非アルコール性脂肪性肝疾患の有無を判定するバイオマーカーを発見 聖路加国際大学と島津製作所

 聖路加国際大学と島津製作所は、「非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)の有無を判定するバイオマーカー」を発見したと発表した。
「グルタミン酸」「α-ケトグルタル酸」「バリン」がNAFLDのバイオマーカー
 両者は2015年2月から「人間ドックの血清オミックス解析による疾患関連マーカーの探索」というテーマで、予防医療に資する検査法確立に取り組んできた。今回の発見は、3年間に及ぶ共同研究の成果となる。

 NAFLDはそれ自体が肝硬変、肝がんなどの重篤な肝疾患につながる可能性のある疾患というだけでなく、肥満や2型糖尿病、心血管疾患との関連も注目されているため、簡便な診断・発症予測は重要な課題となっている。

 そこで、聖路加国際大学と島津製作所は、メタボローム解析によるNAFLD診断モデルの開発を目指してきた。オミックス解析は、生体内の分子全体を対象にした網羅的な解析。アミノ酸や糖、脂肪酸などが対象の場合は、メタボローム解析と呼ぶ。

 共同研究では、2015年10月からの1年間に同大が運営する聖路加国際病院附属クリニック予防医療センターで人間ドックを受診した3,733人(平均年齢51.8歳、男性2,252人・女性1,481人)に協力してもらった。

 脂肪肝は腹部超音波検査で診断し、採取した血清のメタボローム解析には、島津製作所製のガスクロマトグラフ質量分析計を使用した。NAFLDと診断された826人を健常者群と比較した結果、検討した代謝物135種類のうちもっとも強い関連を示したのが、「グルタミン酸」と「α-ケトグルタル酸」、「バリン」だった。性別や年齢、BMIといった調査対象者の属性を考慮しても、これらの代謝物はNAFLDの判別に有用なバイオマーカーであることが分かった。

 研究成果は10月に山形県鶴岡市で開催された第12回メタボロームシンポジウムで発表された。バイオマーカーの発見には膨大な数の検体解析が必要だ。年間の健診受診者数約4万人の健診センターである予防医療センターを有する聖路加国際大学と、質量分析分野の研究開発を得意とする島津製作所は、NAFLD以外の疾患に対しても予防医療に貢献できる検査法の開発を目指すとしている。

聖路加国際大学
島津製作所
[Terahata]

関連ニュース

2019年08月08日
DPP-4阻害薬「スイニー」にLDLコレステロール低下作用 スタチン服用中のハイリスク2型糖尿病患者で
2019年08月08日
FDAが初の経鼻グルカゴン製剤を承認 重症低血糖治療の新たな選択肢
2019年08月02日
糖尿病合併症の検査の実施率に全国で格差 糖尿病腎症の検査の実施率は最高31.6%、最低10.8% 国立国際医療研究センター
2019年08月02日
糖尿病性腎症の予後因子としてタンパク尿の重要性を解明 腎生検にもとづく長期・大規模コホート研究「糖尿病性腎症レジストリー」
2019年08月01日
「SGLT2阻害薬」はケトアシドーシスに注意 「患者への説明も含めた十分な対策が必要」と呼びかけ 日本糖尿病学会
2019年08月01日
血糖自己測定(SMBG)の再評価が始まっている SMBGは糖尿病の管理を向上させる有用なツール
2019年08月01日
SGLT2阻害薬使用で血糖値が正常でも糖尿病性ケトアシドーシスを発症
2019年07月30日
2017年度の生活習慣病の医療費 糖尿病が第1位に レセプト3億8,000万件を分析
2019年07月26日
医師からの共感を経験した2型糖尿病患者の臨床転帰が改善 英研究
2019年07月26日
経口セマグルチドを日本で2型糖尿病治療薬として承認申請 GLP-1アナログの錠剤

関連コンテンツ

編集部注:
  • 海外での研究を扱ったニュース記事には、国内での承認内容とは異なる薬剤の成績が含まれています。
  • 2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で表わすようになりました。過去の記事は、この変更に未対応の部分があります。ご留意ください。
ページのトップへ戻る トップページへ ▶