微量の血液で糖尿病や感染症のスクリーニングに役立つ検査機器 POCTでトップクラスの測定精度

 堀場製作所は、一般内科や小児科などで使える検査機器「Yumizen M100 Banalyst」を発売した。HbA1cやCRP、高感度CRPなどの項目を院内で即時検査でき、糖尿病や感染症のスクリーニングに役立つ。
マイクロタス技術を応用
 同社は開業医向けに、血球計数やCRP濃度、血糖値やHbA1cなど糖尿病に関連する検査項目で即時に検査を行い、その場で検査結果を提供する血液検査機器を展開している。糖尿病患者数の増加や患者層の高齢化、医療法改正などの市況変化により、高精度な微量血液検査システムのニーズは年々高まっている。

 「Yumizen M100 Banalyst」は、「μTAS(マイクロタス)」技術を応用した微量血液検査システムの第一弾製品。数mmから数cm角のチップ上に流体デバイスを集積することで、化学反応や生化学分析など一連の化学操作を短時間で効率的に行う技術だ。

 同製品は、液状試薬が入った使い捨てのプラスチック製チップを使用し、微量な全血を遠心力で血球分離したのち、試薬反応から光学測定までを行う。POCTでトップクラスの測定精度をもち、1枚のチップで検査室と同様の検査を行える。必要血液量は4μLで、小児科や新生児集中治療室でも使用可能だ。

 高感度CRPについては、糖尿病と感染症の密接な関連性が示されており、また第6番目の合併症ともいわれる歯周病でも炎症マーカーを用いた治療が報告されている。
Yumizen M100 Banalystの概要
測定項目HbA1c/CRP/高感度CRP/シスタチンC
販売開始日2019年5月23日
サイズ240(W)×395(D)×202(H) mm
[Terahata]

関連ニュース

2020年03月05日
高齢糖尿病患者などで血糖コントロールが厳格過ぎる 低血糖リスクが高い可能性
2020年02月27日
SGLT2阻害薬の心血管保護効果は背景因子に関わらず有意
2020年02月20日
膵島抗体スクリーニングで小児1型糖尿病リスクを評価可能
2020年02月13日
NAFLD併発2型糖尿病患者の医療費が今後20年で6兆円――米国の推計
2020年02月06日
高齢1型糖尿病患者では重症低血糖が認知機能低下のリスク
2020年01月30日
isCGMで成人1型糖尿病患者の低血糖や欠勤が有意に減少
2020年01月23日
SGLT2阻害薬で痛風発症率が低下
2020年01月16日
歯周病の治療で糖尿病の合併症が減り、費用対効果がアップ
2020年01月09日
高齢2型糖尿病患者の低血糖リスクを3項目で評価
2019年12月25日
男性は運動により空腹時GLP-1が低下し糖負荷後の応答が改善

関連コンテンツ

編集部注:
  • 海外での研究を扱ったニュース記事には、国内での承認内容とは異なる薬剤の成績が含まれています。
  • 2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で表わすようになりました。過去の記事は、この変更に未対応の部分があります。ご留意ください。
ページのトップへ戻る トップページへ ▶