持続血糖測定器「Dexcom G4 PLATINUMシステム」を発売 リアルタイムでグルコース濃度の変動を確認 テルモ

 テルモは2月28日に、持続血糖測定器「Dexcom G4 PLATINUMシステム」(デクスコム G4 プラチナムシステム)を、全国の医療機関に向けて発売した。
低血糖時と高血糖時にアラートを出す安全機構も
Dexcom G4 PLATINUMシステム

Dexcom G4 PLATINUMシステム 着用イメージ
 「Dexcom G4 PLATINUMシステム」は、間質液中のグルコース濃度を測定し変化の傾向とパターンを示す持続グルコースモニタシステム。センサーを腹部などに貼り付け、皮下の間質液中のグルコース濃度を連続的に測定する。

 測定値を専用端末のモニターが受信し、患者はリアルタイムでグルコース濃度の変動を確認できる。特徴として、精度が高く、低血糖時と高血糖時にアラートを出す安全機構を備えている。

 リアルタイムCGMは間質液中のグルコース濃度を継続的に自動測定し、グルコース値の変化を常時デバイス上に表示する治療法。これまで測定の難しかった血糖変動を把握できるようになる。低グルコース閾値を適切に設定し、その際の対応を指導しておくことで、患者自身が低血糖に対して事前の対策をとれるようになると期待されている。

 持続血糖測定器の発売は、同社にとって糖尿病治療にさらに貢献するうえでの重要な一歩だという。発売した持続血糖測定器と、自社の血糖自己測定器やインスリンポンプを組み合わせて提案し、糖尿病患者のQOL(生活の質)向上に貢献するとしている。

 同製品は、持続血糖測定器で世界トップシェアの米国のデクスコム社が製造し、テルモが日本での独占販売権を有している。同社は、デクスコム社と次世代持続血糖測定器についても継続して協議する予定。

Dexcom G4 PLATINUMシステムの概要

販売名Dexcom G4 PLATINUMシステム
一般的名称グルコースモニタシステム
医療機器承認番号23000BZI00014
希望小売価格10,000円(センサー1個あたり。消費税抜き)、オープン価格(モニター、トランスミッター)
測定範囲40~400mg/dL
センサー使用期間7日間
較正スタートアップ終了後2回、初回キャリブレーションから12時間ごと
精度(MARD)10%以下
使用目的または効果 本品は、糖尿病患者の間質液中のグルコース濃度を測定し変化の傾向とパターンを示す持続グルコースモニタシステムである。本品は、皮下に挿入したセンサーにより間質液中のグルコース濃度を連続的に記録し、得られた情報をモニターに表示する。さらに、得られた情報を汎用コンピュータ及びインターネットを経由して専用ソフトウェアに送ることにより、コンピュータに表示する。これらの得られた情報により、糖尿病管理を最適化するために必要な血糖値変動パターン情報を提供する。本品によって得られた情報は通常使用する自己血糖測定を代替するものではなく、補助することを目的とする。本品は患者による在宅での使用及び医療機関での使用を意図する。

Dexcom G4 PLATINUMシステム 保険適用の概要

保険適用年月日2018年12月1日
  ◇保険適用区分B1(個別評価)
158 皮下グルコース測定用電極(2)疼痛軽減・針刺し事故防止機構付与型 6,310円
関連する技術料
<検査>
D231-2 皮下連続式グルコース測定(一連につき) 700点

◇保険適用区分C2(新機能・新技術)
【準用技術料】
<在宅医療>
C152-2 持続血糖測定器加算
(1) 2個以下の場合 1,320点
(2) 4個以下の場合 2,640点
(3) 5個以上の場合 3,300点

テルモ
[Terahata]

関連ニュース

2019年04月04日
「糖尿病標準診療マニュアル」第15版(一般診療所・クリニック向け)を公開 日本糖尿病・生活習慣病ヒューマンデータ学会
2019年04月04日
受動喫煙がCKDの発症を増やす 週に3日未満でもリスクは1.44倍に上昇
2019年04月04日
腎機能障害が2型糖尿病リスクを上昇させる 腎疾患と糖尿病の相互関係を解明
2019年04月04日
性腺機能低下症へのテストステロン療法は2型糖尿病予防に有用か
2019年03月28日
慢性腎臓病の早期診断に「D-セリン」が有用 糸球体ろ過量と強く相関 医薬基盤・健康・栄養研究所
2019年03月28日
SGLT2阻害薬「フォシーガ」 1型糖尿病に対する効能・効果の追加承認を日本で取得
2019年03月28日
肥満による基礎代謝低下の分子メカニズムを解明 肥満や2型糖尿病、脂肪肝の新たな治療法の開発へ 広島大学
2019年03月28日
京都大学などが「薬剤師教育プログラム」の開発へ 糖尿病患者の病態改善に薬剤師が積極的に関与
2019年03月28日
妊娠糖尿病女性は産後の心血管イベントリスクが高い
2019年03月26日
【レポート】スローカロリー研究会 第5回年次講演会 ゆっくり吸収されるカロリーを具体的に活用

関連コンテンツ

編集部注:
  • 海外での研究を扱ったニュース記事には、国内での承認内容とは異なる薬剤の成績が含まれています。
  • 2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で表わすようになりました。過去の記事は、この変更に未対応の部分があります。ご留意ください。
ページのトップへ戻る トップページへ ▶