「糖尿病のある人の新型コロナウイルス感染症への対応」を公開 何に注意するべきなのか

日本糖尿病・生活習慣病ヒューマンデータ学会
 一般社団法人 日本糖尿病・生活習慣病ヒューマンデータ学会(代表理事:野田光彦・国際医療福祉大学市川病院 糖尿病・代謝・内分泌内科 病院教授)は5月14日、「糖尿病のある人の新型コロナウイルス感染症への対応」を公開した。
新型コロナウイルス感染症の知見を集積
 新型コロナウイルス感染症が拡大するなかで、糖尿病をもつ人にとって新型コロナウイルス感染症はどのような疾患なのか、また、どういった点に気を付けるべきなのかを、これまでに公表された論文データなどから、重要かつ信頼性の高いものを抽出して整理し、まとめてある。

 同学会は、糖尿病やその関連疾患について、人間(ヒューマン)でのデータに基づいた予防・治療・ケアを推進するため、それらに資するエビデンスと、根拠に基づいた医療・予防医学の発展・確立を目指して活動している。

 新型コロナウイルス感染症は新しい疾患であり、日々新規の知見が集積されている。また、感染の状況も時々刻々変わっている。このガイダンスも改訂される可能性があり、更新や追加が予定されている。

一般社団法人 日本糖尿病・生活習慣病ヒューマンデータ学会

一般社団法人 日本糖尿病・生活習慣病ヒューマンデータ学会
[Terahata]

関連ニュース

2020年05月22日
「糖尿病のある人の新型コロナウイルス感染症への対応」を公開 何に注意するべきなのか
2020年05月21日
2型糖尿病の発症リスクを高める遺伝子領域61ヵ所を新たに同定 40万人規模の東アジア人集団のゲノムワイド関連解析(GWAS)で判明 東大・理研など
2020年05月21日
糖尿病患者のiPS細胞を解析 動脈硬化を抑制する因子を発見 なぜ心血管疾患になりにくい患者がいるのか
2020年05月18日
【新型コロナウイルス】COVID-19の迅速診断法の開発に成功 唾液から25分で判定でき、機器も不要
2020年05月18日
高性能マスクの開発に着手 再使用が可能でウィルス除去効果の高いマスクを 名古屋大など
2020年05月18日
【新型コロナウイルス】オゾンでウイルスを1万分の1に不活化 実用的な条件下で除菌が可能
2020年05月14日
日本糖尿病学会が「糖尿病治療ガイド2020-2021」を発行 基本から最新情報までコンパクトに収載
2020年05月14日
日本糖尿病協会が「糖尿病連携手帳」第4版を発行
2020年05月14日
国内初の新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)抗原検査キットを発売 30分以内で判定が可能
2020年05月13日
糖尿病治療薬「フォシーガ」が左室駆出率が低下した心不全の治療薬として米国で承認 SGLT2阻害薬で初

関連コンテンツ

編集部注:
  • 海外での研究を扱ったニュース記事には、国内での承認内容とは異なる薬剤の成績が含まれています。
  • 2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で表わすようになりました。過去の記事は、この変更に未対応の部分があります。ご留意ください。
ページのトップへ戻る トップページへ ▶