日本糖尿病協会が「防災リーフレット」を公開 糖尿病連携手帳にコンパクトに挟み込める 災害時に生き残るためにやっておくべきことを解説

 日本糖尿病協会(理事長:清野裕・関西電力病院総長)は、糖尿病患者の防災意識を高めることを目的に、災害発生の前後で役立つリーフレットを制作し、ホームページで提供を開始した。
災害時に必要な情報をまとめたリーフレットを作成
 リーフレットには、糖尿病患者が災害から身を守るために必要不可欠な情報が、A4サイズの紙に両面カラーで印刷されている。コンパクトにまとめられており、四つ折りにして日本糖尿病協会発行の「糖尿病連携手帳」に挟み込んで携帯できる。

 表面には、「災害に備える」をテーマに、薬剤などの非常時携行品リスト、薬剤の名称や避難所情報、地域の災害拠点病院の連絡先記入欄に加えて、災害発生時における糖尿病管理の心得が掲載されている。

 裏面には、「避難生活を乗り切る」をテーマに、食事と運動のワンポイントアドバイスがイラスト入りで掲載されている。

 糖尿病連携手帳は、日頃の治療や検査内容を記入する手帳として、年間約200万部発行され、医療機関を通じて患者に配布されているが、これまで災害対応の情報が掲載されていなかった。

 このリーフレットを挟むことで補完でき、平時も非常時も有効活用できる手帳になる。新しい手帳に切り替える際も、リーフレット部分はそのまま移行できるため、情報のポータビリティにも優れている。

 同協会では、災害時はアナログツールが有効であることが判明していることから、避難時に糖尿病連携手帳を必ず携行するよう呼びかけている。このリーフレットを挟み込むことで、事前の準備だけでなく、万一避難生活が長期化した場合も、裏面に記された避難生活のワンポイントアドバイスを体調管理に役立てることが可能になる。

[Terahata]

関連ニュース

2020年03月19日
アンケート「糖尿病の治療とはげましの言葉」 糖尿病患者のモチベーションははげましを受けると向上する
2020年03月19日
日本糖尿病協会が「防災リーフレット」を公開 糖尿病連携手帳にコンパクトに挟み込める 災害時に生き残るためにやっておくべきことを解説
2020年03月19日
新型コロナウイルスの感染を阻止する薬剤を同定 急性膵炎治療薬「ナファモスタット」がウイルスの侵入過程を効率的に阻止 東京大学医科学研究所
2020年03月19日
【消費者庁が注意喚起】 新型コロナウイルス予防を表示した商品に改善要請 健康食品や空気清浄機など効果は不明
2020年03月17日
「フレイル健診」が4月からスタート 75歳以上の後期高齢者のフレイル対策を強化 保健指導と介護予防を一体化
2020年03月13日
2型糖尿病治療薬「オゼンピック皮下注 0.25mg SD、同0.5mg SD、同1.0mg SD」承認取得 週1回投与単回使用のGLP-1受容体作動薬
2020年03月13日
動脈硬化における炎症の新しいメカニズムを解明 血管内皮細胞の炎症性遺伝子のエピジェネティックな抑制機構が破綻
2020年03月13日
歯周病原菌が非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)を増悪させる 歯科的介入でNASHの進行を抑えられる可能性
2020年03月12日
インドネシア原産の「メリンジョ」の種子抽出物が肥満・2型糖尿病を改善 アディポネクチンを活性化
2020年03月05日
冠動脈疾患・脳卒中の10年以内の発症を予測するスコア「吹田CVDスコア」を開発 都市部の地域住民が対象 国立循環器病研究センター

関連コンテンツ

編集部注:
  • 海外での研究を扱ったニュース記事には、国内での承認内容とは異なる薬剤の成績が含まれています。
  • 2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で表わすようになりました。過去の記事は、この変更に未対応の部分があります。ご留意ください。
ページのトップへ戻る トップページへ ▶