世界最短・最細の注射針「ナノパスJr.」を発売 「こわくない注射針」がコンセプト

 テルモは、長さ3mm、外径34G(0.18mm)と、世界でもっとも短くもっとも細い(テルモ調べ)、ペン型注入器用ディスポーザブル注射針「ナノパスJr.」を発売した。
痛み低減への技術と工夫

 

 ナノパスは、インスリンや成長ホルモンなどを自己注射する際に使用する製品で、2005年から使用されている。「ナノパスJr.」は、2012年に発売した同シリーズの「ナノパス34」と比べ、針を1mm短くし、小児ややせ型の方など、皮膚の薄い患者にも使いやすいように改良した。

 自己注射は、場合によっては1日数回にわたり、何度も行われる治療だ。同社は、短く、細い針は、注射への恐怖心を和らげ、治療を続けやすくなることにつながるとして、「こわくない注射針」をコンセプトに開発を重ねた。

 従来のナノパス34も引き続き販売し、ナノパスシリーズとして、2021年度に年間3億本の販売を目指す。

ナノパスの製品特徴

世界でもっとも細い34G(0.18mm)
 皮膚表面には1cm²あたり100~200個の痛点が分布しており、針を細くすることで痛点に接触する確率を下げることができる。

「アシンメトリーエッジ」でスムーズな挿入
 皮膚への挿入をスムーズにするために、独自の非対称刃面構造(アシンメトリーエッジ)を採用。針を突き刺すのではなく、刀のような鋭い刃先で小さく切るような設計。

「ダブルテーパー構造」で薬剤注入の抵抗を少なく
 薬剤を注入する際の抵抗を抑えるために、外径内径ともに先へ行くほど細くなるダブルテーパー構造を採用。テーパーの角度は緩やかにすることで針にかかる力を分散し、必要な強度を確保している。

一般的名称医薬品・ワクチン注入用針
販売名ナノパスニードルII
医療機器承認番号22400BZX00071
希望小売価格2,100円(税抜)70本入り
[Terahata]

関連ニュース

2019年08月08日
DPP-4阻害薬「スイニー」にLDLコレステロール低下作用 スタチン服用中のハイリスク2型糖尿病患者で
2019年08月08日
FDAが初の経鼻グルカゴン製剤を承認 重症低血糖治療の新たな選択肢
2019年08月02日
糖尿病合併症の検査の実施率に全国で格差 糖尿病腎症の検査の実施率は最高31.6%、最低10.8% 国立国際医療研究センター
2019年08月02日
糖尿病性腎症の予後因子としてタンパク尿の重要性を解明 腎生検にもとづく長期・大規模コホート研究「糖尿病性腎症レジストリー」
2019年08月01日
「SGLT2阻害薬」はケトアシドーシスに注意 「患者への説明も含めた十分な対策が必要」と呼びかけ 日本糖尿病学会
2019年08月01日
血糖自己測定(SMBG)の再評価が始まっている SMBGは糖尿病の管理を向上させる有用なツール
2019年08月01日
SGLT2阻害薬使用で血糖値が正常でも糖尿病性ケトアシドーシスを発症
2019年07月30日
2017年度の生活習慣病の医療費 糖尿病が第1位に レセプト3億8,000万件を分析
2019年07月26日
医師からの共感を経験した2型糖尿病患者の臨床転帰が改善 英研究
2019年07月26日
経口セマグルチドを日本で2型糖尿病治療薬として承認申請 GLP-1アナログの錠剤

関連コンテンツ

編集部注:
  • 海外での研究を扱ったニュース記事には、国内での承認内容とは異なる薬剤の成績が含まれています。
  • 2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で表わすようになりました。過去の記事は、この変更に未対応の部分があります。ご留意ください。
ページのトップへ戻る トップページへ ▶