「HbA1c」を直接に酸化できる酵素を創製 シンプルで短時間の測定が可能に

 京都大学は、糖尿病診断マーカーである「HbA1c」臨床検査試薬に応用が可能な改変酵素「HbA1c ダイレクトオキシダーゼ(HbA1cOX)」の創製に成功したと発表した。タンパク質分解酵素を用いない「1ステップ法」により、従来のHbA1c測定試薬よりも、シンプルで短時間にHbA1cを測定できるようになるという。
協和メデックスが保有する酵素の構造を改変 HbA1cに直接作用する酵素を創製
 研究は、京都大学大学院農学研究科の橋本渉教授、摂南大学の村田幸作教授、協和メデックスらの研究グループによるもの。研究成果は、国際学術誌「Scientific Reports」オンライン版に掲載された。

 臨床検査でさまざまなHbA1c測定試薬が開発され、使用されているが、近年開発された「HbA1c酵素測定法」は抗体を用いる方法に比べて、安価かつ扱いやすいという特長があり、普及が進んでいる。

 現行のHbA1c酵素測定法は、糖化ペプチドオキシダーゼ(FPOX)を主要な酵素として使用するが、FPOXは大きな分子であるHbA1cと直接反応できない。そのため、前処理としてタンパク質分解酵素でHbA1cの分解処理を行い、生成されたF-VH(フルクトシルバリルヒスチジン)を測定することで、間接的にHbA1cを測定する(2ステップ法)。

 タンパク質分解酵素を用いない「1ステップ法」はより簡便な測定法になると期待されるが、直接HbA1c分子に作用する酵素が自然に見つからない、あるいは作ることができないことから、実現していなかった。

 研究グループは今回、協和メデックスが保有する酵素「AnFPOX-15」の構造を改変させることで、HbA1cに直接作用する酵素「HbA1cOX」を創製し、HbA1cの1ステップ酵素測定法を開発することを目的に研究を開始。

 AnFPOX-15は本来、直接HbA1cに作用することができない酵素。構造改変の手がかりを得るためにAnFPOX-15のX線結晶構造解析を行ったところ、AnFPOX-15の活性部位の入口が、大きな分子であるHbA1cにとって狭すぎて直接反応できないことが分かった。

 そこで、活性部位の入口を形成するアミノ酸(R61:61位アルギニン)を、より小さなアミノ酸(G61:61位グリシン)に置き換えて、入り口を拡張するように構造を改変したところ、HbA1cへの反応性のきっかけとなる新たな反応性を得るのに成功した。

 さらに、ランダム変異(分子進化的手法)を織り交ぜて改変を進め、反応性を段階的かつ飛躍的に上昇させた。最終的にAnFPOX-15を構成するアミノ酸のうち10個を置き換えることによって、改変酵素「AnFPOX-47」を取得。

 このAnFPOX-47が、タンパク質分解酵素を用いなくてもHbA1cと直接反応できる酵素、すなわち「HbA1cOX」であると、世界ではじめて実験的に証明することに成功した。

 そこで、AnFPOX-47を使用してHbA1cの測定試薬を試作したところ、臨床の場で使用されている既存のHPLC(高速液体クロマトグラフィー)による測定法と良好な相関が得られることがわかり、新しい測定法として機能することが示された。

 研究グループは現在、創製したHbA1cOX(AnFPOX-47)を用いて実用的なHbA1c測定試薬(臨床検査薬)の開発を進めている。今後は、世界的な要求に応えるべく開発を推進し、1日も早く実用化したい、と述べている。

Creation of haemoglobin A1c direct oxidase from fructosyl peptide oxidase by combined structure-based site specific mutagenesis and random mutagenesis(Scientific Reports 2019年1月30日)
[Terahata]

関連ニュース

2019年02月15日
AIで糖尿病の経口血糖降下薬の処方を最適化 どの薬が最適かをAIが提示 札幌医科大学ら
2019年02月15日
高血圧症治療剤のアムバロ配合錠「ファイザー」の自主回収(クラスI)を開始 ファイザー
2019年02月15日
肥満を制御する酵素を発見 L-PGDSが肥満やインスリン抵抗性を進展 東大
2019年02月15日
脂肪細胞のインスリンシグナルを調節し、2型糖尿病やメタボの発症を予防する新規分子を発見
2019年02月14日
糖尿病患者の仕事と治療の両立を支援 スマホのオンラインサービスを利用 中部ろうさい病院と共同で実施
2019年02月14日
1型糖尿病患者の多くはHbA1c目標値に達していない 米調査
2019年02月08日
糖尿病治療薬の薬剤料 2017年度は4,271億円に増加 SGLT-2阻害薬、GLP-1受容体作動薬の処方が増える
2019年02月08日
日本人集団の2型糖尿病に関わる新たな遺伝子領域を発見 日本人20万人規模のゲノムワイド解析を実施 東大、理研など
2019年02月08日
後期高齢者の6割が3疾患以上の慢性疾患を併存 75歳以上の後期高齢者約131万人分のレセプト情報を分析
2019年02月08日
「HbA1c」を直接に酸化できる酵素を創製 シンプルで短時間の測定が可能に

関連コンテンツ

編集部注:
  • 海外での研究を扱ったニュース記事には、国内での承認内容とは異なる薬剤の成績が含まれています。
  • 2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で表わすようになりました。過去の記事は、この変更に未対応の部分があります。ご留意ください。
ページのトップへ戻る トップページへ ▶