2017年度の生活習慣病の医療費 糖尿病が第1位に レセプト3億8,000万件を分析

 健康保険組合連合会(けんぽれん)の2017年度のレセプト3億7,908万5,541件を対象にした生活習慣病の医療費分析で、入院外では糖尿病が医療費の第1位になった。
医科入院外で糖尿病(29%)が第1位
 健康保険組合連合会(けんぽれん)は、2017年度「生活習慣関連10疾患の動向に関する調査」を公表した。1280組合におけるレセプト3億7,908万5,541件を対象に、生活習慣病10疾患(糖尿病、脳血管障害、虚血性心疾患、動脈閉塞、高血圧症、高尿酸血症、高脂血症、肝機能障害、高血圧性腎臓障害、人工透析)の医療費について分析を行った。

 健康保険組合連合会(健保連)は、データにもとづく保健事業「データヘルス」に積極的に取り組んでおり、さまざまな角度からレセプト(医療報酬明細書)を分析している。

 それによると、2017年度の1,280組合の総医療費(医科+調剤)が約3兆4,827億円で、うち生活習慣関連10疾患医療費は約4,554億円で、全体の13.1%を占めている。診療区分別にみると、「医科入院」が591億円(13.0%)、「医科入院外」が3,964億円(87.0%)と、「医科入院外」が9割を占める。
 生活習慣関連10疾患の医療費構成の割合は、医科入院では、(1)脳血管障害(34.0%)がもっとも高く、次いで(2)虚血性心疾患(31.7%)、(3)糖尿病(12.6%)と続く。

 医科入院外では、(1)糖尿病(29.1%)がもっとも高く、次いで(2)高血圧症(29.0%)、(3)高脂血症(18.3%)と続く。年齢階層別に医療費をみると、55~59歳がもっとも高く、次いで、50~54歳、60~64歳の順となっている。
 年齢階層別に医療費構成割合をみると、40~64歳では、(1)高血圧症:30.3%がもっとも高く、次いで(2)糖尿病:29.3%、(3)高脂血症:17.5%となっている。

 1人当たり医療費を見てみると、本人では▼高血圧症:5,776円(前年度に比べて219円減)▼糖尿病:5,750円(同323円増)▼高脂血症:3,380円(同38円増)▼人工透析:2,860円(同78円増)―の順で医療費が高くなる。
健康保険組合連合会(健保連)
[Terahata]

関連ニュース

2020年07月30日
ビタミンC、カロテノイド、全粒穀物が糖尿病リスクを下げる
2020年07月16日
座位が続くときは軽い運動を間に挟むと糖代謝が改善
2020年07月09日
インスリンやメトホルミンにGLP-1受容体作動薬を追加 HbA1cが低下
2020年07月02日
GLP-1受容体作動薬の週1回投与単回使用製剤「オゼンピック皮下注SD」を発売 効能・効果は2型糖尿病
2020年07月02日
COVID-19発症1型糖尿病患者はDKAに要注意
2020年06月25日
ストレスが閉経後の2型糖尿病女性の冠動脈イベントを増やす
2020年06月18日
糖尿病患者のCOVID-19による重症化や死亡にBMIが関連
2020年06月11日
【新型コロナウイルス】血糖コントロールが良好なら糖尿病患者の重症化リスクは低い
2020年06月03日
脳卒中後の認知機能の低下に糖尿病が関与
2020年05月29日
さらに見やすく!新薬価も反映『インスリン製剤早見表2020-2021』

関連コンテンツ

編集部注:
  • 海外での研究を扱ったニュース記事には、国内での承認内容とは異なる薬剤の成績が含まれています。
  • 2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で表わすようになりました。過去の記事は、この変更に未対応の部分があります。ご留意ください。
ページのトップへ戻る トップページへ ▶