高齢患者さんの糖尿病治療 「患者さんのほんね 医療者のホンネ」

 糖尿病ネットワークで行ったアンケートの自由記述欄にいただいたコメントを紹介する「患者さんのほんね、医療者のホンネ」。第5回は「高齢患者さんの糖尿病治療」をテーマに、患者さんが抱える悩みやご意見をご紹介します。
詳細はこちら

 高齢化が進む現在の日本社会で、御高齢の糖尿病患者さんが直面している問題はさまざまです。先日の日本糖尿病学会年次学術集会では、日本糖尿病学会と日本老年医学会が合同で「高齢者糖尿病の血糖コントロール目標値」を発表しました(詳細 ▶)。

 患者さんご自身のインスリンや薬による治療から、周りにいらっしゃる御家族や地域のサポート、医療費の問題などでお悩みの方は多くいらっしゃると言われています。また、インスリンの注射や服薬、血糖値の測定や食事の管理など、糖尿病の治療には多くの作業が求められます。その病いを抱えた御高齢の方をどのようにサポートしていくのかは、今後の日本の大きな課題でもあります。

 今回、公開した患者さんや医療スタッフの"ホンネ"を知り、皆で乗り越えるきっかけになれば幸いです。

患者さんのほんね、医療者のホンネ
第5回 高齢患者さんの糖尿病治療

「患者さんのほんね、医療者のホンネ」

第1回 糖尿病の不便・不満・ストレス
第2回 患者さんと医師・医療スタッフの相性
第3回 災害への備え -東日本大震災からの教訓-
第4回 糖尿病患者さんの恋愛・結婚・出産を考える
第5回 高齢患者さんの糖尿病治療

ネットワークアンケート

食事、運動、治療法、医療費など、糖尿病ネットワークが行った数々のアンケートの一覧です。 詳しくはこちら

糖尿病情報BOX&Net.

糖尿病医療に携わる医療スタッフ向けに糖尿病関連領域の最新情報を発信するニュースレター。毎号、糖尿病に関するアンケートを実施しています。 詳しくはこちら

[dm-rg.net]
編集部注:
  • 海外での研究を扱ったニュース記事には、国内での承認内容とは異なる薬剤の成績が含まれています。
  • 2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で表わすようになりました。過去の記事は、この変更に未対応の部分があります。ご留意ください。
ページのトップへ戻る トップページへ ▶