【連載】糖尿病デバイス革命「糖尿病デバイスとサイバーセキュリティー」を公開

糖尿病デバイス革命
最新の糖尿病関連デバイスについて、海外情報を中心にご紹介する連載コラム「糖尿病デバイス革命」。第3回は「糖尿病デバイスとサイバーセキュリティー」です。医療機器のIOT化が進み利便性が向上する一方で、情報の盗難、データの改ざん、遠隔操作による乗っ取りなどのリスクに対処しなければならない時代になりました。さまざまな議論が交わされているこのサイバーセキュリティ問題について、独立行政法人国立病院機構 京都医療センター 糖尿病センターの村田 敬先生が解説いたします。
「糖尿病デバイス革命」(糖尿病情報スクランブル) ▶

糖尿病デバイス革命(本文より)
3.糖尿病デバイスとサイバーセキュリティー

村田 敬 先生
独立行政法人国立病院機構 京都医療センター 糖尿病センター

 2016年10月、Johnson & Johnson社の子会社であるAnimas社が、同社製のインスリンポンプのリモートコントロール機能に脆弱性があるため、特殊な装置を使うと装着者以外の第三者がボーラス注入を実行可能であることを公表し、使用者に注意喚起した、という衝撃的なニュースが報じられた。(文献1,2)。

 このサイバーセキュリティー上の問題を発見したのは、サイバーセキュリティー専門企業であるRapid7社のJerome Radcliff氏(通称 Jay Radcliff)(文献3-6)。Radcliff氏は自身が22歳時発症の1型糖尿病患者で、2011年にMedtronic社製のParadigmインスリンポンプのリモートコントロール機能に脆弱性があることを発見し、報告した実績がある(文献7-12)(注:日本国内ではParadigmインスリンポンプ用のリモコンが発売されていなかったため、実質的な影響はなかった)。

 Medtronic社製のParadigmインスリンポンプのリモートコントロール機能に脆弱性があることは、サイバーセキュリティー専門企業のMcAfee に在籍していたBarnaby Jack(故人)という研究者も報告している(文献13,14)。

 Rapid7社のホームページでは、実際にAnimas社製のインスリンポンプを外部のPCから無線発信装置を通じてコントロールする一部始終の動画をJay Radcliff氏自身による解説とともに見ることができる(文献15)。技術的な詳細についてはRapid7社のホームページを参照していただきたいが、このような問題が発生する原因として、

  (1)リモコンとポンプ本体の通信が暗号化されていないこと(CVE-2016-5084)
  (2)リモコンとポンプのペアリングが脆弱であること(CVE-2016-5085)
  (3)リプレイアタック防止または通信確認の欠如(CVE-2016-5086)

が指摘されている。まるでSFのような話だが、この手法を用いれば悪意を持った人物がインスリンポンプを装着した糖尿病患者に危害を加えることが理論的に可能ということになる。

記事全文はこちら ▶

著者について

村田 敬(むらた たかし) 先生
独立行政法人 国立病院機構 京都医療センター・糖尿病センター

1993年、東京大学医学部医学科卒業後、1999年より2003年までカロリンスカ研究所医学栄養学部(スウェーデン)留学などを経て、2006年より現職。専門領域はインスリンポンプ、CGMなどを用いた糖尿病のデバイス治療。主な著書に『この1冊でカーボカウント・インスリンポンプ・CGMがわかる! 糖尿病3Cワークブック 改訂第2版』(中山書店)、『通じる力』医師のためのコミュニケーションスキル入門』(金芳堂)などがある

[dm-rg.net]

関連ニュース

2018年05月18日
【連載】糖尿病デバイス革命「糖尿病デバイスとサイバーセキュリティー」を公開
2018年05月11日
インスリンの化学合成法の開発に成功 インスリン製造の簡便な技術として期待 東海大、大阪大、東北大、福岡大の共同研究グループ
2018年05月11日
血管網を有する膵島(血管化膵島)の創出に成功 効率的な組織移植療法の開発へ 横浜市立大学
2018年05月08日
テルモ、米国デクスコム社と提携 CGM(持続血糖測定器)の独占販売権を取得
2018年05月02日
糖尿病性腎臓病の進展に関わる新たなメカニズムを明らかに 内因性のフルクトースの過剰な代謝を抑制
2018年05月02日
慢性腎臓病における「ジャディアンス」の有効性を評価する「EMPA-KIDNEY」試験 オックスフォード大学と提携
2018年04月25日
人道的危機にさらされる糖尿病患者のケアに取り組む連携 赤十字社とノボ ノルディスク
2018年04月24日
「検体測定室」でのHbA1cチェックは糖尿病対策として効果的
2018年04月20日
京大発の新たな人工皮膚が承認 「糖尿病性潰瘍」に効果 bFGFを吸着・徐放
2018年04月20日
日本糖尿病協会が「自己管理応援シール」を無償提供 「糖尿病連携手帳」に貼付

関連コンテンツ

糖尿病情報スクランブル 新着記事

編集部注:
  • 海外での研究を扱ったニュース記事には、国内での承認内容とは異なる薬剤の成績が含まれています。
  • 2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で表わすようになりました。過去の記事は、この変更に未対応の部分があります。ご留意ください。
ページのトップへ戻る トップページへ ▶