日本動脈硬化学会が「スタチン不耐に関する診療指針2018」を公開 スタチンによる有害事象を6章・3CQで解説

 日本動脈硬化学会は「スタチン不耐に関する診療指針2018」の公開を開始した。同指針は、日本人におけるスタチン不耐について、その頻度と臨床像を明らかにするとともに、適切な血中LDLコレステロール(LDL-C)低下療法の実践を目的に作成されたもの。
治療対象患者に適した治療手段を選択するための道筋を示す
 日本では高コレステロール血症および高LDL-C血症に対して6種類のスタチンが使用されている。

 指針では「スタチン不耐」を、「スタチン服用に伴って見られる有害事象により、服用者の日常生活に許容困難な障害が生じ、その結果服薬中断や減量に至るもの」と定義。

 クリニカルクエスチョン(CQ)とそれへの回答、スタチンによる有害事象の成因と対策、今後の課題など6章で構成されている。CQは次の3項目が設けられている。

CQ1:日本人におけるスタチン不耐(服用継続困難)の頻度は?
  CQ1-2:スタチンの種類別にその頻度に差はあるか?
  CQ1-3:日本人におけるスタチン不耐(服用継続困難)の理由とその頻度は?
CQ2:日本人におけるスタチン不耐(服用継続困難)は、動脈硬化性心血管病予防効果、さらには予後に影響を及ぼすか?
Q3:日本人におけるスタチン不耐(服用継続困難)への対策は?

 スタチンによる有害事象として「筋障害」「肝障害」「中枢神経への影響」「耐糖能への影響」「腎機能障害との関連」を示し、腎機能障害における投与量の考え方を整理している。

筋障害:スタチンによる筋有害事象、スタチン関連筋症状(SAMS)、血清クレアチニンキナーゼ(CK)について、それぞれの病態や症状を解説。また、スタチンによる筋有害事象の評価を、SAMSの有無と血清CK値に基づき4つの区分(カテゴリーA、B、C、D)に分け、それぞれの推奨アプローチをフローチャート方式で表示している。

肝障害:スタチンによる治療中に軽度の肝障害を伴うことがあるが、多くの場合は一過性で用量を変更せずに治療を継続しても回復する。まれではあるが、肝不全や自己免疫性肝炎を発症することがあるため、ALTや総ビリルビンなどをみながら休薬や専門医へのコンサルトを考慮し、他剤への変更を検討することが推奨される。

認知機能への影響:スタチンに関連した認知機能障害が疑われる場合には、神経心理検査の実施、必要に応じのスタチンは漸減中止、水溶性スタチンへの切り替えなどを考慮する必要がある。

耐糖能への影響:スタチンが糖尿病の新規発症を増加させるという報告があり、スタチンによる糖尿病の新規発症の増加は用量依存性であり、高強度スタチンほど増加しやすいことが示唆されている。スタチンを投与する場合には糖尿病の新規発症や、耐糖能の悪化に注意して観察する必要がある。
 ただし、そうした場合でもスタチンによる心血管イベント抑制効果が上回るため、投与を中止することは勧められない。投与量の減量、他のスタチンへの変更、他剤の併用などは考慮する余地がある。

腎機能への影響:スタチン投与に伴う有害事象は、腎機能低下に伴って増加することが知られている。腎障害患者に対するスタチン投与時に、最大用量のスタチン投与は推奨されない。CKD患者におけるスタチン使用は低用量にとどめ、減量に随時対応できるように定期的な腎機能検査の実施が推奨される。

 なお、指針では今後の課題として、日本が超高齢社会を迎えていること、加齢は動脈硬化性心血管疾患の最大の危険因子でることを考慮し、新たなCQとして「高齢者におけるスタチン投与では、非高齢者と異なる対応が必要か」についても今後検討が望まれるとしている。

日本動脈硬化学会
  スタチン不耐に関する診療指針2018
[Terahata]

関連ニュース

2019年04月04日
「糖尿病標準診療マニュアル」第15版(一般診療所・クリニック向け)を公開 日本糖尿病・生活習慣病ヒューマンデータ学会
2019年04月04日
受動喫煙がCKDの発症を増やす 週に3日未満でもリスクは1.44倍に上昇
2019年04月04日
腎機能障害が2型糖尿病リスクを上昇させる 腎疾患と糖尿病の相互関係を解明
2019年04月04日
性腺機能低下症へのテストステロン療法は2型糖尿病予防に有用か
2019年03月28日
慢性腎臓病の早期診断に「D-セリン」が有用 糸球体ろ過量と強く相関 医薬基盤・健康・栄養研究所
2019年03月28日
SGLT2阻害薬「フォシーガ」 1型糖尿病に対する効能・効果の追加承認を日本で取得
2019年03月28日
肥満による基礎代謝低下の分子メカニズムを解明 肥満や2型糖尿病、脂肪肝の新たな治療法の開発へ 広島大学
2019年03月28日
京都大学などが「薬剤師教育プログラム」の開発へ 糖尿病患者の病態改善に薬剤師が積極的に関与
2019年03月28日
妊娠糖尿病女性は産後の心血管イベントリスクが高い
2019年03月26日
【レポート】スローカロリー研究会 第5回年次講演会 ゆっくり吸収されるカロリーを具体的に活用

関連コンテンツ

編集部注:
  • 海外での研究を扱ったニュース記事には、国内での承認内容とは異なる薬剤の成績が含まれています。
  • 2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で表わすようになりました。過去の記事は、この変更に未対応の部分があります。ご留意ください。
ページのトップへ戻る トップページへ ▶