【新型コロナウイルス感染症】 日本感染症学会・日本環境感染学会が「冷静な対応を」と呼びかけ

 新型コロナウイルスについて、メディアで連日報じられ世間に不安が広がる中、日本感染症学会と日本環境感染学会は1月29日、「新型コロナウイルス(2019-nCoV)感染症への対応について」という声明を公表した。
 「信頼できる情報(国別の症例数、死亡数など)を参考に、ウイルスの感染性、病原性を考えた対応を指導」することが必要があり、「冷静な対応」が重要と呼びかけている。
国内での感染伝播は限定的と考えられる
 両学会は今回の声明で、新型コロナウイルスについて以下のような見解を示している。
 コロナウイルスは、いわゆる風邪の原因となるウイルスの1つです。本ウイルスに関連して、より病原性の強い重症急性呼吸器症候群コロナウイルス(SARS-CoV)や中東呼吸器症候群コロナウイルス(MERS-CoV)が出現し問題となったことはご承知の通りです。細菌、ウイルスなどの病原体は、外来遺伝子の獲得や突然変異により常に強毒化する可能性が考えられます。今回の新型コロナウイルスは、遺伝学的にSARS-CoVに近縁であることが報告されています。新型コロナウイルスが従来のコロナウイルスに比べて突然変異を起こしやすいという情報はありません。また、今回のアウトブレイク中に変異を起こしてSARS-CoVに近づいているという証拠も現在のところ報告されていません。
 中国以外での感染報告例のほとんどは中国(多くが武漢市)からの旅行者であり、輸入国における二次感染例の報告はほとんどない。日本人の感染例もほとんどが武漢滞在者であり、患者家族や患者をケアした看護師・医師への二次感染例も報告されておらず、国内での感染伝播は限定的と考えられるとしている。

 さらに「これから数週間にわたり、検査される人数の増加と相まって新型コロナウイルス感染症患者は増加することが予想されます。このとき、感染源不明の二次感染例がどのくらいの頻度で検出されてくるのかは重要な情報となります」と指摘している。
死亡数だけを見てパニックになるのがもっとも危険
 中国における重症例と死亡例は今後も増え続けると予測されるが、中国以外の国での死亡例はほとんど報告されていない。死亡例に高齢者が多いとの報告もあるが、基礎疾患や患者背景に関する情報は不足している。

 両学会は新型コロナウイルスについて、「感染した人の正確な数が不明であることから、その致死率、重症化率を推定することは困難です」とした上で、「報告される死亡数だけをみて国民がパニックになることがもっとも危険です。だからといって気を緩めてもいけません。感染症の専門家としての知識と経験を総動員し、冷静に対応することが必要となります」と注意を呼びかけている。
感染が疑われる場合はただちに保健所に報告
 新型コロナウイルス感染症は、感染症法の「指定感染症」に指定され、同法の規定に応じた対策(医療費公費負担の下に隔離可能)がとられるようになった。「指定感染症」に指定された目的は感染症数の把握、制御を容易にするためであり、実際の施行は2月7日だ。

 両学会は次の通りに説明している――。
 指定感染症になったとしても、我々ができること、しなければいけないことに変わりはありません。上述した飛沫予防策、標準予防策、手洗い・手指衛生の徹底がもっとも重要です。武漢市などの中国からの訪問者で、臨床症状や検査から肺炎が疑われる場合には、直ちに行政機関に報告する必要があります。1月28日現在、国内すべての自治体の指定検査所(地方衛生研究所など)でウイルス検査が可能となっています。
正しいマスクの着脱、適切な手洗いが重要
 新型コロナウイルスは原則として飛沫感染により伝播し、現時点では空気感染の可能性は極めて低いと考えられている。したがって、感染対策は標準予防策に加えて飛沫予防策・接触予防策の徹底が基本となる。

 感染対策の基本中の基本である手指衛生の徹底、患者および医療スタッフが飛沫を直接浴びないように、サージカルマスクやガウンを着用して診療に当たることが重要だ。正しいマスクの着脱、適切な手洗いが重要であることは言うまでもない。
基本的な感染症対策に努めることが重要
 内閣官房ホームページでも、「新型コロナウイルス感染症対策」を公開。「過剰に心配することなく季節性インフルエンザと同様に咳エチケットや手洗いなどの基本的な感染症対策に努めていただくようお願いいたします」と注意を呼びかけている。

