【新型コロナ】大気汚染がCOVID-19の重症化をきたすメカニズムを解明 PM2.5がウイルスの侵入ロを拡大 京都大

©YCU-CDC, amana/Hydroid
 京都大学は、大気汚染が新型コロナ感染症の発症や重症化をきたすメカニズムを解明したと発表した。PM2.5が新型コロナウイルスの侵入口を拡大するという。
 とくに「2型肺胞上皮細胞」という肺の伸展維持に重要な細胞で、新型コロナウイルスの細胞内への侵入口である「ACE2」と、侵入を促す「TMPRSS2」という2つのタンパク質が増加していることを明らかにした。
大気汚染のある地域でCOVID-19が重症化
 大気汚染、とくに大気中のPM2.5など、微小な粒子(PM)による汚染状況が悪い地域で、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の発症数や重症者数、死亡者数が多いという調査結果が、世界各地から報告されている。

 しかし、大気汚染とCOVID-19の発症や悪化との関連について、これまで実験的な検証はなく、大気中のPMがどのようなメカニズムでCOVID-19の発症や重症化をきたすのかは、明らかにされていなかった。

 新型コロナウイルスが体内に侵入する際には、感染する対象(ヒトなどの宿主)の細胞にある「ACE2」と「TMPRSS2」という2つの分子が重要であり、この2つの分子が多くなるほど感染を起こしやすく、重症化しやすいと考えられている。

 ACE2は、新型コロナウイルスの細胞内への侵入の際に入口となる分子。ウイルスのもつ鍵に対応する鍵穴そのものに相当する。また、TMPRSS2は、タンパクを分解する酵素のひとつで、新型コロナウイルスの表面のスパイクタンパク質を分解することで細胞内への侵入を促す。鍵を回して扉を開ける役割を担っている。

 京都大学の研究グループは、サイクロン法で大気中から採取したPMを吸い込んだマウスの肺で、その後起こる変化を「多重免疫染色」という方法を用いて検討した。

 多重免疫染色は、組織の中のタンパク質を検出する免疫組織化学染色という手法のひとつ。従来の方法に脱色・抗体の剥離という工程を加え、染色を繰り返すことで、ひとつの組織サンプル上で複数のタンパク質の検出を行うことを可能にする。

新型コロナウイルスの生体・細胞への侵入口

出典:京都大学、2021年
PMが新型コロナウイルスの侵入ロ、侵入経路を拡大
 その結果、とくに「2型肺胞上皮細胞」という肺の伸展維持に重要な細胞で、新型コロナウイルスの細胞内への侵入ロであるACE2と、侵入を促すTMPRSS2の2つのタンパク質が増加していること、すなわちPMが新型コロナウイルスの侵入ロ、侵入経路を拡大していることが明らかになった。

 とくに、「サーファクタント」という物質を作り、肺の伸展維持に重要な役割を演じる2型肺胞上皮細胞への影響が顕著であることがはじめて示された。サーファクタントは、2型肺胞上皮細胞が分泌する界面活性剤の総称であり、これにより肺の虚脱を防ぐ作用がある。

 研究は、京都大学大学院地球環境学堂の高野裕久教授、佐川友哉工学研究科特別研究学生らの研究グループによるもの。研究成果は、米学術誌「Environmental Research」にオンライン掲載された。

出典:京都大学、2021年

 今回の研究は、日本国内で採取したPMを用い、「PMを大量に吸い込んだマウスの肺で、2つのタンパク分子が同一の細胞(とくに2型肺胞上皮細胞という細胞)で増加している」ことを世界ではじめて示したもの。

 PMの採取にあたっては、慶應義塾大学理工学部の奥田知明教授らによるサイクロン法を用い、実際の環境中のPMを粒子そのままのかたちで用いることが可能になった。また、タンパク質分子の解析、および画像の解析にあたっては、京都府立医科大学大学院耳鼻咽喉科・頭頸部外科学の辻川敬裕学内講師らによる、多重免疫染色およびイメージサイトメトリーという新たな方法を用いることで、2つのタンパクの局在(どこにあるのか)を1つの切片上で、かつ定量的に(どの程度あるのか)、評価することが可能になった。

 「COVID-19の発症、重症化予防対策として、新型コロナウイルスの侵入ロ、侵入経路の抑制対策に注目することも重要であると考えられ、医学的対策だけでなく、PMを含めた大気汚染や室内空気汚染に対する環境的な対策が役に立つ可能性があることが示されました」と、研究者は述べている。

 「今後は、ヒトの細胞や他の動物種における研究とともに、どのような粒子や成分がCOVID-19の発症・重症化をもたらすのか、また、それを予防・軽減する薬剤にはどのようなものがあるのかを明らかにしていく予定です」としている。

京都大学大学院地球環境学堂
Exposure to particulate matter upregulates ACE2 and TMPRSS2 expression in the murine lung(Environmental Research 2021年2月3日)

【特集】新型コロナウイルス感染症

[Terahata]

関連ニュース

2021年03月23日
【新型コロナ】アストラゼネカ製COVID-19ワクチンはベネフィットが上回ると結論 「血栓症は根拠なし」 英国医薬品・医療製品規制庁と欧州医薬品庁
2021年03月23日
【新型コロナ】国産COVID-19ワクチンの第1/2相試験を新たに2社が開始 第一三共とKMバイオロジクス アンジェスは第2/3相試験での接種を完了
2021年03月23日
【新型コロナ】嗅覚チェックで無症状感染者を早期発見 「簡易嗅覚確認キット」を開発 順天堂大学
2021年03月23日
スタチンに対する効果が減弱している症例で心不全リスクが増加 スタチンによるコレステロール低下作用が乏しい症例は15.2% 国循が調査
2021年03月19日
テルモ、海外での糖尿病治療のデジタル化を推進 情報管理システム(DMS)で測定データを一元管理
2021年03月18日
糖尿病網膜症発症に関わるゲノム領域を同定 遺伝的要因を解明 新たな予防法・治療薬開発の足がかりに 理化学研究所
2021年03月18日
【新型コロナ】抗うつ薬「クロミプラミン」が新型コロナウイルスの細胞侵入を防ぐ 既存薬と作用点が異なり併用療法も期待できる
2021年03月18日
【新型コロナ】医師の9割がワクチンを「接種するだろう」と回答 ワクチンの「情報が不足している」との声も多い
2021年03月18日
【新型コロナ】「医療機関での感染恐怖」の払拭が治療中断や病状悪化を予防するために重要 定期通院中の患者のうち38%で受診頻度が減少
2021年03月18日
肝臓-筋肉の代謝制御ネットワークを解明 肥満症にともなう高血糖症や2型糖尿病などの全容解明を期待

関連コンテンツ

編集部注:
  • 海外での研究を扱ったニュース記事には、国内での承認内容とは異なる薬剤の成績が含まれています。
  • 2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で表わすようになりました。過去の記事は、この変更に未対応の部分があります。ご留意ください。
ページのトップへ戻る トップページへ ▶