糖尿病専門クリニック向け電子カルテを発売 「チーム医療」に対応

 アークレイは、糖尿病専門クリニック向け電子カルテ「CLINICATION(クリニケーション)」を4月17日に発売した。「長期治療」を医師・看護師・薬剤師・栄養士など複数の医療スタッフでサポートする「チーム医療」のニーズに応えるさまざまな診療補助機能を搭載している。最小構成での価格は500万円(税別)~。
糖尿病専門クリニックの運用フローに対応
 「CLINICATION」は、糖尿病診療に特化したさまざまな機能を搭載した電子カルテ。従来のレセプト作成をベースに設計された電子カルテと異なり、チーム医療を支える情報プラットフォームとして活用できる。

 医療情報システムの中心となり、検査データ管理システムなどさまざまなシステムと連携が可能だ。来院受付から検査、診察、薬剤準備、会計、次回予約まで、糖尿病専門クリニックの運用フローに対応する。

 診療記録を複数の医療スタッフが記述・参照でき、同一患者のカルテを複数のスタッフが同時に開くこともできる。付箋機能も備え、重要事項をリアルタイムで共有できる。

 また、テンプレートを用いた問診表で漏れなく情報を取得できる。多種に及ぶ検査結果もテンプレートによりレポート化される。医師は自身の診療テンプレート上で、得られた情報をもとにSOAP形式(カルテ書式の1つ:問題志向型システム記述)で診療記録を作成できる。
治療の経過を一目で把握 統計データの出力も可能
 長期にわたる診療経過を時系列で一元的に表示し、処方・バイタル・検査結果・画像・生理検査など、治療の経過を一目で把握できる。初診時から最新の診療まで100回以上に及ぶ診察でも、処方履歴を含む概要を把握することが可能。

 グラフ機能も充実させ、糖負荷試験や日内変動にも対応している。また、画像や詳細データは、ワンクリックで拡大表示できる。

 自己注射薬剤の投与単位と期間を指定する簡単な設定により、適切な処方数を自動計算できる。残薬の管理入力から残薬を除く追加処方の必要量の計算まで可能だ。

 診療記録を作成中でも、オーダー画面を呼び出すことなく、あらかじめ登録されたオーダーセットを短縮コマンドで実行できる。また、診察時に漏れのないよう、ToDoリストを表示できる。指導や検査結果の通知などをあらかじめ設定し、実施するタイミングに確認することも可能だ。

 糖尿病診療に必要な事項がテンプレートの入力必須項目と結びついているため、医療スタッフが日常の診療業務の中で知識やスキルを習得できる。

 統計データの出力が可能で、薬剤のオーダー情報や検査結果などに加え、テンプレートで定型的なデータを取得できる。治験情報の蓄積や研究データの抽出も可能だ。また、次回実施予定の検査や来院予定時期などから予約日を選定し、必要な部門予約を合わせて実施できる。
[Terahata]
編集部注:
  • 海外での研究を扱ったニュース記事には、国内での承認内容とは異なる薬剤の成績が含まれています。
  • 2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で表わすようになりました。過去の記事は、この変更に未対応の部分があります。ご留意ください。
ページのトップへ戻る トップページへ ▶