冠動脈疾患・脳卒中の10年以内の発症を予測するスコア「吹田CVDスコア」を開発 都市部の地域住民が対象 国立循環器病研究センター

 国立循環器病研究センターは、吹田研究のデータから、都市部での地域住民を対象とした冠動脈疾患・脳卒中発症のリスクスコア(吹田心血管病スコア、吹田CVDスコア)を開発した。
10年以内のCVD発症を予測 国民の90%を占める都市部住民が対象
 脳心血管病は、世界全体で最大の死亡原因となっており、その対策が急務となっている。予防ツールとして、欧米では、冠動脈疾患の発症を予測するリスクスコアだけでなく、冠動脈疾患に脳卒中を加えた脳心血管病の発症を予測するものも開発され、すでに活用されている。しかし、日本では欧米と異なり、脳心血管病の発症全体に占める脳卒中の割合が冠動脈疾患より高く、欧米のリスクスコアをそのまま当てはめても正確な予測はできない。また、日本でも脳心血管病のリスクスコアは開発されているが、総人口の90%以上を占める都市部の住民(2015年国勢調査)を対象としたものはなかった。

 そこで国立循環器病研究センター(国循)は、国民の現状により近い吹田研究のデータを用いて、冠動脈疾患・脳卒中発症のリスクスコア「吹田CVDスコア」を開発した。

 「吹田研究」は、国循が1989年より実施しているコホート研究(研究対象者の健康状態を長期間追跡し、病気になる要因等を解析する研究手法)で、第1次コホートは1989年から、第2次コホートは1996年から実施されている。

 吹田研究の対象となっているのは、大阪府吹田市の住民基本台帳からランダムに抽出した吹田市民。全国民の約90%以上を占める都市部の住民を研究対象としているのが特徴で、その結果は国民の現状により近い傾向があると考えられる。
血圧、コレステロール、糖尿病、尿蛋白などから得点を算出
 研究グループは、吹田研究の対象者(30歳~79歳、男性:3,080人、女性:3,470人)を対象とした、冠動脈疾患・脳卒中の発症を2013年12月まで追跡したデータから、10年以内の冠動脈疾患・脳卒中発症確率を予測するスコアを開発。

 性別・年齢・血圧・Non-HDL-C/LDL-C、HDL-C、喫煙、糖尿病、尿蛋白(+1以上)という因子から得点から算出し、36点以上では冠動脈疾患・脳卒中発症確立は26%(心電図あり)、25%(心電図なし)となっている。
吹田心血管病スコア(吹田CVDスコア)

10年以内に冠動脈疾患・脳卒中が発症する確率
尿タンパクや心房細動の有無、心電図所見などを含めた予測も可能
 古典的な循環器疾患の危険因子だけでなく、尿タンパクや心房細動の有無、心電図所見(左室肥大)などを含めた予測も可能だという。さらに、各予測因子のカテゴリーの点数を合計することで、発症確率を予測することができる。

 「吹田CVDスコアは、実際の健康診断や診療の場面で一般的に行われる項目を用いて、容易に計算可能であり、冠動脈疾患・脳卒中の早期予防に広く活用できる。また、脳心血管病に関係するガイドラインの策定などに貢献することも期待される」と、研究グループは述べている。

 なお、このスコアは評価に用いた検査所見などをもった一般的な人の発症確率を示して、診療の補助に使うのが目的であり、個人の診断機器ではないとしている。

 なお、PCやスマートフォンで簡便に使えるアプリなどへの活用も期待されているが、現時点では検討中だという。

 研究は、国立循環器病研究センターOIC循環器病統合情報センター・中井陸運室長らの研究グループによるもの。研究成果は、日本動脈硬化学会の専門誌「Journal of Atherosclerosis and Thrombosis」に掲載された。

 「吹田スコアによる冠動脈疾患発症確率と脂質管理目標値」を簡便に求められるアプリ。

国立循環器病研究センターオープンイノベーションセンター
Development of a Cardiovascular Disease Risk Prediction Model using the Suita Study, a Population-Based Prospective cohort study in Japan(Journal of Atherosclerosis and Thrombosis 2020年2月6日)
[Terahata]

関連ニュース

2020年03月17日
「フレイル健診」が4月からスタート 75歳以上の後期高齢者のフレイル対策を強化 保健指導と介護予防を一体化
2020年03月13日
2型糖尿病治療薬「オゼンピック皮下注 0.25mg SD、同0.5mg SD、同1.0mg SD」承認取得 週1回投与単回使用のGLP-1受容体作動薬
2020年03月13日
動脈硬化における炎症の新しいメカニズムを解明 血管内皮細胞の炎症性遺伝子のエピジェネティックな抑制機構が破綻
2020年03月13日
歯周病原菌が非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)を増悪させる 歯科的介入でNASHの進行を抑えられる可能性
2020年03月12日
インドネシア原産の「メリンジョ」の種子抽出物が肥満・2型糖尿病を改善 アディポネクチンを活性化
2020年03月05日
冠動脈疾患・脳卒中の10年以内の発症を予測するスコア「吹田CVDスコア」を開発 都市部の地域住民が対象 国立循環器病研究センター
2020年03月03日
【新型コロナウイルス感染症】 日本臨床微生物学会が「緊急Webセミナー」を開催 日本環境感染学会が「医療機関における対応ガイド 第2版」を公開
2020年03月03日
【新型コロナウイルス感染症】 新たな検査法の開発が急ピッチで進む 検出時間を大幅短縮 今月中にも実用化か
2020年02月27日
【新型コロナウイルス感染症】日本医師会が3月を「強化月間」に位置付け 一般の医療機関での対応方法も解説
2020年02月27日
重症下肢虚血を細胞治療による血管再生で治療 患者自身の脂肪細胞から作られる「DFAT細胞」を使用 世界初の臨床研究を開始

関連コンテンツ

編集部注:
  • 海外での研究を扱ったニュース記事には、国内での承認内容とは異なる薬剤の成績が含まれています。
  • 2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で表わすようになりました。過去の記事は、この変更に未対応の部分があります。ご留意ください。
ページのトップへ戻る トップページへ ▶