2型糖尿病治療剤「トラディアンス配合錠」発売 DPP-4阻害薬とSGLT2阻害薬の配合剤

 日本ベーリンガーインゲルハイムと日本イーライリリーは、DPP-4阻害薬「トラゼンタ錠」(一般名:リナグリプチン)と、SGLT2阻害薬「ジャディアンス錠」(一般名:エンパグリフロジン)の配合剤である2型糖尿病治療剤「トラディアンス配合錠AP/BP」を、11月20日に発売した。
DPP-4阻害薬「トラゼンタ錠」とSGLT2阻害薬「ジャディアンス錠」の配合剤
 「トラディアンス配合錠AP」は、トラゼンタ錠5㎎とジャディアンス錠10㎎との配合剤、「トラディアンス配合錠BP」は、トラゼンタ錠5㎎とジャディアンス錠25㎎との配合剤。

 DPP-4阻害薬とSGLT2阻害薬の配合剤により、患者の服薬負担を軽減し、アドヒアランスを高め、より良好な血糖コントロールが得られることが期待できるとしている。

 「トラゼンタ錠」は胆汁排泄型のDPP-4阻害薬。あらゆる腎機能の成人2型糖尿病患者にシンプルに同一用量で投与できる。心血管イベントや腎イベント、またはその両方のリスクが高い成人2型糖尿病患者を対象とした「CARMELINA」試験で主要評価項目を達成し、プラセボと同等の心血管安全性を示した。

 「ジャディアンス錠」は、心血管イベントの発症リスクが高い2型糖尿病患者を対象とした「EMPA-REG OUTCOME」試験で主要評価項目である複合心血管イベント(心血管死、非致死的心筋梗塞、非致死的脳卒中)のリスクを14%、心血管死のリスクを38%、全死亡のリスクを32%、心不全による入院のリスクを35%有意に減少させた。同剤は、事前に規定された心血管アウトカムに特化した試験で、糖尿病治療薬としてはじめて心血管死ならびに全死亡を有意に減少させたSGLT2阻害薬。

 「トラディアンス配合錠」の製造・販売は日本では日本ベーリンガーインゲルハイムが行い、医療機関への情報提供活動は日本ベーリンガーインゲルハイムと日本イーライリリーが共同で行う。
製品名トラディアンス配合錠AP、トラディアンス配合錠BP
一般名エンパグリフロジン、リナグリプチン
効能・効果2型糖尿病
ただし、エンパグリフロジン及びリナグリプチンの併用による治療が適切と判断される場合に限る。
用法・用量通常、成人には1日1回1錠(エンパグリフロジン/リナグリプチンとして10mg/5mg又は25mg/5mg)を朝食前又は朝食後に経口投与する。
製造販売承認日2018年9月21日
薬価基準収載日2018年11月20日
薬価トラディアンス配合錠AP 283.30円、トラディアンス配合錠BP 395.60円
[Terahata]

関連ニュース

2019年03月01日
糖尿病治療をサポート 持続血糖測定器「Dexcom G4 PLATINUMシステム」を発売 リアルタイムでグルコース濃度の変動を確認 テルモ
2019年02月28日
2型糖尿病患者「冬に数値が悪化」 HbA1cなどは季節変動している JDDMデータベースを解析
2019年02月28日
糖尿病の運動療法に新展開 運動により増えるアディポカインが糖代謝を改善 ジョスリン糖尿病センター
2019年02月26日
世界最短・最細の注射針「ナノパスJr.」を発売 「こわくない注射針」がコンセプト
2019年02月22日
中年期に高血糖でも適切に管理すれば循環器病リスクは低下 国立循環器病研究センター
2019年02月22日
2型糖尿病患者への肥満手術でインスリンが不要に 肥満手術の術後早期の血糖上昇抑制のメカニズムを解明 徳島大
2019年02月22日
運動が心筋梗塞発症後の腎機能低下を防ぐ 歩数が多いほどeGFRが良好に 患者の自主的なウォーキングがカギに
2019年02月19日
アルコールががんや生活習慣病を引き起こす「少酒の勧め」 全国生活習慣病予防月間2019 公開講演会 レポート
2019年02月19日
日本腎臓学会と日本糖尿病学会の専門医間の紹介基準を作成 両学会の連携を強化
2019年02月15日
糖尿病治療薬の薬剤料 2017年度は4,271億円に増加 SGLT-2阻害薬、GLP-1受容体作動薬の処方が増える

関連コンテンツ

編集部注:
  • 海外での研究を扱ったニュース記事には、国内での承認内容とは異なる薬剤の成績が含まれています。
  • 2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で表わすようになりました。過去の記事は、この変更に未対応の部分があります。ご留意ください。
ページのトップへ戻る トップページへ ▶