「眩しくない眼底カメラ」の実用機を開発 近赤外光を光源に使用 大阪大学病院などで実用機を用いた検証を開始

 奈良先端科学技術大学院大学とナノルクスは、撮影時に近赤外光を光源とし、可視光域の照明光を必要としない「眩しくない眼底カメラ」の実用機の開発に成功した。
 この眼底カメラは、近赤外光のみでフラッシュ光を用いないため、従来の眼底カメラよりもさらに侵襲が低く、安全性が高まり、無散瞳で眼球の血管を含む構造の広範囲・詳細な観察を行うことができるとしている。
 大阪大学医学部附属病院などで昨年10月より、実用機を用いた検証を実施している。
フラッシュ光を使わず、近赤外光のみで眼底撮影
 奈良先端科学技術大学院大学とナノルクスは、撮影時に近赤外光を光源とし、可視光域の照明光を必要としない「眩しくない眼底カメラ」の実用機の開発に成功した。

 さらに、ナノルクスと共同研究を行う大阪大学大学院医学系研究科眼科学(西田幸二教授)および大阪大学医学部附属病院AI医療センター(川崎良特任教授(常勤))での検証を開始した。検証期間は2020年10月~2021年3月。

 通常の眼底カメラは、可視光のフラッシュを用いて眼底を撮影するため、とても眩しく、無散瞳では1回目の撮影で縮瞳するのでそれ以降の繰り返し撮影が困難であることや小児での撮影が困難であるなどの制限があった。

 新たに開発した眼底カメラは、近赤外光のみで、フラッシュ光を用いないため、従来の眼底カメラよりもさらに侵襲が低く、安全性が高まり、無散瞳で眼球の血管を含む構造の広範囲・詳細な観察を行うことができる。

 さらに、眼底映像を簡易に患者の負担を小さく撮影できるようにすることで、眼底撮影がより容易になり、眼疾患のみならず、高血圧などの生活習慣病の早期発見にも寄与することが期待される。

 研究は、奈良先端科学技術大学院大学先端科学技術研究科 物質創成科学領域 光機能素子科学研究室の太田淳教授らによるもの。

近赤外光眼底カメラで撮影した眼底画像

出典:奈良先端科学技術大学院大学、2020年
近赤外光眼底カメラによる低侵襲の検査
 ナノルクスは、茨城県つくば市で創業された、産総研技術移転ベンチャー。暗闇でも近赤外線のみで撮影を可能にする「近赤外線カラー暗視技術」の商用利用を促進している。

 その用途は、防犯カメラ、車載カメラ、医療カメラなど多岐にわたる。これまでのカメラ製品の構造をほとんど変える必要がなく、導入コストを最小限に抑えることができるとしている。

 今回開発した「眩しくない眼底カメラ」では、ナノルクスの近赤外線カラー眼底カメラNLX-FD001に、近赤外線照明と一体化した円筒レンズを組み合わせることで、小型化と高操作性を実現した。

 また、阪大病院での検証は、近赤外光眼底カメラを用いて正常者および実患者で主要な解剖学的部位と異常所見の撮影を行い、医師の使用感などを確認することを目的とし、近赤外光眼底カメラにより低侵襲に検査できることが示されれれば、極めて臨床的意義が高いとしている。

 なお、これまで10件を超える病院現場での撮影を行い、実用動作の上で支障ないことが確認できている。この眼底カメラ開発は、科学技術振興機構(JST)戦略的創造研究推進事業ACCEL(JPMJAC1601)の支援を得て進められている。

近赤外光眼底カメラ

出典:奈良先端科学技術大学院大学、2020年

奈良先端科学技術大学院大学 先端科学技術研究科
光機能素子科学研究室
ナノルクス
大阪大学大学院医学系研究科眼科学
大阪大学医学部附属病院AI医療センター
[Terahata]

関連ニュース

2021年02月09日
患者さんの2人に1人がインスリン注射の「打ち忘れ」を経験 ネットワークアンケートより
2021年02月09日
【新型コロナ】ワクチン接種の希望は説明の仕方によって増減 丁寧に説明すれば接種希望を高められる可能性
2021年02月09日
【新型コロナ】日本医師会と日本循環器連合が心血管病診療に関する緊急声明を発表 「治療中断や受診控えで重症化する患者が増えている」
2021年02月09日
後期高齢の心疾患患者の腎機能を維持するために 身体活動量を高めて心不全悪化による再入院を予防 外来心臓リハビリが有効な治療介入に
2021年02月05日
世界初の経口投与できるGLP-1受容体作動薬「リベルサス錠」 2型糖尿病治療薬として発売 新たな治療オプションを提供
2021年02月03日
糖尿病・慢性腎臓病患者に対するSGLT-2阻害薬とGLP-1受容体作動薬の予防効果の違いを発見 SGLT-2阻害薬は心血管・腎イベントを有意に減少
2021年02月03日
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対する包括的な検査ソリューションを拡充 測定時間が15分の迅速抗原検査キットなど アボット
2021年02月03日
【新型コロナ】1回接種で効果のあるCOVID-19ワクチンの第3相試験中間解析を発表 重症疾患への予防効果は85% ジョンソン・エンド・ジョンソン
2021年02月02日
【新型コロナ】コロナ禍での自殺率は女性・子供・青年を中心に上昇 経済・生活面でのダメージが大きい人の自殺動向を注視する必要が
2021年02月02日
認知機能の低下した患者の顔は人工知能(AI)により見分けられる 認知症の早期診断を促す新たな検査法の開発へ

関連コンテンツ

編集部注:
  • 海外での研究を扱ったニュース記事には、国内での承認内容とは異なる薬剤の成績が含まれています。
  • 2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で表わすようになりました。過去の記事は、この変更に未対応の部分があります。ご留意ください。
ページのトップへ戻る トップページへ ▶