次世代型「マイクロニードル」を開発 光渦レーザー加工技術を用いた微細針 NEDO事業に採択

 マイクロニードルなどの医療機器を手掛けるシンクランドは、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の平成30年度「研究開発型ベンチャー支援事業/企業間連携スタートアップに対する事業化支援」にて、テーマ名「ホローマイクロニードルによる次世代型医療用DDSの実用化開発」に採択されたと発表した。助成金は最大7,000万円。
光渦レーザー加工技術を用いた次世代型DDS
 「ホローマイクロニードル」は、生体適合材料を用いた直径100um以下の微細針であり、無痛かつ中空部分から薬剤の適量注入が可能であり、痛みのない次世代型の医療用DDSとしての応用開発が進められている。

 同社が、光学設計・実装技術と高速電気信号処理技術をコア技術として、2016年より千葉大学および北海道大学により開発された光渦レーザー加工技術におけるマイクロニードル作製に関する基本特許の独占的実施権許諾にもとづく技術移転を受け、世界ではじめて開発した。

 同社は、シミックCMO、日本コルマー、ミサワ医科工業と共同研究契約を締結し、同助成事業により、ホローマイクロニードルにて投与する薬剤の選定および性能評価(前臨床試験・安定性試験等)、ホローマイクロニードル形成用シートおよびシートを用いた新規インジェクタ・キャップ構造開発などを行う。

 投薬時の痛みを回避し、投薬中の中断や投薬量の簡便な調節を可能とする次世代型DDSの実現を目指す。
シンクランド
[Terahata]

関連ニュース

2019年06月19日
アセンシアが「血糖管理ソリューション(IDMS)」を開発中 2型糖尿病患者のHbA1C値を減少
2019年06月19日
「トルリシティ」が幅広い2型糖尿病患者の主要心血管イベントを有意に減少 REWIND試験
2019年06月19日
世界初の経口GLP-1受容体作動薬「セマグルチド」 MACEのリスクを増大させないことを確認
2019年06月19日
日本初のインスリンとGLP-1受容体作動薬の配合剤「ゾルトファイ配合注 フレックスタッチ」が承認取得
2019年06月19日
速効型インスリン分泌促進薬/食後過血糖改善薬配合剤「グルベス配合OD錠」発売
2019年06月13日
免疫チェックポイント阻害薬投与後に1型糖尿病を発症する原因を解明
2019年06月13日
2型糖尿病はNAFLD患者の肝線維化進展のリスク因子か
2019年06月12日
米国糖尿病学会が新ガイドラインを発表 糖尿病腎症の推奨を更新 SGLT2阻害薬を評価
2019年06月06日
メトホルミンの添付文書改訂へ 禁忌の「腎機能障害」はeGFR30未満に 厚労省・安全対策調査会
2019年06月06日
大腿骨近位部骨折で2型糖尿病患者の全死亡リスク増 日本人患者の大規模コホート研究を解析

関連コンテンツ

編集部注:
  • 海外での研究を扱ったニュース記事には、国内での承認内容とは異なる薬剤の成績が含まれています。
  • 2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で表わすようになりました。過去の記事は、この変更に未対応の部分があります。ご留意ください。
ページのトップへ戻る トップページへ ▶