「スーグラ錠」「スージャヌ配合錠」の重⼤な副作⽤にアナフィラキシー 厚労省が添付⽂書の改訂を指⽰

 厚⽣労働省は1月21日、「スーグラ錠25mg」「スーグラ錠50mg」「スージャヌ配合錠」について、新たに重⼤な副作⽤などが確認されたとして、添付⽂書(使⽤上の注意)改訂の指⽰を出した。

 「重大な副作用」の項に「ショック、アナフィラキシー」を表記するよう求めた。国内の症例が集積したため、専⾨委員の意⾒も踏まえた調査の結果、 改訂することが適切と判断した。
「イプラグリフロジンL-プロリン含有製剤の「使用上の注意」の改訂について
一般名・販売名・承認取得者)
(1) イプラグリフロジンLプロリン
  「スーグラ錠25mg」「スーグラ錠50mg」(アステラス製薬株式会社)
(2) シタグリプチンリン酸塩水和物・イプラグリフロジンL-プロリン
  「スージャヌ配合錠」(MSD株式会社)

効能・効果
(1) 2型糖尿病、1型糖尿病
(2) 2型糖尿病 ただし、シタグリプチンリン酸塩水和物及びイプラグリフロジンL-プロリンの併用による治療が適切と判断される場合に限る。

改訂の概要
(1) 「重大な副作用」の項に「ショック、アナフィラキシー」を追記する。
(2) 「重大な副作用」の項の「アナフィラキシー反応」を「ショック、アナフィラキシー」に変更する。

改訂の理由および調査の結果
イプラグリフロジンL-プロリンの国内症例が集積したことから、専門委員の意見も踏まえた調査の結果、改訂することが適切と判断した。

直近3年度の国内症例の集積状況
【転帰死亡症例】
ショック、アナフィラキシー関連症例
(1) 2例(うち、医薬品と事象との因果関係が否定できない症例2例)【死亡0例】
(2) 0例
(販売開始年月:2018年5月)

医薬品医療機器総合機構 使用上の注意の改訂指示通知(医薬品)
[Terahata]

関連ニュース

2020年01月31日
【新型コロナウイルス感染症に備えて】 日本感染症学会・日本環境感染学会が「冷静な対応を」と呼びかけ
2020年01月31日
「オゼンピック」が心血管系リスク低下を適応として米国で承認 経口セマグルチドの「Rybelsus」の心血管系への安全性も確認
2020年01月30日
2型糖尿病治療薬「SGLT2阻害薬」の肝蔵での糖産生に与える影響はインスリン抵抗性の有無で異なる
2020年01月30日
幹細胞からダイレクトリプログラミング法で膵β細胞を作出 1型糖尿病の再生医療の開発を目指す 順天堂大学
2020年01月29日
血管の老化が糖尿病を引き起こす 血管内皮細胞の老化が脂肪細胞のインスリン作用不全を引き起こす
2020年01月24日
厚労省が「日本人の食事摂取基準(2020年版)」を公表 脂質異常症と高齢者のフレイルに対策 よりきめ細かな食事指導が必要に
2020年01月24日
「スーグラ錠」「スージャヌ配合錠」の重⼤な副作⽤にアナフィラキシー 厚労省が添付⽂書の改訂を指⽰
2020年01月22日
インスリンに糖鎖が結合した新しい分子「グリコインスリン」の合成に成功 線維化しない新しいインスリン分子を創製 大阪大
2020年01月22日
難治性の傷を治す「シルクエラスチン」を開発 糖尿病性皮膚潰瘍などの慢性創傷に有効 産官学連携で医師主導の治験を実施
2020年01月22日
SGLT2阻害薬「フォシーガ」の慢性心不全治療薬としての効能・効果追加を申請 DAPA-HF試験結果を受け

関連コンテンツ

編集部注:
  • 海外での研究を扱ったニュース記事には、国内での承認内容とは異なる薬剤の成績が含まれています。
  • 2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で表わすようになりました。過去の記事は、この変更に未対応の部分があります。ご留意ください。
ページのトップへ戻る トップページへ ▶