2型糖尿病患者の残薬に関する調査 残薬がある患者は「楽観的志向」や「治療あきらめ志向」が多い

 日本イーライリリーは、経口糖尿病治療薬服薬中の2型糖尿病患者2,942名を対象に、残薬に関する調査を実施した。その結果、経口糖尿病治療薬について「残薬あり」と回答した2型糖尿病患者は33.1%に上り、残薬がある患者の服薬回数は「1日に3回以上」(40.2%)が最多となることが分かった。
3人に1人は残薬を医師に申告していない
 患者が困っていることの1位は「薬の種類が多い」(26.3%)、2位「一度に飲む量が多い」(22.4%)、3位「タイミングを守ることが難しい」(17.5%)となり、薬の量や種類の多さ、服薬のタイミングに関する項目が上位となった。

 さらに、医師に残薬があることを申告しているかを聞いたところ、残薬がある患者の34.7%は申告をしていないと回答した。

 「病識・治療態度」と「生活スタイル・性格」に関する回答を、因子分析を用いて分析し、患者を6つのタイプに分けたところ、経口糖尿病治療薬の残薬が生じている患者には2つの傾向がみられた。

(1)「楽観的志向」
 自分は軽症で服薬管理は難しくないと考えており残薬が生じている患者。

(2)「治療あきらめ志向」
 多忙なために服薬管理が難しいと考えて、現状にあきらめを感じており残薬が生じている患者。

 また、処方されている経口治療薬すべて(経口糖尿病治療薬とそれ以外の薬)において、直近1ヵ月で医師の指示通りに服薬しなかったことがある患者に服薬しなかった理由を聞いたところ、(1)「特に理由はないが、ついうっかり忘れてしまう」(56%)、(2)「外出の際に持っていくのを忘れてしまう」(39%)、(3)「食事のタイミングが不規則で、飲むタイミングを逸してしまう」(24%)という結果になった。

 2型糖尿病患者が治療に取り組む上で、食事のタイミングや外出などライフスタイルに課題を抱えている可能性があるとともに、残薬が生じる患者のタイプがあることが示唆された。

 この結果について、横浜市立大学分子内分泌・糖尿病内科学教室教授の寺内康夫氏は、「忙しい現代社会の2型糖尿病患者は、不規則なライフスタイルなどが原因で、思い通りの薬物治療を継続できていない方がいることが分かった。服薬アドヒアランスを高めるためには、『服薬回数・種類の減少』や『一包化』などの対策とともに、患者と医療従事者の双方向のコミュニケーションを通じて、服薬遵守の重要性についての理解促進や、あきらめ感の払拭などが必要とされていることが考えられる」と述べている。

日本イーライリリー
[Terahata]

関連ニュース

2017年12月11日
DPP-4阻害薬による非炎症型「水疱性類天疱瘡」の86%が特定のHLA遺伝子を保有 糖尿病治療薬によるリスク因子を調査
2017年12月11日
【連載】糖尿病デバイス革命「予測低血糖自動注入停止型インスリンポンプ 『MiniMed 640G』」を公開
2017年12月08日
「ランタスXR」がインスリン デグルデクとの直接比較試験で主要目的を達成
2017年12月08日
トレシーバに切り替えることで低血糖の発現率が67%低下 投与量の増加も抑制
2017年12月08日
週1回投与のGLP-1受容体作動薬「セマグルチド」が米国で承認
2017年11月28日
「BD マイクロファインプラス 32G × 6mm ペン型注入器用注射針」発売 マイクロファインプラスは4種類に 日本BD
2017年11月27日
「ジャディアンス」が末梢動脈疾患を合併した成人2型糖尿病患者の心血管死リスクを減少
2017年11月27日
2型糖尿病患者の残薬に関する調査 残薬がある患者は「楽観的志向」や「治療あきらめ志向」が多い
2017年11月27日
増殖糖尿病網膜症に対する「エミクススタト塩酸塩」の臨床第2相試験 網膜の低酸素状態を抑制
2017年11月21日
糖尿病の食事療法を継続するためのポイント 食を楽しみながら成功に導く

関連コンテンツ

糖尿病情報スクランブル 新着記事

編集部注:
  • 海外での研究を扱ったニュース記事には、国内での承認内容とは異なる薬剤の成績が含まれています。
  • 2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で表わすようになりました。過去の記事は、この変更に未対応の部分があります。ご留意ください。
ページのトップへ戻る トップページへ ▶