厚生労働省の電話相談窓口
電話番号 03-3595-2285

(受付時間 9:00~21:00)
1人ひとりができる新型コロナウイルス感染症対策は?
(首相官邸ホームページより)

■新型コロナウイルスに感染しないようにするために

 過剰に心配することなく、「手洗い」や「マスクの着用」を含む「咳エチケット」などの通常の感染症対策が重要です。

(1)手洗い
 ドアノブや電車のつり革など様々なものに触れることにより、自分の手にもウイルスが付着している可能性があります。外出先からの帰宅時や調理の前後、食事前などこまめに手を洗います。
(2)ふだんの健康管理
 ふだんから、十分な睡眠とバランスのよい食事を心がけ、免疫力を高めておきます。

(3)適度な湿度を保つ
 空気が乾燥すると、のどの粘膜の防御機能が低下します。乾燥しやすい室内では加湿器などを使って、適切な湿度(50~60%)を保ちます。

※マスクの効果は?
 マスクは、咳やくしゃみによる飛沫及びそれらに含まれるウイルス等病原体の飛散を防ぐ効果が高いとされています。咳やくしゃみ等の症状のある人は積極的にマスクをつけましょう。
 一方で、予防⽤にマスクを着⽤することは、混み合った場所、特に屋内や乗り物など換気が不十分な場所では一つの感染予防策と考えられますが、屋外などでは、相当混み合っていない限り、マスクを着⽤することによる効果はあまり認められていません。
 咳や発熱などの症状のある人に近づかない、人混みの多い場所に行かない、手指を清潔に保つといった感染予防策を優先して行いましょう。

■ ほかの人にうつさないために
<咳エチケット>
 くしゃみや咳が出るときは、飛沫にウイルスを含んでいるかもしれませんので、次のような咳エチケットを心がけましょう。
・マスクを着用します。
・ティッシュなどで鼻と口を覆います。
・とっさの時は袖や上着の内側でおおいます。
・周囲の人からなるべく離れます。

[Terahata]

関連ニュース

2020年03月05日
冠動脈疾患・脳卒中の10年以内の発症を予測するスコア「吹田CVDスコア」を開発 都市部の地域住民が対象 国立循環器病研究センター
2020年03月03日
【新型コロナウイルス感染症】 日本臨床微生物学会が「緊急Webセミナー」を開催 日本環境感染学会が「医療機関における対応ガイド 第2版」を公開
2020年03月03日
【新型コロナウイルス感染症】 新たな検査法の開発が急ピッチで進む 検出時間を大幅短縮 今月中にも実用化か
2020年02月27日
【新型コロナウイルス感染症】日本医師会が3月を「強化月間」に位置付け 一般の医療機関での対応方法も解説
2020年02月27日
重症下肢虚血を細胞治療による血管再生で治療 患者自身の脂肪細胞から作られる「DFAT細胞」を使用 世界初の臨床研究を開始
2020年02月27日
1型糖尿病を根治する先進的な研究を支援 新たな研究助成を募集 日本IDDMネットワーク
2020年02月19日
糖尿病網膜症での「網膜機能障害」を解明 神経栄養因子「BDNF」の減少が関与 EPA内服で発現が改善
2020年02月19日
医療ビッグデータの利活用が本格化 EHRは医療者にも患者にもメリットがある 「千年カルテプロジェクト」が進行中
2020年02月18日
【新型コロナウイルス感染症】 厚労省が「帰国者・接触者相談センター」への相談・受診の目安を公表
2020年02月14日
「医療機関における新型コロナウイルス感染症への対応ガイド」を公開 日本環境感染学会

関連コンテンツ

編集部注:
  • 海外での研究を扱ったニュース記事には、国内での承認内容とは異なる薬剤の成績が含まれています。
  • 2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で表わすようになりました。過去の記事は、この変更に未対応の部分があります。ご留意ください。
ページのトップへ戻る トップページへ ▶