DPP-4阻害薬「エクア」とメトホルミンの早期併用療法 早期併用がメトホルミン単剤より優れる

 新規発症の2型糖尿病患者で、DPP-4阻害薬「エクア」とメトホルミンの早期併用療法は、メトホルミン単剤療法よりも優れることが示された。
早期併用療法のベネフィットを検討した最初の試験
 ノバルティスは、DPP-4阻害薬「エクア錠50mg」(一般名:ビルダグリプチン)とメトホルミンによる早期併用療法の長期有効性および安全性を検討した第4相臨床試験「VERIFY」の主要結果を発表した。詳細は、欧州糖尿病学会(EASD)年次総会で発表され、「Lancet」に掲載された。

 「VERIFY」試験は、5年間の追跡期間で、エクアとメトホルミンの早期併用療法による血糖コントロール維持効果を評価するためにデザインされた第4相ランダム化二重盲検試験。2型糖尿病と診断後早期かつ治療歴がない患者2,001名(HbA1c 6.5~7.5%)を対象に、34ヵ国254施設で実施された。

 同試験では、試験前または試験中にメトホルミンの安定用量(1,000~2,000mg/日)を4週間処方された2,001名の患者を対象に、エクア50mgを1日2回追加投与群またはプラセボ投与群にランダム(1:1)に振り分けた。試験の最初の4週間は、ランダム化後にメトホルミンを2,000mg/日までの用量、または少なくとも1,000mg/日の忍容性のある最大用量に調整できるよう、両治療群のメトホルミンの用量を調整した。初期治療でHbA1c値が7.0%未満に維持されなかった場合、メトホルミン単剤療法群にプラセボの代わりにエクア50mgを1日2回投与した。

 主要評価項目は、初回治療で目標値からの脱落までの期間であり、ランダム化の13週後から連続して2回予定来院時にHbA1c≧7%と定義された。

 その結果、エクア(50mg、1日2回)とメトホルミン(1日用量1,000~2,000mg)の早期併用療法が、メトホルミン単剤療法と比較して、初回治療からの脱落までの期間の相対リスクを有意に49%低下させ、主要評価項目を達成したことが示された(HR: 0.51、95%信頼区間 [0.45、0.58]; P<0.0001)。

 また、早期併用療法では、全患者が併用療法に移行した後に治療から脱落する頻度を下げることが示された(HR: 0.74、95%信頼区間 [0.63、0.86]; P<0.0001)。

 さらに、早期併用療法で治療された患者では、メトホルミン単剤療法脱落後に併用療法を受けた患者と比較して、5年間連続して、より低いHbA1c値が示された(6.0%、6.5%または7.0%未満)。

 全体的な安全性および忍容性プロファイルは、治療群間で同様であり、未知または新規の有害事象はみられなかった。

 「2型糖尿病の管理で、現在推奨されている初回単剤療法に続いての併用療法によるアプローチは、今や過去の治療であることが明らかになった」と、オックスフォード大学糖尿病学名誉教授のデビッド マシューズ氏は述べている。

 「エクメット配合錠LD/HD」は、2 型糖尿病患者(ただし、エクアおよびメトホルミンの併用による治療が適切と判断される場合に限る)に投与可能なDPP-4阻害薬とビグアナイド薬の配合剤。

エクア錠50mg 添付文書
[Terahata]

関連ニュース

2019年10月10日
DPP-4阻害薬による炎症性腸疾患の増加は確認されず
2019年10月04日
DPP-4阻害薬「エクア」とメトホルミンの早期併用療法 早期併用がメトホルミン単剤より優れる
2019年10月04日
遺伝性の脂質異常症「家族性高コレステロール血症」 若いうちからLDL-Cが上昇
2019年10月03日
台風などの災害後は高齢患者の死亡リスクが上昇 影響は長期に及ぶ
2019年10月02日
2型糖尿病治療薬「ゾルトファイ配合注」発売 はじめての持効型溶解インスリンとGLP-1アナログの配合注射液
2019年10月02日
女性の腹部深部脂肪が糖尿病・心血管疾患により強く関連 腹部脂肪の量を測る簡便な検査法も開発
2019年10月02日
腎臓病を体外から観察できる遺伝子改変マウスを作製 腎臓病の予防を目指した薬や食品を評価
2019年09月26日
世界の2型糖尿病の新規発症率が低下傾向 予防戦略が功を奏しつつある?
2019年09月25日
超速効型インスリンアナログ製剤「フィアスプ注」承認取得 ノボラピッド注より吸収速度が速く血糖降下作用も速い ノボ
2019年09月25日
グルコース分析装置「グルテストミントII」 コンパクトと使いやすさを追求 三和化学研究所

関連コンテンツ

編集部注:
  • 海外での研究を扱ったニュース記事には、国内での承認内容とは異なる薬剤の成績が含まれています。
  • 2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で表わすようになりました。過去の記事は、この変更に未対応の部分があります。ご留意ください。
ページのトップへ戻る トップページへ ▶