杉山 新さん「1型糖尿病の子ども達とレアル・マドリードの試合観戦を」

1型糖尿病で元Jリーガーの杉山 新さんが、1型糖尿病の子供たちとスペインのサッカーリーグ、レアル・マドリード戦を応援しに行く渡航費用調達のため、クラウドファンディングを実施。9月30日までに450万円を集めたいと関係者へ協力を呼びかけている。
1型糖尿病を乗り越え、世界トップクラスでプレーする
レアル・マドリードのナチョ・フェルナンデス選手の試合を
みんなで観にいきたい!

皆さんこんにちは。元Jリーガー、現在埼玉県春日部でロスタースクールで指導者として活動している杉山新と申します。23歳の時に、「1型糖尿病」を発症し、戦力外通告を受け、サッカー選手として生きていくことを諦めました。

「もうサッカーを諦めなくてはいけない。」大人の私ですら、戸惑い、落ち込み、夢諦めてしまう、そんな病気です。常にインスリンを携帯し、毎日注射する必要があるのです。 そして多くの方の支えもあり、「もう一度サッカー選手としてピッチに立ちたい。」と決意してから、その後10年間プロサッカー選手としてプレーを続けてこれました。

そして、私がこの病気と向き合う中でいちばんの驚きだったのは、この病気と闘っている子どもたちが日本だけでも数万人いるということでした。「慣れれば平気でしょう。」決してそんなことはありません。毎日注射を打つことに絶望し、注射を中断した7歳の子どもが亡くなるという事件も起きています。

私はその事件を聞いた時、これまで味わったことがないような、とてつもない悔しさを感じました。「生きることを諦めて欲しくない。」そんな気持ちから、子どもたちに力強く勇気を持って成長してもらうために企画を立ち上げました。

それは私と同じ1型糖尿病を乗り越え、現役でプレーを続けているレアル・マドリードのナチョ・フェルナンデス選手の試合を今年の12月にみんなで観にいくというものです。「どんな状況でも、夢を諦めて欲しくない!」そんな思いを伝えたいです。しかし、企画したはいいものの、資金がありません。そこで今回皆様に5人の子どもたちをナチョ選手のところまで連れて行く費用をご支援したいただきたいと思い、クラウドファンディングを立ち上げました。

安全に渡航するためにも全体で450万円の費用を皆様にご支援していただきたいと思っております。どうか皆様の温かいご支援をお願いできないでしょうか。

元Jリーガー杉山新×ナチョ選手!! 1型糖尿病の子ども達を欧州へ

詳しくは、https://readyfor.jp/projects/13501

【関連情報】

インスリンポンプ情報ファイル

1型糖尿病と生きるー挑戦を希望にー杉山新アメブロ

[dm-rg.net]

糖尿病情報スクランブル 新着記事

編集部注:
  • 海外での研究を扱ったニュース記事には、国内での承認内容とは異なる薬剤の成績が含まれています。
  • 2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で表わすようになりました。過去の記事は、この変更に未対応の部分があります。ご留意ください。
ページのトップへ戻る トップページへ ▶