リリーの新規の超速効型インスリン「URLi」 1型・2型糖尿病の第3相臨床試験で有効性に関する主要評価項目を達成 食後血糖値の改善効果も

 イーライリリー・アンド・カンパニーは、新規の超速効型インスリン「URLi」(Ultra Rapid Lispro)の2つの第3相臨床試験の結果を発表した。「URLi」はヒューマログの有効成分であるインスリン リスプロの皮下からの吸収を早めた製剤。「URLi」は、「ヒューマログ」(インスリン リスプロ)と比較して、1型および2型糖尿病患者のベースラインからのHbA1c減少で非劣性を示し、また食後血糖コントロールを有意に改善した。
食後血糖値の改善を目指してデザインされた超速効型インスリン
 「URLi」はリリーが開発した新規の「食事時インスリン製剤」。自然なインスリン動態により近づけることで、良好な食後血糖コントロールが行えるよう開発された。

 「PRONTO-T1D」試験および「PRONTO-T2D」試験は、それぞれ1型および2型糖尿病成人患者を対象とし、新規の超速効型インスリン「URLi」およびヒューマログ(インスリン リスプロ)を、インスリン グラルギンまたはインスリン デグルデクと併用した無作為化二重盲検対照treat-to-target比較試験。それぞれ1,222名および673名が参加した。

 両試験の主要目的は、ベースラインから投与後26週時のHbA1c低下における「URLi」のヒューマログに対する非劣性を検証すること。また、食後1時間および2時間の血糖値およびHbA1cの優越性の比較についても検証した。これらの比較は、主要評価項目であるHbA1c変化量についての非劣性を達成した後に行った。

 両試験で、ベースラインから26週時のHbA1cの低下について、「URLi」はヒューマログに対して非劣性を示し、主要有効性評価項目が達成された。また両試験で、「URLi」は食事負荷試験の食後1時間および2時間の血糖値変動幅をヒューマログに比べより抑えることも示された。

 いずれの試験でも、試験参加者の報告による重症低血糖症・夜間低血糖症・全低血糖症の発生率に有意差は認められなかった。両試験における安全性および忍容性プロファイルは、「URLi」とヒューマログで同様だった。

 リリーは両試験の詳細な結果を2019年に発表する予定。また、この結果にもとづき、2019年に「URLi」の承認申請を行う予定。

 「URLiが承認された暁には、食後血糖値を望ましい範囲内に収めることを目指してデザインされた食事時インスリン療法における新しい選択肢となります」と、リリー糖尿病事業部インスリン製品開発のトーマス ハーディー氏は述べている。

イーライリリー・アンド・カンパニー
[Terahata]

関連ニュース

2019年01月07日
糖尿病リソースガイド 2018年に読まれた記事ランキング・ベスト25
2018年12月27日
「腎機能が低下した患者」に誤った量の薬を提供 医療機能評価機構が注意喚起
2018年12月20日
インスリンなどジスルフィド結合を含むタンパク質の高効率生産に役立つ薬剤を開発
2018年12月14日
「1型糖尿病研究基金」第13回研究費助成の公募を開始 日本IDDMネットワーク
2018年12月06日
アラート機能付きのリアルタイムCGM「ガーディアン コネクト システム」の提供を開始 高血糖や低血糖に対する回避行動を促す
2018年11月30日
免疫チェックポイント阻害薬による1型糖尿病発症 日本内分泌学会がガイドラインを発表 日本糖尿病学会が協力
2018年10月23日
コンタクトレンズを装着するだけで血糖値を持続的にモニタリング 無線給電が不要の世界最小センサーを開発 名古屋大学
2018年10月19日
日本の1型糖尿病の患者数は10~14万人 支援とケアが必要 厚労省研究班
2018年10月17日
リリーの新規の超速効型インスリン「URLi」 1型・2型糖尿病の第3相臨床試験で有効性に関する主要評価項目を達成 食後血糖値の改善効果も
2018年10月04日
「10月8日は、糖をはかる日」講演会 「これからの糖尿病コントロール」【講演会レポート】

関連コンテンツ

編集部注:
  • 海外での研究を扱ったニュース記事には、国内での承認内容とは異なる薬剤の成績が含まれています。
  • 2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で表わすようになりました。過去の記事は、この変更に未対応の部分があります。ご留意ください。
ページのトップへ戻る トップページへ ▶