【プレゼント】カロリー・糖質コントロール中にも甘みを「パルスイート® カロリーゼロ」サンプル&糖尿病の食事ガイド

 

 このたび糖尿病リソースガイドは、ユーザーの皆さまへのプレゼント企画を実施します。

 "食"と"健康"、そして明日のよりよい生活に貢献することを理念としている味の素株式会社より、医療・保健指導スタッフの皆さまを対象に「パルスイート® カロリーゼロ」シリーズのサンプルと、「糖尿病の食事ガイド」、「カロリー&糖質オフおやつレシピ」をプレゼントいたします。

 カロリー&糖類の摂取量をコントロールされている方に砂糖の代わりの甘みづけとして利用できる本シリーズのサンプルを1000名にプレゼントします。同時に、「パルスイート® カロリーゼロ」液体200gボトルも特別に10本プレゼント!

 さらに、栄養指導に活用できる「糖尿病の食事ガイド」と「カロリー&糖質オフおやつレシピ」をセットでお届けします。

 お申込みは2021年4月16日(金)まで。先着順1000セットとなりますので、お早めのご応募をお待ちしています!

糖類ゼロだから血糖値にほとんど影響を与えない「パルスイート®」シリーズ

 血糖値が上がる原因は、飲食などにより摂取された糖質や糖類により、血液中のブドウ糖の濃度が上がることによるものです。

 今回ご提供する「パルスイート®」シリーズの製品は、糖類を含まないか体内に吸収されにくい糖質しか含んでいないため、血糖値にほとんど影響を与えません。糖類の摂取量をコントロールされている方に、砂糖の代わりの甘みづけとしてご活用いただけます。

 また、「パルスイート® カロリーゼロ」は、小さじ一杯(3g/0kcal)が砂糖の大さじ1杯(約9g/約35kcal)と同じ甘さで、いつものお食事に簡単に取り入れやすいのが特徴です。液体タイプは計量がしやすく、サッと料理になじみやすいので、煮物や酢の物、冷たい飲み物やデザート作りにおすすめです。

「甘み」も楽しみながら、食事療法を続けやすく

 「パルスイート® カロリーゼロ」は低栄養・ロコモ対策に力を入れている東松山医師会病院の三上 健一先生(栄養科:管理栄養士)にもご活用いただいています。

 「甘いものが我慢できない方には、「パルスイート® カロリーゼロ」をおすすめしています。砂糖を置き換えるだけなので実践しやすく、甘みを我慢せずに食事療養も続けやすくなります。退院時にはサンプルと一緒に「パルスイート® カロリーゼロ」を使った献立表も一緒にお渡ししているので、満足度も高いです。退院後も自宅で続けられる指導を行うことで、入院中の短いスパンでも行動変容へ導くことができています。

 また、「甘みにはリラックスやストレスを軽減させる効果があり、喫食量を増やす大きな要素になります。しかし、砂糖での甘み付けは血糖値を上げてしまいます。そこで当院では、「パルスイート® カロリーゼロ」を食欲改善の一助として病院食にも活用しています」と話しています。

 ※臨床や給食現場で活躍している管理栄養士さんや調理師さんにインタビューを行う「パルゼロ®」活用集Vo.08より抜粋。

お申込みについて

 今回は、医療・保健指導スタッフの皆さまに、以下の5点をプレゼントします。日々の栄養指導や特定保健指導の際に、ぜひお役立てください。

〇応募締切日:2021年4月16日(金)
 ※1000セット に達した時点で、期限を待たずに申し込みを締め切らせていただきます。

〇セット内容(1セット):
1.「パルスイート® カロリーゼロ」スティック2本入り(試供品)×50個
2.「パルスイート® カロリーゼロ」液体200gボトル×10本
3.商品リーフレット(B5・6P)×50部
4.糖尿病の食事ガイド(B5・16P)×10部
5.カロリー&糖質オフおやつレシピ(A4・2P)×50部

〇発送について:
・商品のお届けは、2021年5月中を予定しております。
・お申込みは先着順となります。
・結果は発送をもって代えさせていただきます。
※個人情報の取り扱いは「個人情報保護方針」をご覧ください。

※本企画は保健指導リソースガイドと合同開催となります。

■関連情報

[提供:味の素株式会社]
[dm-rg.net]

関連ニュース

2021年03月22日
【プレゼント】カロリー・糖質コントロール中にも甘みを「パルスイート® カロリーゼロ」サンプル&糖尿病の食事ガイド
2019年04月26日
「FreeStyleリブレ」の使用目的が改訂 「補助」から変更へ 糖尿病の自己管理に使用
2018年11月14日
"防ごう、備えよう!低血糖―低血糖時のアクションプラン"公開 糖をはかる日
2018年10月04日
「10月8日は、糖をはかる日」講演会 「これからの糖尿病コントロール」【講演会レポート】
2018年03月20日
全国生活習慣病予防月間2018「少食」イラスト・漫画コンテスト優秀作品を発表!
2018年03月19日
実践!スローカロリー「上手な糖質活用のノウハウを教えます」
2018年02月20日
【参加者募集】医療スタッフ向け講演会「" 実践!スローカロリー " ~上手な糖質活用のノウハウを教えます」
2018年02月14日
【全国生活習慣病予防月間講演会レポート】「生活習慣病」と「がん」その予防に共通するキーワードは?
2018年01月18日
太るとなぜ糖尿病になるのか? 肝臓の糖取り込み機能をコントロールする分子「Sirt2」を特定 金沢大
2017年11月21日
糖尿病の食事療法を継続するためのポイント 食を楽しみながら成功に導く

関連コンテンツ

編集部注:
  • 海外での研究を扱ったニュース記事には、国内での承認内容とは異なる薬剤の成績が含まれています。
  • 2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で表わすようになりました。過去の記事は、この変更に未対応の部分があります。ご留意ください。
ページのトップへ戻る トップページへ ▶