自己血糖測定器「グルテストアイ」発売 見やすさと使いやすさを追求

 三和化学研究所は、「見える、聞こえる、できる」をコンセプトに、さらなる操作性の向上をはかった自己血糖測定器「グルテストアイ」を、5月15日に発売した。
<グルテストアイの特徴>
・音声ナビゲーションとカラーの操作画面
・測定値表示がシンプルで大きく見やすい
・血液吸引がしやすく、わかりやすい
・新機能「マルチアシストテクノロジー」搭載で手技によるばらつきの低減
・NFC(非接触性)によるデータ転送機能
 75歳以上の後期高齢者の糖尿病患者の割合が増加し、加えて軽度認知症を合併する患者も増加している。こうした患者が扱える、よりシンプルで、使いやすい自己血糖測定器が求められている。

 「グルテストアイ」では、グルテストシリーズの新製品として、「見える、聞こえる、できる」をコンセプトに、さらなる操作性の向上をはかっている。

 製品コンセプトの「見える」としては、黒をバックとした高精度でシンプルな画面で、現在販売されている自己血糖測定器の中では最も大きな文字で見やすく表示する。

 「聞こえる」としては、検査結果や操作方法、エラー表示を高齢や視覚低下の患者にも音声で分かりやすく知らせる。

 また、「できる」としては、少ない血液で痛みの少ない確実な測定ができる。

 同社は、今回の「グルテストアイ」の発売により、測定データの解析機能を備えてより積極的な血糖管理が可能な既存品「グルテストNeoアルファ」とともに、患者のニーズに合った製品を通して良好な血糖コントロールの維持に貢献したいと述べている。

 自己血糖測定器は、糖尿病患者が自ら採血・測定し、日常の血糖値を知ることで、より厳格な血糖コントロールを目指すための医療機器であり、特にインスリンを投与されている患者の療養指導や治療には欠くことができないことから幅広く使用されている。

グルテストアイの主な仕様
名称自己検査用グルコース測定器 グルテストアイ
測定項目血液中のグルコース
検体量全血0.6μL
使用センサー自己検査用グルコースキット グルテストNeoセンサー
測定範囲10 mg/dL~600mg/dL
測定時間点着検知後5.5秒
測定原理FAD-GDH酵素電極法
使用環境温度:10~40℃、湿度:20~80%(結露しないこと)
サイズ横49mm×縦101mm×高さ20mm
電源1.5Vアルカリ乾電池 単4形2個
電池寿命約1000回以上
重量82g(電池含む)
希望小売価格・グルテストアイ(1台)9,000円(税抜き)
・グルテストNeoセンサー(25枚入)3,500円(税抜き)
・グルテストNeoセンサー(30枚入)4,200円(税抜き)
販売元(株)三和化学研究所

三和化学研究所
[Terahata]

関連ニュース

2019年02月19日
アルコールががんや生活習慣病を引き起こす「少酒の勧め」 全国生活習慣病予防月間2019 公開講演会 レポート
2019年02月19日
日本腎臓学会と日本糖尿病学会の専門医間の紹介基準を作成 両学会の連携を強化
2019年02月15日
AIで糖尿病の経口血糖降下薬の処方を最適化 どの薬が最適かをAIが提示 札幌医科大学ら
2019年02月15日
高血圧症治療剤のアムバロ配合錠「ファイザー」の自主回収(クラスI)を開始 発がんリスクが
2019年02月15日
肥満を制御する酵素を発見 L-PGDSが肥満やインスリン抵抗性を進展 東大
2019年02月15日
脂肪細胞のインスリンシグナルを調節し、2型糖尿病やメタボの発症を予防する新規分子を発見
2019年02月14日
糖尿病患者の仕事と治療の両立を支援 スマホのオンラインサービスを利用 中部ろうさい病院と共同で実施
2019年02月14日
1型糖尿病患者の多くはHbA1c目標値に達していない 米調査
2019年02月08日
糖尿病治療薬の薬剤料 2017年度は4,271億円に増加 SGLT-2阻害薬、GLP-1受容体作動薬の処方が増える
2019年02月08日
日本人集団の2型糖尿病に関わる新たな遺伝子領域を発見 日本人20万人規模のゲノムワイド解析を実施 東大、理研など

関連コンテンツ

編集部注:
  • 海外での研究を扱ったニュース記事には、国内での承認内容とは異なる薬剤の成績が含まれています。
  • 2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で表わすようになりました。過去の記事は、この変更に未対応の部分があります。ご留意ください。
ページのトップへ戻る トップページへ ▶