疼痛治療剤「タリージェ錠」発売 糖尿病性末梢神経障害性疼痛の治療の新たな選択肢に

 第一三共は、疼痛治療剤「タリージェ錠2.5mg・5mg・10mg・15mg」(一般名:ミロガバリンベシル酸塩)を、4月15日に国内で発売した。末梢性神経障害性疼痛領域(PNP)での新たな治療の選択肢となる。
糖尿病性末梢神経障害性疼痛に罹患している患者は9~22%
 タリージェは、第一三共が創製したα2δリガンド(電位依存性カルシウムチャネルのα2δサブユニットに結合する物質)で、2019年1月に「末梢性神経障害性疼痛(PNP)」を適応として承認を取得した。この承認は、日本を含むアジアにおいて実施した糖尿病性末梢神経障害性疼痛(DPNP)患者を対象とした第3相臨床試験、帯状疱疹後神経痛(PHN)患者を対象とした第3相臨床試験の結果にもとづくもの。

 PNPは、さまざまな原因によって末梢神経に損傷や機能異常が起こり生じる痛みで、代表的なものにDPNPやPHNなどがある。

 このうち糖尿病性末梢神経障害性疼痛(DPNP)は、神経の損傷によって引き起こされる末梢性神経障害性疼痛の代表的な疾患。糖尿病性末梢神経障害は、四肢の神経障害や知覚麻痺を引き起こす疾患で、もっとも一般的で長期化する糖尿病の3大合併症のひとつ。症状として、激しい痛み、痛覚過敏、しびれ、平衡および筋肉運動障害、灼熱痛、刺痛などがあり、夜間に痛みが増すことが多く、睡眠障害にいたることもある。日本で1,000万人を超えると推測される糖尿病患者のうち、DPNPに罹患している患者の割合は9~22%と報告されている。

 また、帯状疱疹後神経痛(PHN)は、神経の損傷によって引き起こされる末梢性神経障害性疼痛の代表的な疾患で、帯状疱疹は、水痘・帯状疱疹ウイルスが神経節内に潜伏感染し、ウイルスに対する免疫力が低下することで発症する。PHNでは、帯状疱疹が治癒した後も焼けるような痛みや電気が走るような痛みが持続し、まれに筋力の低下や麻痺を引き起こす難治性疼痛のひとつと考えられている。日本で年間に50~60万人が発症している帯状疱疹患者のうち、PHNに罹患している患者の割合は10~25%とされている。
販売名タリージェ錠 2.5mg・5mg・10mg・15mg
一般名ミロガバリンベシル酸塩
効能・効果末梢性神経障害性疼痛
用法・用量通常、成人には、ミロガバリンとして初期用量1回5mgを1日2回経口投与し、その後1回用量として5mgずつ1週間以上の間隔をあけて漸増し、1回15mgを1日2回経口投与する。なお、年齢、症状により1回10mgから15mgの範囲で適宜増減し、1日2回投与する。
薬価タリージェ錠 2.5mg:1錠 78.00円
タリージェ錠 5mg:1錠 107.70円
タリージェ錠 10mg:1錠 148.70円
タリージェ錠 15mg:1錠 179.60円
製造販売承認日2019年1月8日
薬価基準収載日2019年2月26日
発売日2019年4月15日
製造販売元第一三共株式会社

タリージェ錠2.5mg/タリージェ錠5mg/タリージェ錠10mg/タリージェ錠15mg(医薬品医療機器総合機構)
[Terahata]

関連ニュース

2019年05月10日
野菜や果物、魚の摂取量が少なく、食塩が多いと、死亡リスクは3倍に上昇 日本人を29年間追跡して調査 滋賀医科大学
2019年05月10日
飲食物の甘味を伝える神経細胞を発見 甘味の心地良さに依存するメカニズムを解明 生理学研究所
2019年05月09日
糖尿病アプリの多くは患者教育やサポート機能が不十分
2019年04月26日
「FreeStyleリブレ」の使用目的が改訂 「補助」から変更へ 糖尿病の自己管理に使用
2019年04月25日
「高血圧治療ガイドライン2019」を公表 糖尿病患者の降圧目標は従来通り130/80mmHg未満 日本高血圧学会
2019年04月25日
疼痛治療剤「タリージェ錠」発売 糖尿病性末梢神経障害性疼痛の治療の新たな選択肢に
2019年04月25日
「フェニル硫酸」が糖尿病性腎臓病の原因物質 腸内細菌がもつ酵素が治療ターゲットに ヒト臨床研究で明らかに
2019年04月25日
糖尿病網膜症など眼科検査に先進技術を導入 AIにより検査画像の高画質化と検査時間の短縮を両立
2019年04月25日
フレイルの併存で2型糖尿病患者の骨折リスク増
2019年04月18日
血圧が低い場合でも循環器疾患による死亡リスクは上昇 降圧薬で血圧を下げても安心はできない

関連コンテンツ

編集部注:
  • 海外での研究を扱ったニュース記事には、国内での承認内容とは異なる薬剤の成績が含まれています。
  • 2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で表わすようになりました。過去の記事は、この変更に未対応の部分があります。ご留意ください。
ページのトップへ戻る トップページへ ▶