糖尿病患者の仕事と治療の両立を支援 スマホのオンラインサービスを利用 中部ろうさい病院と共同で実施

 MICIN(マイシン)は、名古屋市港区の中部ろうさい病院と共同で、糖尿病患者が仕事と治療を両立できるよう支援する取り組みを2019年2月に開始した。
 オンライン診療サービス「クロン」を使って通院の負担を減らすほか、患者の担当医と職場の産業医や上司がオンラインで情報を交換できる仕組みを提供し、患者が病状にあわせて働けるようサポートする。
医師と勤務先とで患者の情報を共有
 MICINは、医療データをAIなどで解析するデータソリューション事業やオンライン診療サービス「クロン」などを手がけている。「クロン」は、スマートフォンなどで予約から問診、受診、クレジットカードなどによる決済などもできるサービス。

 対象となるのは、愛知機械工業など9社の従業員で、中部ろうさい病院に通う糖尿病患者約20人。患者はオンライン診療サービス「クロン」を使い、予約から問診、受診を行う。

 患者の担当医は「クロン」のシステムを通じ、患者の勤務先の産業医や上司と病状や治療方針、就労時の注意点などを共有する。一方、患者の勤務先は就労状況や職種、勤務時間などについての情報をオンラインで医師に提供する。

 医師と勤務先によるこうした情報の共有より、病状に合わせた治療方針の決定や糖尿病患者の働き方を支援できるという。

 厚生労働省の「平成26年患者調査」によると、日本で糖尿病の通院治療を受けている患者数は316万人。国立国際研究センター・糖尿病センターの「糖尿病受診中断対策マニュアル」によると、糖尿病患者の1割近くが受診を中断している。

 治療中断の理由は、「仕事(学業)のため忙しい」(23.7%)が多い。治療中断者は重症化して合併症を起こすことが多いことを示した調査もあり、治療の継続を促すことが大切だ。治療継続のために医療機関と勤務先が連携して患者をサポートすることが求められている。

 2019年には関連法案が施行され、企業にとっては従業員の健康管理への配慮が求められる。今回の両立支援は約1ヵ月間の実験的な取り組みだが、同社は今後は関東など他地域の病院とも同様の両立支援を実施するとしている。
MICIN
オンライン診療サービス「クロン」
中部ろうさい病院
国立国際研究センター 糖尿病センター「糖尿病受診中断対策マニュアル」
[Terahata]

関連ニュース

2019年02月15日
AIで糖尿病の経口血糖降下薬の処方を最適化 どの薬が最適かをAIが提示 札幌医科大学ら
2019年02月15日
高血圧症治療剤のアムバロ配合錠「ファイザー」の自主回収(クラスI)を開始 ファイザー
2019年02月15日
肥満を制御する酵素を発見 L-PGDSが肥満やインスリン抵抗性を進展 東大
2019年02月15日
脂肪細胞のインスリンシグナルを調節し、2型糖尿病やメタボの発症を予防する新規分子を発見
2019年02月14日
糖尿病患者の仕事と治療の両立を支援 スマホのオンラインサービスを利用 中部ろうさい病院と共同で実施
2019年02月14日
1型糖尿病患者の多くはHbA1c目標値に達していない 米調査
2019年02月08日
糖尿病治療薬の薬剤料 2017年度は4,271億円に増加 SGLT-2阻害薬、GLP-1受容体作動薬の処方が増える
2019年02月08日
日本人集団の2型糖尿病に関わる新たな遺伝子領域を発見 日本人20万人規模のゲノムワイド解析を実施 東大、理研など
2019年02月08日
後期高齢者の6割が3疾患以上の慢性疾患を併存 75歳以上の後期高齢者約131万人分のレセプト情報を分析
2019年02月08日
「HbA1c」を直接に酸化できる酵素を創製 シンプルで短時間の測定が可能に

関連コンテンツ

編集部注:
  • 海外での研究を扱ったニュース記事には、国内での承認内容とは異なる薬剤の成績が含まれています。
  • 2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で表わすようになりました。過去の記事は、この変更に未対応の部分があります。ご留意ください。
ページのトップへ戻る トップページへ ▶