を表示した商品に改善要請 健康食品や空気清浄機など効果は不明

関連コンテンツ

編集部注:
  • 海外での研究を扱ったニュース記事には、国内での承認内容とは異なる薬剤の成績が含まれています。
  • 2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で表わすようになりました。過去の記事は、この変更に未対応の部分があります。ご留意ください。
ページのトップへ戻る トップページへ ▶