肥満に対する新たな薬理学的アプローチを発見 骨から分泌されるGluOCが脂肪細胞の細胞死をコントロール

 骨が全身の糖・脂質代謝を活性化する内分泌機能でもあることが注目されている。福岡歯科大学の研究グループは、低カルボキシル化ないしは無カルボキシル化されたオステオカルシン(GluOC)が脂肪細胞を細胞死へと導くシグナル経路の発見した。
 このGluOCは膵島β細胞、肝臓、骨格筋、小腸、脳、性腺などさまざまな臓器に作用することが報告されている。研究グループは脂肪細胞におけるGluOCの影響がその濃度により異なることを分子レベルでで解明した。
肥満に対する新たな薬理学的アプローチとなる可能性
 骨は造血やミネラルの貯蔵庫としても重要な器官だが、最近の研究で全身の糖・脂質代謝を活性化する内分泌機能でもあることが分かってきた。この骨の内分泌機能を担うのが骨に含まれる「オステオカルシン(OC)」だ。

 OCはGlaタンパクであり、分子内に3ヵ所のカルボキシル化される領域があるが、ホルモンとしての機能をもつのは低カルボキシル化ないしは無カルボキシル化したOCだ。研究グループはこれを「GluOC」と呼び、これまでGluOCの糖・脂質代謝に対する影響を解析するために脂肪細胞株(3T3-L1細胞)を使用しその効果を検証してきた。

 その結果、低い濃度のGluOCは脂肪細胞において糖・脂質代謝活性化ホルモンであるアディポネクチンの発現を亢進させる効果があることを突き止め、その発現に至るまでのシグナル経路について明らかにした。

 この研究の過程で、GluOCを高濃度にすると、逆にアディポネクチンの分泌量が見かけ上、低下することを見出した。その時に約3割の脂肪細胞が細胞死することも発見。この高濃度GluOCによる細胞死は細胞膜の破綻、核の膨化および脂肪滴の小型化などを伴い、ネクローシス様の細胞死であっため、GluOC刺激により誘導されるネクローシスであることからネクロトーシスであると考えた。
 この細胞死が誘発されるシグナル経路を解析する中で発見したユニークな点はGluOCが作用した脂肪細胞に隣接する脂肪細胞に対して細胞死が誘導されるという点だ。つまり、GluOCが作用する脂肪細胞自体はアディポネクチンの発現が亢進し、代謝に有利な性質を獲得するが、同時に細胞膜上にFasLという細胞死を導く因子の発現を亢進させ、このFasLが隣接した脂肪細胞に働いて細胞死を誘導するというものだ。

 つまり、GluOCはすべての脂肪細胞に細胞死をもたらすのではなく、間引きするようにその細胞数を減少させ、生き残った多くの脂肪細胞は代謝活性の高い性質になると考えられるという。

 今回の研究は、メタボリックシンドロームの根源である肥満に対する新たな薬理学的アプローチとなる可能性がある。研究は福岡歯科大学組織学分野の大谷崇仁助教と稲井哲一朗教授、同大学の平田雅人客員教授および九州大学歯学研究院の松田美穂准教授らの研究グループによるもの。詳細は英国のオンライン科学雑誌「Cell Death & Disease」電子版に掲載された。

福岡歯科大学
Osteocalcin triggers Fas/FasL-mediated necroptosis in adipocytes via activation of p300(Cell Death & Disease 2018年12月13日)
[Terahata]

関連ニュース

2019年03月01日
糖尿病治療をサポート 持続血糖測定器「Dexcom G4 PLATINUMシステム」を発売 リアルタイムでグルコース濃度の変動を確認 テルモ
2019年02月28日
2型糖尿病患者「冬に数値が悪化」 HbA1cなどは季節変動している JDDMデータベースを解析
2019年02月28日
糖尿病の運動療法に新展開 運動により増えるアディポカインが糖代謝を改善 ジョスリン糖尿病センター
2019年02月26日
世界最短・最細の注射針「ナノパスJr.」を発売 「こわくない注射針」がコンセプト
2019年02月22日
中年期に高血糖でも適切に管理すれば循環器病リスクは低下 国立循環器病研究センター
2019年02月22日
2型糖尿病患者への肥満手術でインスリンが不要に 肥満手術の術後早期の血糖上昇抑制のメカニズムを解明 徳島大
2019年02月22日
運動が心筋梗塞発症後の腎機能低下を防ぐ 歩数が多いほどeGFRが良好に 患者の自主的なウォーキングがカギに
2019年02月19日
アルコールががんや生活習慣病を引き起こす「少酒の勧め」 全国生活習慣病予防月間2019 公開講演会 レポート
2019年02月19日
日本腎臓学会と日本糖尿病学会の専門医間の紹介基準を作成 両学会の連携を強化
2019年02月15日
糖尿病治療薬の薬剤料 2017年度は4,271億円に増加 SGLT-2阻害薬、GLP-1受容体作動薬の処方が増える

関連コンテンツ

編集部注:
  • 海外での研究を扱ったニュース記事には、国内での承認内容とは異なる薬剤の成績が含まれています。
  • 2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で表わすようになりました。過去の記事は、この変更に未対応の部分があります。ご留意ください。
ページのトップへ戻る トップページへ ▶