【新型コロナウイルス感染症】 日本臨床微生物学会が「緊急Webセミナー」を開催 日本環境感染学会が「医療機関における対応ガイド 第2版」を公開

 日本臨床微生物学会は3月5日に、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する緊急Webセミナーを開催する。また、日本環境感染学会は3月2日に、 「医療機関における新型コロナウイルス感染症への対応ガイド(第2版)」の公開を開始した。
緊急Webセミナーを開催 日本臨床微生物学会
臨床検査に関わる対応~検体採取・検体の取り扱い・検査・結果解釈~
 日本臨床微生物学会は3月5日に、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する緊急Webセミナーを開催する。新型コロナウイルス感染症について、日本での感染拡大状況におけるフェーズが変わり、一般病・医院での受入が実施されることを想定して実施するもの。

 今回の緊急Webセミナーは、臨床検査に関わる医療従事者(医師、臨床検査技師、看護師など)を対象とした、血液検査、培養検査、PCR検査などの検体採取時の注意点、臨床検体の保管、輸送、検査時の取り扱い、PCR検査の概要と解釈などの周知を目的として実施される。

配信日時2020年3月5日(木)17:30~18:30
配信内容 講演1「診断に必要な検査と検体採取時の注意点」
細川直登(亀田総合病院 感染症科 部長)

講演2「臨床検体の取り扱いと各検査時の対応」
三澤成毅(順天堂大学医学部附属順天堂医院 臨床検査技師長)

講演3「nCoV検出のための遺伝子検査法」
青木弘太郎(東邦大学医学部 微生物・感染症学講座 助教)
視聴方法などは日本臨床微生物学会ホームページをご覧ください。
「医療機関における新型コロナウイルス感染症への対応ガイド(第2版)」を公開
 日本環境感染学会は「医療機関における新型コロナウイルス感染症への対応ガイド(第2版)」の公開を開始した。

 医療機関の診療および感染対策で適切な対応をとるための一助になるよう、2月12日に公開を開始した第1版を改訂したもの。

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)を取り巻く状況は大きく変化しており、医療現場からは個人防護具の具体的な着脱の方法や、医療従事者の曝露リスクに応じた就業制限などについての記載の要望が多く寄せられたという。

 COVID-19について「特徴」「発生状況」「臨床的特徴(病態、症状)」「診断」「治療・予防」「感染対策」「国内における患者の診療体制」「法律上の規定」「相談窓口、問い合わせ先」「参考文献、情報」の項目に分けて解説。

 同ガイドの主な対象は一般の医療機関だが、高齢者介護施設でも基本となる感染対策の参考にできる内容になっている。ガイドの内容は随時アップデートされる予定。

[Terahata]

関連ニュース

2020年08月26日
【新型コロナ】高血圧治療薬がCOVID-19重症化を予防 ACE阻害薬やARBを服用している患者は意識障害が少ない
2020年08月26日
慢性心不全治療薬「エンレスト錠」を発売 RAASの過剰な活性化を抑制し、内因性のナトリウム利尿ペプチド系を増強
2020年08月26日
【新型コロナ】子供の3人に1人が「コロナになったら秘密にする」 7割にストレス反応 成育医療研究センター調査
2020年08月25日
【新型コロナ】東大先端研などが「PCR検査拡充プロジェクト」を開始 PCR検査を無償で提供
2020年08月24日
GLP-1受容体作動薬をダイエットや痩身の目的に使うのは適応外 PMDAが注意喚起情報
2020年08月20日
日本糖尿病学会が第4次「対糖尿病戦略5ヵ年計画」を公表 糖尿病対策に関する基本方針を策定
2020年08月20日
日本糖尿病学会「糖尿病診療ガイドライン2019」を医療情報サービス(Minds)に追加
2020年08月20日
【新型コロナ】COVID-19ワクチンの生産体制整備事業 国内6社を採択 ワクチンの早期供給を促す
2020年08月20日
メトホルミン塩酸塩錠MT「明治」が承認取得 「Meijiクオリティ」のジェネリック医薬品
2020年08月11日
【新型コロナ】日本のCOVID-19による入院患者の死亡率は7.5% 欧米や中国に比べ大幅に低い 国立国際医療研究センター

関連コンテンツ

編集部注:
  • 海外での研究を扱ったニュース記事には、国内での承認内容とは異なる薬剤の成績が含まれています。
  • 2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で表わすようになりました。過去の記事は、この変更に未対応の部分があります。ご留意ください。
ページのトップへ戻る トップページへ ▶