2型糖尿病治療剤「トラディアンス配合錠」発売 DPP-4阻害薬とSGLT2阻害薬の配合剤

 日本ベーリンガーインゲルハイムと日本イーライリリーは、DPP-4阻害薬「トラゼンタ錠」(一般名:リナグリプチン)と、SGLT2阻害薬「ジャディアンス錠」(一般名:エンパグリフロジン)の配合剤である2型糖尿病治療剤「トラディアンス配合錠AP/BP」を、11月20日に発売した。
DPP-4阻害薬「トラゼンタ錠」とSGLT2阻害薬「ジャディアンス錠」の配合剤
 「トラディアンス配合錠AP」は、トラゼンタ錠5㎎とジャディアンス錠10㎎との配合剤、「トラディアンス配合錠BP」は、トラゼンタ錠5㎎とジャディアンス錠25㎎との配合剤。

 DPP-4阻害薬とSGLT2阻害薬の配合剤により、患者の服薬負担を軽減し、アドヒアランスを高め、より良好な血糖コントロールが得られることが期待できるとしている。

 「トラゼンタ錠」は胆汁排泄型のDPP-4阻害薬。あらゆる腎機能の成人2型糖尿病患者にシンプルに同一用量で投与できる。心血管イベントや腎イベント、またはその両方のリスクが高い成人2型糖尿病患者を対象とした「CARMELINA」試験で主要評価項目を達成し、プラセボと同等の心血管安全性を示した。

 「ジャディアンス錠」は、心血管イベントの発症リスクが高い2型糖尿病患者を対象とした「EMPA-REG OUTCOME」試験で主要評価項目である複合心血管イベント(心血管死、非致死的心筋梗塞、非致死的脳卒中)のリスクを14%、心血管死のリスクを38%、全死亡のリスクを32%、心不全による入院のリスクを35%有意に減少させた。同剤は、事前に規定された心血管アウトカムに特化した試験で、糖尿病治療薬としてはじめて心血管死ならびに全死亡を有意に減少させたSGLT2阻害薬。

 「トラディアンス配合錠」の製造・販売は日本では日本ベーリンガーインゲルハイムが行い、医療機関への情報提供活動は日本ベーリンガーインゲルハイムと日本イーライリリーが共同で行う。
製品名トラディアンス配合錠AP、トラディアンス配合錠BP
一般名エンパグリフロジン、リナグリプチン
効能・効果2型糖尿病
ただし、エンパグリフロジン及びリナグリプチンの併用による治療が適切と判断される場合に限る。
用法・用量通常、成人には1日1回1錠(エンパグリフロジン/リナグリプチンとして10mg/5mg又は25mg/5mg)を朝食前又は朝食後に経口投与する。
製造販売承認日2018年9月21日
薬価基準収載日2018年11月20日
薬価トラディアンス配合錠AP 283.30円、トラディアンス配合錠BP 395.60円
[Terahata]

関連ニュース

2019年04月04日
「糖尿病標準診療マニュアル」第15版(一般診療所・クリニック向け)を公開 日本糖尿病・生活習慣病ヒューマンデータ学会
2019年04月04日
受動喫煙がCKDの発症を増やす 週に3日未満でもリスクは1.44倍に上昇
2019年04月04日
腎機能障害が2型糖尿病リスクを上昇させる 腎疾患と糖尿病の相互関係を解明
2019年03月28日
慢性腎臓病の早期診断に「D-セリン」が有用 糸球体ろ過量と強く相関 医薬基盤・健康・栄養研究所
2019年03月28日
SGLT2阻害薬「フォシーガ」 1型糖尿病に対する効能・効果の追加承認を日本で取得
2019年03月28日
肥満による基礎代謝低下の分子メカニズムを解明 肥満や2型糖尿病、脂肪肝の新たな治療法の開発へ 広島大学
2019年03月28日
京都大学などが「薬剤師教育プログラム」の開発へ 糖尿病患者の病態改善に薬剤師が積極的に関与
2019年03月26日
【レポート】スローカロリー研究会 第5回年次講演会 ゆっくり吸収されるカロリーを具体的に活用
2019年03月25日
抗血小板剤「ブリリンタ」が2型糖尿病合併の安定した冠動脈疾患患者の心血管イベントを低減
2019年03月14日
糖尿病治療の質は向上 しかし眼底や尿アルブミンの検査の実施率は低い 全国の374万超のレセプトデータを解析 国立国際医療研究センター

関連コンテンツ

編集部注:
  • 海外での研究を扱ったニュース記事には、国内での承認内容とは異なる薬剤の成績が含まれています。
  • 2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で表わすようになりました。過去の記事は、この変更に未対応の部分があります。ご留意ください。
ページのトップへ戻る トップページへ ▶